« いろいろな地方の話 | トップページ | 週末の番組 »

2012年4月 7日 (土)

31回広島山口大会(その2)

 「ブレインアスリート」がレギュラー化されたのを見るのを忘れていました。次の日曜日からだと思っていました。小島慶子はいなくなっていました。BSプレミアムの「写ねーる」にしてもEテレの「スーパープレゼンテーション」にしても、単発では使われるがレギュラー化されると外される小島慶子。それはそうと、高学歴チームというののリーダーが桝アナなんですね。東大卒ということだけで仕事が来る局アナが現れる時代になるとは。おそらく高校生クイズの司会になったのも、たまたまこの時代に東大卒だったからでしょうし。

 それでは広島山口大会です。辻岡アナが登場します。「義堂」と書いた紙が折れています。「僕を初めて見た人」と言うとほぼ全員が手を上げます。
 「今年の合言葉はご存じですか」と言うと、マッスーという声が上がります。よく覚えているな。前回この会場には桝アナが代理で来て、もともと用意していたフレーズが反応が悪くて、その場で「マッスー」になったのでした。「ビクトリーがいい人」と言うと手を上げたのが4人。「マッスーがいい人」と言うと、たくさん手を上げます。「じゃあ、どんでん返しでギドーがいいという人」と言うと、もっと手を上げます。前年の新潟大会でエナジーからギドーに変わった話をして、ここでもギドーになります。2回続けてこの地区は、スタッフの用意したかけ声が勝手に変わりました。
 ギドーと叫んで炎が出ると、「こげるかと思った。ここで焼き鳥焼けるんじゃないですか」。1問目の前に「東北のみんな、頑張りっちゃい」を収録します。

 1問目、盛岡駅に関する問題です。選択肢が石川啄木、宮沢賢治、太宰治。2が多い。辻岡アナが「3の皆さんは人間失格ですか」。
 2問目はクイズの定番の雑学です。辻岡アナはタイムアップのときにストップと言います。2問続けて一番多い答えが不正解です。3問目、「国民の祝日は何日ある」という、生活の常識問題。昔は簡単だったのに最近わかりにくくなっています。政令指定都市と同じです。辻岡アナの読む解説で、1月1日を「元旦」と言っています。おととい、記念日をテーマにした番組を見たのですが、ここでも1月1日の祝日を「元旦」と表記していました。前回の清水市もそうですが、法律が変わったのかと思って調べてしまいました。この後、羽鳥。

|

« いろいろな地方の話 | トップページ | 週末の番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54410513

この記事へのトラックバック一覧です: 31回広島山口大会(その2):

« いろいろな地方の話 | トップページ | 週末の番組 »