« 31回北九州大会(その9) | トップページ | 31回広島山口大会(その1) »

2012年4月 4日 (水)

第6回エコ甲全国大会(その25)

 今月の「ナナマルサンバツ」は、ようやく全部のキャラクターの正体が明らかになります。しかしクイズ的には何も進展しません。まだストーリー上は5月ということで、ちょうどあのクイズ番組があるころにコラボ企画ができそうなタイミングではあります。去年の作品よりはこっちの方がいいと思うんだけど。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。筆記クイズの個人1位は灘の人でした。100点満点で88点だそうです。ラッセルから宝石箱みたいなものが贈られます。インタビューで「目標は全体優勝なので、全然満足できる結果ではないかなと」。
 優勝チームに金融知力普及協会の理事長から表彰状です。2人にそれぞれ全部読み上げて、「以下同文」を使いません。賞品はシティバンクからニューヨーク行きの航空券です。トロフィーはプルデンシャル生命からです。
 理事長から講評があります。最初のうちは金融・証券の知識ばかりでやっていたが、考える力や実技を入れるようにしたと言います。今思えば、第1回の全国大会は、筆記と○×クイズと早押しクイズだけで、学生がやるオープン大会と大して変わりません。今の高校生クイズもエコ甲のプレゼンクイズとか準決勝みたいなことをやればいいのに。それだと「将来東大に入って日本を背負う」とあおるのにもリアリティが出ます。
 17時前に、インタビューのある東大寺学園を除いて高校生を退場させます。ところで、会場には「モーニングバード」の取材陣が来ていました。前年と同じように放送されるかと毎日モーニングバードを見ましたが、結局ボツになって放送されませんでした。

|

« 31回北九州大会(その9) | トップページ | 31回広島山口大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54387500

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その25):

« 31回北九州大会(その9) | トップページ | 31回広島山口大会(その1) »