« 第6回エコ甲全国大会(その24) | トップページ | 31回北九州大会(その9) »

2012年4月 2日 (月)

今年もこの時期

 今朝の「はなまるマーケット」のゲストは渡辺正行でしたが、最後の視聴者からの質問は「バナナマンの設楽さんが運転手だったというのは本当ですか」。それっておとといのオールスター感謝祭のネタじゃないか。しかも、このタイミングで設楽の話をしたら、「そういえば今からフジテレビで設楽が司会の番組が始まるんだった」とチャンネルを変えられるぞ。

 感謝祭といえば、ラジオの「たまむすび」の宣伝が流れて、赤江珠緖がたまむすび代表としてゲームに参加したりしていましたね。これまで、出演者名のところにTBSラジオの番組名が書いてあったり、マラソンの実況のアナウンサーがTBSラジオを聞けと言ったりしたことはありますが、TBSラジオの新番組をわざわざ取り上げて宣伝したのは史上初だと思います。現在は別会社だし基本的に関東ローカルだし。今週の週刊ポストにもあるように、前番組の小島慶子が「ラジオの女王」などと持ち上げられてテレビに出るようになったら、いきなりスタッフを悪者にして番組を放り出したわけで、TBSラジオとしては意地でも新番組を成功させなければいけませんからね。今夜の日本テレビの「耳が痛いテレビ」に小島が出ますが、視聴者からのダメ出しに芸能人が真摯に耳を傾けるという番組の司会を、視聴者の意見を聞かずに放送で「あなたのツイッターをブロックする」と言ったり果ては番組を投げ出しまでする小島にやらせてどうするのでしょうか。

 さて、新年度とともに第32回高校生クイズの募集が始まりましたが、数年前までの「今年こそ高校生クイズ中止か」というのと違って、あるに決まっているので、何の感慨もありません。それにしてもホームページが32回仕様になったことに気づかないくらい、前回の「1」を「2」に変えただけの、これまでで最も手を掛けていないサイトです。今後変える予定があるのかどうか知りませんが。
 地区大会が32会場になるということですが、おそらく九州が「福岡佐賀大会」以外単県になるということでしょう。あと、今年度の番組公式ツイッターの情報をすべてリツイートした高校生から抽選で海外旅行が当たるそうです。企画としてはおもしろいが、問題はスタッフ側の方がどれだけツイッターで情報を流し続けられるかです。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その24) | トップページ | 31回北九州大会(その9) »

コメント

今年も高専生は4、5年生まで出れるということなので、もしかすると前人未踏の4年連続全国大会出場者が生まれるかもしれません。

投稿: | 2012年4月 2日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54371505

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もこの時期:

« 第6回エコ甲全国大会(その24) | トップページ | 31回北九州大会(その9) »