« あれが映る事前番組(その6) | トップページ | 31回宮城大会(その1) »

2012年4月29日 (日)

あれが映る事前番組(その7)

 今日、朝日放送では吉本の「住みます芸人」の1年間の活動を表彰する番組をやっていました。高校生クイズの会場で見た人たちが出ています。ところで、先日のTBSラジオの「たまむすび」によると、今年度は北海道の芸人は網走に住むとか福岡の芸人は船に住むとか、いろいろ住む場所を変えるそうで、その理由について博多大吉が「うまくいかなかったから」と明言していました。

 それでは事前番組です。栄東高校の放送室で、渡り廊下走り隊7が講堂に集まってくださいと放送します。500人以上来ます。渡り廊下走り隊からのメッセージがあって、改めて出場者募集です。今年はツイッターに加えてフェイスブックもやっていることが発表されました。開設するのはいいですが、どこまで情報を流せるか。
 そして今年もスカパー!で地区大会の放送があるというのですが、今回はBSスカパー!なのです。私はこれまで、CSのスカパーが見られるところに住んだことが一度もありません。スカパーのアンテナ設置禁止のマンションとか(スカパー!e2も非対応)。BSになるとかなり見やすくなります。

 「目がテン!」で高校生クイズの募集をやるのは、よく考えたらプロデューサーが同じなのだから簡単なことです。オープニングコントで高クイの曲を使っていて、解答席も高クイ全国大会そのものです。ここでユージが非常に難しい単語を次々と正解します。佐藤アナがヤラセだと言うのですが、実はユージの祖父である大統領の名前など、ユージに関係ある事項ばかりだったのです。本当の高校生クイズで「超難問」に東大受験生が正解できる仕組みが垣間見えます。一般視聴者にはわけがわからなくても解答者は普段慣れ親しんでいる事項だというだけです。
 そういえば読売テレビでは今日、次回のテーマはクイズというところで、この回が放送されないことが表示されていました。

|

« あれが映る事前番組(その6) | トップページ | 31回宮城大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54588197

この記事へのトラックバック一覧です: あれが映る事前番組(その7):

« あれが映る事前番組(その6) | トップページ | 31回宮城大会(その1) »