« 結婚できる人やできない人 | トップページ | 31回宮城大会(その3) »

2012年5月 3日 (木)

結婚できなくなった人

 高校生クイズの事前番組について次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 16時23分、CMが明けると始まったのは高校生クイズ名場面集です。ここ数年、募集だけでは尺が埋まらないのか、事前番組第1弾では過去の総集編が入るようになりました。現在の高校生クイズではこのような企画をやらないにもかかわらず放送するのが不思議です。

――――(ここまで)――――

 番組ホームページの放送予定を見ると、30分バージョンで放送するところがあるんですね。それでカットするためにこういうコーナーを入れてあるわけか。なお、これをやった最初の年は、日本テレビ自身が短いバージョンになりました。

 番組ホームページの記述といえば、ナナマルサンバツとのコラボは、ヤングエースなどにつく抽選券を地区大会に持っていくと、サイン入り単行本などが当たる特別抽選に参加できるというものだそうです。しかし来月はナナマルサンバツが休載です。沖縄大会の人は、ナナマルサンバツグッズを手に入れるためには、ナナマルサンバツが載っていないヤングエースを買うしかありません。

 運といえば、来週の「すイエんサー」はじゃんけん必勝法です。3年前にもやっているのに、また違うことをやるのです。しかし予告編を見る限り、どうも昨年の「所さんの目がテン!」とまったく同じ結論を放送するように見えて仕方ありません。こういう番組は民放の方が予算をつかえないと思いますが、それをパクる気か?

 すイエんサーといえば、今日の「徹子の部屋」はますだおかだでしたが、1年ほど前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 先日「徹子の部屋」に羽鳥慎一が出ていました。フリーになっても「ズームイン!!SUPER」に出続ければ生活はできるというつもりでいたら番組も終わると知らされたそうです。羽鳥は結婚前に、妻の父親と関係が悪くなって、結婚式に新婦の両親が出席せず、バランスをとるために新郎の両親も出席しなかったそうです。あれだけ社会的地位があってもいろいろ問題を抱えているものなんですね。

――――(ここまで)――――

 今読み返すと、離婚の芽があったのかと思います。結婚相手は同じときに日本テレビのアナウンサー試験を受けて落ちた人に、飲み会で足が大根と言ったのがきっかけとかいうような話をしていたと思いますが、なんか白々しい感じがしたのでここには書きませんでした。「深イイ話」で妻への感謝の3行ラブレターを書いたのも、なんとなく、理想の生活を無理に演出しようとしているように思えたので取り上げませんでした。赤江珠緖は今日のラジオでオープニングから羽鳥をネタにして、自分も危ないようなことを言っていました。

|

« 結婚できる人やできない人 | トップページ | 31回宮城大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54621771

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚できなくなった人:

« 結婚できる人やできない人 | トップページ | 31回宮城大会(その3) »