« あれが映る事前番組(その5) | トップページ | スーパーアクセント押し(後編) »

2012年4月26日 (木)

スーパーアクセント押し(前編)

 「今ちゃんの『実は…』」で、宇治原対灘中が放送されました。クイズ同好会3年の人からの挑戦状によると、前回は3年前でしたが、放送が灘中の入学式の日で、これを見て宇治原に勝てるならとクイズ同好会に入ったそうです。当時の映像を見ると、その後高校生クイズに出た人たちが映っています。

 浅越ゴエがロザンのところに行って、まずは挑戦状の生徒が出たtbc~the first~という大会のビデオを見ます。中学生で唯一決勝に進出しています。顔が高校生クイズで優勝した東大寺学園のメンバーに似ています。

 以前の「勝負押し」に続いて今回も宇治原の修行があります。出てきたのは東大クイズ研の開成の人です。ナレーションが「ブレインワールドカップというクイズの世界大会で優勝したという、大学生のクイズの世界一なのだ」。ただのフジテレビの、呼ばれた6組だけでやってる深夜番組じゃないか。関西ではブレインワールドカップが放送されてないと思っていい加減なことを言ってるな。
 過去の宇治原VS灘中のビデオで弱点分析したといいます。宇治原は知識量はものすごくあるが、パラレルに弱い。パラレルって何? すでに番組は一般視聴者には理解できない領域に入っています。そこで登場するのが「スーパーアクセント押し」です。「日本で一番高い山は」の「一番」にアクセントを置いて読まれていたから答えは北岳というやつです。これって宇治原は知らなかったっけ。
 クイズ世界一が問題の前半で強制的に読むのを止めて宇治原に答えさせます。ちなみにこの訓練でも、宇治原は本当にクイズの勉強をしまくっているのがわかります。まあ、事実上クイズが職業となればそのくらいやるか。そして灘中に乗り込みます。

|

« あれが映る事前番組(その5) | トップページ | スーパーアクセント押し(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54561234

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアクセント押し(前編):

« あれが映る事前番組(その5) | トップページ | スーパーアクセント押し(後編) »