« 31回北九州大会(その8) | トップページ | 今年もこの時期 »

2012年4月 1日 (日)

第6回エコ甲全国大会(その24)

 コメントにある通り、「連続クイズ ホールドオン!」の第1回には武野が出ます。番組内で「高校生クイズ優勝者」と紹介されるのでしょうか。しかも予選の開催自体を当ブログで知ったそうです。ところで、今日の「NHKとっておきサンデー」を見たら、4月からの新番組紹介というので、バックにホールドオンのセットと並んで武内アナと天野ひろゆきの写真があります。何か間違えてないかと思ったら、この2人の番組は別にあるんですね。なお、第1回は3日の予定でしたが、高校野球の順延で、いきなり放送がつぶれました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の得点は金大附属が72万円、会津学鳳が28万円、広大福山が72万円、逗子開成が52万円、東大寺学園が92万円です。
 12問目、「欧州経済危機でPIIGSの」。全チーム無保険です。「Iはイタリアとどこ」という問題で、金大附属、会津学鳳、東大寺学園が正解です。これで東大寺学園の優勝が決定しました。やはり第6回で優勝するのは東大寺学園ということです。インタビューで「先輩の向かいに自分たちの幕を飾ることができてうれしい」と言いますが、そうなるのは次回もこの会場だった場合だけです。

 16時10分に終了して休憩です。この間ずっと、プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命の広告が流れます。
 再開して、まずはプルデンシャルのあいさつです。次にあいさつするシティの人は津高校の出身だそうです。金融経済だけでなく英語も勉強しろと言います。次はラッセルの副会長のあいさつです。

 パフォーマンス賞というのがあります。男の司会が作って1人で決めたということです。横手です。女の司会は他の高校を推薦したが、男の司会はどうしてもと言ってきかないそうです。賞品は、札束のデザインのメモ用紙です。なぜか、過去に東大寺学園に負けて準優勝だった人が出てきて渡します。横手の女子が「うれしいわけではないですけど」と言います。この後、ボツに。

|

« 31回北九州大会(その8) | トップページ | 今年もこの時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54363414

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その24):

« 31回北九州大会(その8) | トップページ | 今年もこの時期 »