« 第6回エコ甲全国大会(その25) | トップページ | いろいろな地方の話 »

2012年4月 5日 (木)

31回広島山口大会(その1)

 今夜のJ-WAVEの「RADIPEDIA」のテーマは、「人はなんで答えを出したがるの」というもので、クイズ王が出るという話でした。それで0時から聞き始めたら、出てきたのは1時半前です。ウルトラクイズの曲をバックに最初に雑学クイズを3問出して全部答えて、その後に「男女間の友情は成立するか」といった答えのない質問をするというものでした。出演は録音ですぐに終わって、クイズ的には無理に聞くほどのものではありませんでした。

 それでは7月28日の広島・山口大会です。会場は今回も広島みなと公園です。参加者に「第3問」とかいうパネルを持たせて撮影しています。番組で字幕を出す代わりにこれを合成して使うのです。結果、島根大会と鳥取大会の番組でも広島の高校生の持ったパネルを映していて非常に違和感があります。
 広島テレビの執行役員のあいさつは、澤穂希の言葉を引用します。ライオンの中国四国統括の開会宣言です。「熱中症には気をつけてクイズに熱中しよう」。

 アンガールズが出てきます。田中うちわを持った女子チームがいます。「どこがいいんですか」「細いとこ」。アンガールズが「どうですか、生で見た感想は」と言うと「キモい」という声が上がります。
 田中は世羅高校で、2年生のとき中国大会に出て3問目で落ちたそうです。世羅のチームは来ていません。世羅からは非常に来にくいですからね。一方の山根は祇園北高校だそうですが、こちらは広島市内なので来ています。ちなみに西名アナは高陽東で、1チームいます。

 表彰されるのは広島学院です。田中は「学院高校」と言います。広島ではそう呼ぶのか。舞台に上がった生徒が大地(おおち)というので、エアギターをやらされます。そういえば私の担任の教師も大地(おおち)といいう名前で広島出身でした。
 ガチでやります宣言のパネルが出ると、山根が「これやっぱ、広テレだから『テレビ宣言』みたいなことなのかな。テレビ宣言ってまだやってるのかな」。西名「3年前に終わりました」。前年の松村邦洋もまったく同じことを言っていました。広島における柏村武昭の影響力がいかに大きいかがわかります。それにしても、広島テレビの社員だとテレビ宣言が3年前に終わったことをすぐに言えるんですね。この後、またもその場で変更。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その25) | トップページ | いろいろな地方の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54392798

この記事へのトラックバック一覧です: 31回広島山口大会(その1):

« 第6回エコ甲全国大会(その25) | トップページ | いろいろな地方の話 »