« 31回広島山口大会(その4) | トップページ | 31回広島山口大会(その6) »

2012年4月11日 (水)

31回広島山口大会(その5)

 今週のNHKの「サラメシ」では、児玉清の愛した昼ごはんというのをやっていました。汐留のホテルの25階の和食店でステーキ定食だそうです。児玉が店のノートに残したメッセージが「人生、何事もアタック・チャンスを生かすことだ、と思う」。児玉が自分の絵に「ATTACK CHANCE!!」という吹き出しをつけて、「ATTACK25」と書いています。

 それでは広島山口大会です。決勝戦が始まる前にアンガールズがドラを鳴らします。まずは山口です。徳山のリーダーは棋道部というところにいます。将棋をやるのをこういうらしい。宇部には器楽部がいます。大津は3年と1年の混合で文芸部です。慶進には合唱部がいます。ここは昨年決勝で敗退したそうです。大津緑洋も3年と1年の混合です。
 1問目、全チーム正解です。2問目は雑学本に載っているような知識で、宇部と慶進と大津緑洋が正解。3問目、「日本の県名で7画なのは」で、宇部と大津と慶進が正解します。徳山は石川と書きました。

 4問目、言葉の問題で大津が正解。5問目、女子サッカーW杯で大津が正解。6問目、生活問題で大津が正解。7問目、小学校で習う社会で大津が正解。王手です。早押し問題を全問取って王手は初めてです。
 8問目、「英語で」で慶進が押してしまいます。大津を阻止しようとあせりすぎです。この問題は、後で全文が読まれることさえありませんでした。完全によそで使い回せます。
 9問目、化学で大津が正解。決定しました。大津はペーパーでも1位で、昨年決勝で敗退していたということがわかりました。この後、前に出た。

|

« 31回広島山口大会(その4) | トップページ | 31回広島山口大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54447633

この記事へのトラックバック一覧です: 31回広島山口大会(その5):

« 31回広島山口大会(その4) | トップページ | 31回広島山口大会(その6) »