« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

31回宮城大会(その1)

 今日の「双方向クイズ 天下統一」ですが、事前に放送された3分とかの番組宣伝でもきっちりデータ放送に連動するようになっていました。そこで予習クイズをやると、本番で選択肢を減らすことができるアイテムなどが手に入りました。ところで、予習クイズで出た問題の一部がそのまま本番でも出題されていました。こういうクイズ番組としては極めて珍しい。事前に答えを知っている視聴者が結構いたわけです。

 それでは8月11日の宮城大会です。会場は今回も七北田公園ですが、震災で止まっていた地下鉄が復旧するまで発表されませんでした。例によってミヤギテレビの、いかにも読売グループから天下ったと思われる名字の社長があいさつします。そしてライオンの東北チェーン統括の開会宣言です。

 春香クリスティーンが出てきます。サンドウィッチマンが来るはずなのだが、ここでは別の人がやるのか。表彰は仙台第一です。そして本番が始まると、聞こえてきたのは鈴木アナの声。引退したメイン司会者が予選の司会をやるなんて前代未聞です。要するに、被災3県にはどうしても桝アナを送り込みたいところ、ZIP!が終わってから来ると間に合いません(宮城は「通常大会」なので開始時刻も早い)。それで途中から来るのに、その前を担当する司会はそれよりも格上である必要があったわけです。
 パワーと叫んで「熱い、チリチリしてる」。ここで1回戦は「これまではどんなクイズだったでしょうか」。○×という声が上がると「からの~」。三択に1問不正解でももう1回チャンスがある。「からの~」2問不正解でもチャンスがあると言います。

 サンドウィッチマンが出てきて直接出題します。漫才から入ります。富沢に血液型を聞いて、「伊達は?」と言って、「伊達政宗だよ」というところから伊達政宗の血液型を問題にするという高度な流れです。この後、やはり現場を見ないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

あれが映る事前番組(その7)

 今日、朝日放送では吉本の「住みます芸人」の1年間の活動を表彰する番組をやっていました。高校生クイズの会場で見た人たちが出ています。ところで、先日のTBSラジオの「たまむすび」によると、今年度は北海道の芸人は網走に住むとか福岡の芸人は船に住むとか、いろいろ住む場所を変えるそうで、その理由について博多大吉が「うまくいかなかったから」と明言していました。

 それでは事前番組です。栄東高校の放送室で、渡り廊下走り隊7が講堂に集まってくださいと放送します。500人以上来ます。渡り廊下走り隊からのメッセージがあって、改めて出場者募集です。今年はツイッターに加えてフェイスブックもやっていることが発表されました。開設するのはいいですが、どこまで情報を流せるか。
 そして今年もスカパー!で地区大会の放送があるというのですが、今回はBSスカパー!なのです。私はこれまで、CSのスカパーが見られるところに住んだことが一度もありません。スカパーのアンテナ設置禁止のマンションとか(スカパー!e2も非対応)。BSになるとかなり見やすくなります。

 「目がテン!」で高校生クイズの募集をやるのは、よく考えたらプロデューサーが同じなのだから簡単なことです。オープニングコントで高クイの曲を使っていて、解答席も高クイ全国大会そのものです。ここでユージが非常に難しい単語を次々と正解します。佐藤アナがヤラセだと言うのですが、実はユージの祖父である大統領の名前など、ユージに関係ある事項ばかりだったのです。本当の高校生クイズで「超難問」に東大受験生が正解できる仕組みが垣間見えます。一般視聴者にはわけがわからなくても解答者は普段慣れ親しんでいる事項だというだけです。
 そういえば読売テレビでは今日、次回のテーマはクイズというところで、この回が放送されないことが表示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

あれが映る事前番組(その6)

 昨日、関西テレビの「怪傑えみちゃんねる」で、ゲストの崎本大海を紹介するVTRが、「クイズ!ヘキサゴン2」で答えるところと歌うところの映像を使っていました。よく映像提供したな。しかも歌は作詞・カシアス島田と出るし。

 それでは事前番組です。栄東高校には今年からクイズ研ができたそうです。渡り廊下走り隊7とともに○×クイズをやります。これは非常に重要なポイントです。事前番組第1弾の時点で今年の番組の方針は決まっているため、本編でやらないことを事前番組でやるということは今までありません。つまり、今年は○×クイズが復活する可能性があります。三択より○×にする方が1回戦敗退の確率が減るから、よりペーパー重視になると言えます。

 例によって美男美女を探します。クイズ研で紹介されたのが、チアダンス部に峯岸みなみに似た人がいるというものです。AKBが出ているコーナーでも似顔絵しか使えないんだな。次に、東大を目指している相葉雅紀に似ているという人ですが、相葉の似顔絵が似ていません。ここでCMをまたぎます。
 「東医クラス」というところに所属しています。予備校か。進学実績を上げるために学校が無理している感じが伝わってきます。この人に出す○×クイズは、渡り廊下走り隊に関するものです。芸能も知らなければならないと言います。全国大会でその方針を見てみたいものです。
 次は広末涼子似の人がいるというのでCMです。しかしこの人が広末と持ち上げられるのは逆にかわいそうです。
 この後、意外に重要な変更が他にも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

スーパーアクセント押し(後編)

 「今ちゃんの『実は…』」です。「灘高校は昨年『高校生クイズ』で準優勝」と出ます。宇治原と挑戦者の1対1の早押しです。ルールは10ポイント先取。誤答は1回休みで、9対9になるとデュースになって、2点差をつけないと勝てません。解答席のデザインが高校生クイズの全国大会そっくりです。

 1問目、宇治原がものすごく早く答えます。2問目、灘が押して答えられません。1回休みの間に宇治原が正解します。
 次でパラレルの問題が来ます、灘の方がスーパーアクセント押しをします。その次もパラレルで、また灘が取ります。次も灘が正解して逆転です。
 次の問題、「幕末に海援隊を」で宇治原が押して、中岡慎太郎を正解します。ついにスーパーアクセント押しが成立しました。

 ここでダイジェストになります。ただし問題はすべて映っています。5対4で灘がリードとなって次の問題。「1467年の応仁の乱で」で灘が押します。そして山名宗全を正解。これをクイズ世界一が解説します。応仁の乱→東軍と西軍→問題文の順番として、東を先にして西を聞くしかあり得ない。
 またダイジェストになります。7対7です。次の問題「物体が互いに引きつけ合う力」で灘が斥力を正解します。次も灘が取ってマッチポイントです。

 「日本の都道府県のうち、五十音順で最」で宇治原が押します。茨城県を正解します。まさにクイズ番組以外で絶対に必要ない知識を押さえている宇治原。続いて「ヨーロッパの国でベネルクス三国」で宇治原が押します。これは順番的に答えが確定します。ついにデュースになります。

 次は灘が取ります。その次は宇治原です。後になるほど問題がだんだん簡単になってきました。スルーでカットされた問題が結構あるのかもしれません。
 宇治原が正解して逆王手です。しかし次は灘が取ります。そしてその次も灘が取ってマッチポイント。さらに灘が正解して決定します。
 この企画、クイズ界であまり話題になっているように見えないのですが。当ブログの検索フレーズにもそれほど入っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

スーパーアクセント押し(前編)

 「今ちゃんの『実は…』」で、宇治原対灘中が放送されました。クイズ同好会3年の人からの挑戦状によると、前回は3年前でしたが、放送が灘中の入学式の日で、これを見て宇治原に勝てるならとクイズ同好会に入ったそうです。当時の映像を見ると、その後高校生クイズに出た人たちが映っています。

 浅越ゴエがロザンのところに行って、まずは挑戦状の生徒が出たtbc~the first~という大会のビデオを見ます。中学生で唯一決勝に進出しています。顔が高校生クイズで優勝した東大寺学園のメンバーに似ています。

 以前の「勝負押し」に続いて今回も宇治原の修行があります。出てきたのは東大クイズ研の開成の人です。ナレーションが「ブレインワールドカップというクイズの世界大会で優勝したという、大学生のクイズの世界一なのだ」。ただのフジテレビの、呼ばれた6組だけでやってる深夜番組じゃないか。関西ではブレインワールドカップが放送されてないと思っていい加減なことを言ってるな。
 過去の宇治原VS灘中のビデオで弱点分析したといいます。宇治原は知識量はものすごくあるが、パラレルに弱い。パラレルって何? すでに番組は一般視聴者には理解できない領域に入っています。そこで登場するのが「スーパーアクセント押し」です。「日本で一番高い山は」の「一番」にアクセントを置いて読まれていたから答えは北岳というやつです。これって宇治原は知らなかったっけ。
 クイズ世界一が問題の前半で強制的に読むのを止めて宇治原に答えさせます。ちなみにこの訓練でも、宇治原は本当にクイズの勉強をしまくっているのがわかります。まあ、事実上クイズが職業となればそのくらいやるか。そして灘中に乗り込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

あれが映る事前番組(その5)

 今週の「すイエんサー」では、考えて選ぶところで「クイズ$ミリオネア」の音楽がそのまま使われていて、画面にも例の形のテロップが出ます。「秘密のケンミンSHOW」でさえ、みのもんたがミリオネアのパロディをやるときは決してあの音楽を直接使わないようにしているのに。すイエんサーのBGMは「タモリ倶楽部」以上にダジャレやパロディのオンパレードです。先週だと、出演者が「発見」と言っただけで「世界ふしぎ発見!」のテーマ曲がかかったり、「ありがとう浜村淳です」のテーマ曲まで使われていました。

 それでは事前番組です。高校生クイズ名場面、最後は「衝撃クイズステージBEST3」です。3位は沖縄大会の海底。そして2位が富士山の頂上です。第6回の映像が出ます。以前、第6回という文字が出ながら別の回だったことがありますが、今回は本当に第6回の優勝チームが答えるところが映ります。私の映像は放送することができなくなったとクイズ界では根強く言われていたようですが、実際は2007年以降にこれ以外にも放送されています。ちなみに1位は例の17回の香港です。

 今年の高校生クイズはここがすごい7に戻って、7番目は芸能人からレアグッズです。北九州大会のNON STYLEが衣装とマネキン、北海道大会のダイノジがサングラス、近畿大会の野性爆弾が似顔絵です。
 ここで「ナナマルサンバツ」とのコラボが発表されます。エコノミクス甲子園の広告に起用していたナナマルサンバツを本家高校生クイズが持っていきました。そして昨年の月刊少年マガジンの漫画はいったい何だったんでしょうか。これからナナマルサンバツのストーリーに「全国高等学校クイズ選手権」が登場するのでしょうか。参加者がヤングエースにつく抽選券で応募することで、サイン本が当たるらしい。さらに予選会場での抽選会でも、ヤングエース連載作品のグッズがもらえるようです。

 次は「突撃ハイスクール」です。渡り廊下走り隊7が、埼玉の栄東高校にやってきました。ここで画面に「学校の許可を得て撮影しています」と出ます。そんなの当たり前だろ。今のテレビはここまで言わなければならなくなったのか。この後、ルールが変わる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

あれが映る事前番組(その4)

 昨夜の「ストライクTV」ですけど、セットは「検索ちゃん」で内容は「雑学王」ではないか。完全に当初の企画を捨てて番組が元に戻りました。それならわざわざ前番組を終わらせる必要がなかったではないか。これは火曜日の同じ枠にも言えることで、「怪しい噂の集まる図書館」を毎週のレギュラーにしたということがそもそも無謀です。

 それでは事前番組です。高校生クイズ名場面集。まずは「ご当地名物クイズBEST3」です。3位が厳島神社でやった鳥居修復クイズ。暴風で厳島神社が破壊された年のもので、巨大な鳥居を組み立てると早押しボタンを押すことができます。2位は人間ムツゴロウクイズ。有明海の干潟の泥の中を進んで早押しボタンを押すものですが、第3回と表示されていたのに第7回の映像が使われていたようです。
 そして1位は新潟で行われたへぎそば名人クイズ。そばをつくる動きを再現して早押しスイッチを入れるものです。このとき残っていた金沢泉丘は混成チームで、リーダーと女子がつき合っています。10年も前のことをよく放送できたな。その後の状況はわからないのに。私はテレビ番組が個人情報で文句をつけられないように自主規制しすぎだと思っているので、これは決して悪いことではありません。

 次は「早○○クイズBEST3」。早押しスイッチの入れ方のバリエーションです。3位は北海道のじゃがいも早運び。2位は関ケ原古戦場での竹刀で早たたき。そして1位は花巻での水車の早回しです。ここで高校生のメガネが流されてスタッフ総出で探すところが放送されます。

 次は「クイズを超えた戦いBEST3」。3位は20回全国大会の敗者復活の、絵のうまさ対決。今回の番組、過去の映像に福留・福澤・羽鳥・ラルフがすべて登場するようになっています。2位は18回全国大会のテーブルマナー対決。そして1位は6回全国大会の敗者復活の歌のうまさ対決です。ここで「ホテル」を歌うリーゼントの戸畑中央の映像は、非常によく使われます。今はどうしているかわかりませんが、これこそ本人が文句を言ってきそうなものだが。そして高校生の過去の映像はそのまま放送されるのに対し、この敗者復活戦での一節太郎の顔には必ずボカシがかかっています。この後、それにはボカシはないのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

あれが映る事前番組(その3)

 先週の「ネプリーグ」で、1つ正解すれば勝利という場面で、十二支の動物が含まれる四字熟語を答えるという問題で、名倉がギリギリまで引っ張って「意馬心猿」と答えました。私はこれまでの人生で、この言葉を聞いたことが一度もありません。芸能人もかっこいいところを見せるために、クイズ番組用の難しい事項を用意しているんだろうなと思いました。一般人のクイズマニアと変わりません。

 それでは事前番組です。優勝すると海外旅行といっても、それは最初から特定の東大進学者に決まっているわけですから、そうでない人たちを対象として、今年の高校生クイズはここがすごい7の5番目。大会参加とツイッターで海外旅行が当たるというものです。例の、番組公式ツイートをリツイートするというものですね。昨年当たったチームの写真が出ます。桝アナが直接電話します。さらに渡辺麻友と電話を替わりますが、それほど反応はありません。

 6つ目は、雑誌「Popteen」とのコラボグッズがもらえるというものです。参加者に配られるタオルのデザインをモデルが考えます。渋谷109での会議を藤田アナが取材します。藤田アナは「てへぺろ」を知りません。
 この後、重大発表と言ってCMになります。参加者募集CMも初めて流れます。

 16時23分、CMが明けると始まったのは高校生クイズ名場面集です。ここ数年、募集だけでは尺が埋まらないのか、事前番組第1弾では過去の総集編が入るようになりました。現在の高校生クイズではこのような企画をやらないにもかかわらず放送するのが不思議です。なぜか「ダーツの旅」の曲がかかります。この後、個人情報暴露。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

あれが映る事前番組(その2)

 イカさまタコさまの本について書くのを忘れていたことがありました。プロデューサーのまえがきで、さまぁ~ずや現場スタッフととことん話し合い、「“○○○みたいな番組”はいらない」と、唯一無二の番組づくりを目指したそうです。番組が斬新であればあるほど視聴者にハジかれるというのですが、それほどまでの番組が、真裏の番組とまったく同じ内容になるというのはどういうことなのでしょうか。その後、裏番組の方が、完全に違う番組に変質してしまいましたが。ちなみに今週はいきなり「世界一受けたい授業」とネタがかぶっていました。

 それでは事前番組です。今年の高校生クイズはここがすごい7の3番目は、人気芸人のお笑いライブです。昨年の関東大会のハイキングウォーキングと楽しんごとくみっきーの映像が出ます。「高校生を巻き込んでドドスコ」と字まで出ます。そして関東の1問目を放送します。芸能人も一緒に答えます。ここでCMです。
 正解発表があって、次は広島山口大会のアンガールズです。敗者復活のゲームをやるところも放送します。続いて沖縄大会のスリムクラブ。漫才の模様を放送するのですが、風の音がすごくてよく聞こえません。いかに悪天候だったかわかります。そして宮城大会のサンドウィッチマン、中部大会のはんにゃです。高校生にモノボケをやらせるところを放送します。

 4つ目、優勝賞品は世界旅行と3000ドルです。優勝賞金は第1回からあって、最初が1000ドルで、その後2000ドルになって、さらに3000ドルになりました。しかし賞金があることを事前に放送で言うというのは高校生クイズの歴史で初めてのことです。ちなみに昨年の優勝チームはアメリカ旅行に行ったそうです。この後、そんな人が出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

あれが映る事前番組(その1)

 「イカさまタコさま」の本が出ましたが、各問題の解説のところにちゃんと写真を使っていて、よくやったなと思います。肖像権の問題で顔写真を全然載せないクイズ本も多い中、非常に珍しい。しかし、ホリはあの人のものまねでプロポーズしたという問題だけは、あの人の写真はおろか、あの人が誰であるかも最後まで書いてありません。解説でホリが「ぶっちゃけ」とかしゃべっていて、あの人のまねをしたホリの写真は載っているのですが。あの人の事務所はそんなに手強いということでしょうか。

 それでは4月21日の事前番組です。ナレーターが田子千尋ということで、今年の番組がどうなるか予想できます。平野義和だった27回のようにはならないでしょう。
 応援ソングを超人気アイドルグループが歌うということで、桝アナが撮影スタジオを訪ねます。このグループは何かというヒントが出ます。当人がしゃべる口元のアップが映るのですが、これだけで明確に渡辺麻友だとわかります。オリコンは最高1位、昨年の大みそかは紅白歌合戦に出ていた、グループ名に学校に関係ある言葉が入るということで、答えは渡り廊下走り隊7です。そして「芸能人に会えるチャンスが」という宣伝です。

 「今年の高校生クイズはここがすごい7」というのを発表します。1つ目は、地区大会が32カ所になるというものです。桝アナが都道府県の数を小森美果に聞くと「34?」。
 2つ目は、渡り廊下走り隊7が地区大会に応援に来るというものです。すでに少なくとも9カ所に来ることが決まっているようです。昔の12地区時代のうち北東北、北陸、四国を除く都市です。これを見ると、やはり重視する地区とそうでないところがあるようだということがわかります。この後、初めてこの時期に発表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

31回新潟大会(その4)

 今週の週刊新潮にホールドオンの記事が出ていますが、武内アナが痛々しいというだけで何の情報もありません。ただ、評論家の言葉で、深夜の再放送は若者層を狙えるが昼間の放送は意味がわからないと言っています。この番組の深夜の再放送を若者が見るのか?

 それでは新潟大会です。決勝の4問目、新発田が正解します。5問目はいかにもクイズ的な問題を新潟の昨年代表でない方が早く答えます。次は新潟明訓です。
 7問目は新発田です。2問続けて英語の綴りです。8問目はスルーで、9問目、10問目と長岡の男子が連取します。11問目、芸能問題で新発田が正解してトップに。今の番組になってから、決勝で女子がトップになるのは珍しい。
 しかし次は長岡の男子が取って追いつきます。13問目は昨年代表がかなり早く押します。ここもトップに並びました。そして14問目も正解して王手になります。
 15問目は昨年代表でない方が正解。次は新潟明訓が取ります。この決勝は全チームが拮抗しています。
 17問目、長岡の男子が押して王手に並ぶかと思われましたが不正解。ウェイクボードではなくボディボードでした。18問目、昨年代表が正解して決定しました。県大会レベルでは2年連続全国に出るチームが非常に多いが、それが全国では2年連続惨敗になります。結局、全国で上位になれる学校もほぼ固定されているわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

31回新潟大会(その3)

 「イカさまタコさま」は、ゴールデン第1回を前に、過去の番組を午前3時台ぐらいに何回も放送していました。そしてここしばらく、ツイッターのトレンドに「#イカさまタコさま」が入っていましたね。これはプロモーションとなっていて、金を払ってツイッターのトレンドに表示してもらっているわけですね。局の必死さが伝わってきます。実際の2時間の番組構成は、昔の30分番組→過去の問題から派生した新コーナー→昔の30分番組→新コーナーというつくりで、番組を長くしていることに意味がないかのようでした。7時台がローカル番組の局では、前半の1時間だけ放送していました。

 それでは新潟大会です。決勝は新潟明訓の最多枠、長岡が2チーム、新潟が2チーム、そして新発田です。新発田と長岡の1チームが女子で、決勝に女子が2チームも残るのは非常に珍しい。長岡の女子は書道部で、いまの気持ちを漢字で表すと「勝」。長岡のもう1チームは1年で、今の気持ちはと聞かれていきなり「来年もまた来ます」。新潟には昨年代表がいます。今や、前年代表が決勝に残らない県の方が少ないくらいですね。新潟のもう1チームは、この先輩にあこがれて頑張ってきましたと言います。
 青木「あの山崎まさよしさんからエールがあるということです」。エハラがものまねをします。

 決勝のルールは早押し5ポイント先取です。単県大会でも、セットがトレーラーかどうかで決勝に書きクイズがあるかが決まります。静岡と新潟は前回は書きクイズがありましたが今回はありません。一方で宮城は今回も書きクイズがあります。
 1問目、新潟に関係あることわざで、昨年代表が正解。2問目も連取します。3問目、「この夏オーディションを開催。AKB48の」で長岡の女子が押して不正解。乃木坂46でした。この後、女子が健闘。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

31回新潟大会(その2)

 先月、次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 TBSで土曜の昼に2時間続けてクイズ番組をやっていました。新しい番組の開発に必死なのが伝わってきます。しかし「なるほど!ココロン!」のベースは「クイズ100人に聞きました」で「一攫千金!赤坂カジノ」のベースは「クイズダービー」か?

――――(ここまで)――――

 今思えば実際にクイズダービーのパイロット版だったわけです。解答表示の壁が迫ってくるクイズもやっていましたからね。昨日のクイズダービーですけど、フェイスブックの問題は往時ののクイズダービーを思わせるいい問題でしたが、ほとんどの問題が他の雑学番組で見たことがあるものでした。この出題傾向なら、私もはらたいらになれます。

 それでは新潟大会です。敗者復活を認める条件は、エハラマサヒロが逆立ちで歩くというものですコースを1分以内に往復します。途中で転んでも構いません。成功すれば5チーム復活です。新潟の規模だと「全チーム復活」になりません。エハラはかなりうまいが、マイクの機械が落ちて、そのまま逆立ちを続けます。後半、急にできなくなってきます。
 それでも成功して、鈴木えーもんアナのガラポン抽選です。3チーム目の男子が当たり、6チーム目ぐらいの女子が当たって、そこから3連続で当たります。そして11チーム目ぐらいの女子が当たって終了です。

 ペーパークイズの1問目はエハラのサインです。暑いので並木の下に1列になって問題を解いています。
 結果発表が福井は2列でしたが、ここは5列です。新潟明訓でトップのチームは前から46番目にいます。先頭の女子がブー。舞台に上がった新潟明訓のニワトリがブー。この後もずっとブーが続いて、10チーム目の女子がピンポンです。
 キレイキレイと叫ぶ女子もブー。ブーが続いて、23チーム目がようやくピンポン。次に男子チームがピンポンになった後、またずっとブーで、今度のピンポンは36チーム目です。またブーが続いて、最後のピンポンは後から5チーム目でした。これだけ均等に合格チームを配置するのは珍しい。この後、来年もまた来ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

31回新潟大会(その1)

 今日って、矢島正明の80歳の誕生日なんですね。今、クイズ界で一番の懸念事項は、矢島がいつまでタイムショックの問題を読めるのかということではないでしょうか。ボーカロイドをつくっておきたい感じ。

 それでは、8月7日の新潟大会です。会場は福井に続いて、テレビ新潟の駐車場です。静岡と同様、前回は大きいセットでしたが今回はトレーラーに変わっています。
 エハラマサヒロが出てきて新潟明訓を表彰します。舞台に上がったのはニワトリの着ぐるみを着た人です。

 司会は青木アナです。青木アナは北陸地方の担当か。ここではなぜか、「東北のみんな、頑張って」を方言で言いません。
 1問目、プロ野球の楽天についての問題です。1つだけ非常に人数の少ない答えがあります。この地区は正解者がタオルを振るときの曲が前回使った古い音楽です。湘南乃風だっけ。これがなぜか地区によって異なるのが不思議です。
 2問目、元号に関する問題で、難しい。3問目も私は聞いたことがありましたが難しい。この地区は確実に正解できる問題がありません。チーム数が多い方が難しくなる傾向にあります。関東大会では、有力クイズ研でもペーパークイズに挑戦できないところがかなりあると思います。

 敗者は結構います。しかし青木アナが何を言っても帰ろうとしません。事前に敗者復活をすると意ってありますからね。この後、キレイキレイと叫ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

31回福井大会(その3)

 昨日は関西テレビ制作の「踊る!デマ捜査官」という番組をやっていました。関西テレビが単発バラエティを異常なペースで作っていることは書きましたが、前回までは関西ローカルだったということを番組内でわざわざ言っていましたね。ただ、取り上げるネタによってできに差がありました。トムとジェリーのプロデューサーに掛け合って、今後設定を変えるという言質を引き出したのはおもしろかったが、1本目のウーパールーパーは、この前朝日放送の「ビーバップ!ハイヒール」でやっていたのに比べて全然掘り下げていませんでした。向こうでは、広告会社内でどんなやりとりがあって名前がウーパールーパーに決まったのかちゃんとやっていたぞ。ああいう番組って、ネタごとに別のディレクターが担当してるんですかね。

 それでは福井大会です。決勝の1問目の正解は永平寺ですが、福井高専の昨年代表が、「福井の寺」と出る前に正解します。2問目、「イタリア語で小さい」だけで昨年代表が正解。あまりにもわかりやすいクイズ研です。
 3問目、「ポルトガル語で森林」で武生が押して「パンパ」と答えますが不正解。セルバでした。4問目、四字熟語の問題で藤島の最多枠でない方が正解します。5問目は青木アナが歌いますが、福井高専の1年が不正解。6問目は漢字の問題で最多枠が取ります。
 7問目は言葉の問題で昨年代表が正解。8問目の英語の問題で、これまで唯一答えていなかった武生の無表情な方が正解。さらに9問目も連取します。
 10問目を昨年代表が正解して王手。11問目、武生の無表情でない方が、8問目とそっくりな問題を正解します。さらに12問目も連取。この地区はなぜか2問ずつセットで正解します。
 13問目、本名だけ聞いて答えるという、またも典型的なクイズ研解答で昨年代表が決定しました。実はリーダーは3年連続全国大会に出場だということがわかりました。今回はさりげなく、3年連続全国大会に挑戦というチームが多数いました。昔はまったくいなかったのに(12回、13回で全国に出て14回も地区大会の最後の方まで行ったチームがいるくらい)、高校生クイズが現在の形式に変わってから一気に出てきました。クイズをやっている人の勝利を固定化する高校生クイズであることがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

31回福井大会(その2)

 昨日の「世界一受けたい授業」で、防犯についてやっていました。空き巣犯に聞いた犯行をあきらめる理由というので、画面が3×3に分割されて2位から9位までが表示されて、1位が空白になっています。そして生徒に答えを聞くと、音楽とともにカメラが画面に寄っていきます。すると生徒たちが自然に「あるあるある」と叫びます。上田が「君らよくすぐ『あるある』という言葉が出てきたね」。もうあの番組が終わって相当たちますが、いまだに日本人にはこれがしみついているということですね。

 それでは福井大会です。ペーパークイズの結果発表は、チーム数が多いので2列になっています。藤島の1位は後ろの方にいました。前回は最多枠の1位が最後尾にいるケースが多かったが今回はそういうことはありません。
 先頭の女子チーム、キレイキレイが当たっています。ブー。次が早くもピンポン。次のチームはブーが鳴ると、甲子園の砂を集めるポーズをします。またキレイキレイの当たった女子がブー。次もキレイキレイが当たったチームで、ここはピンポン。次も同じ学校が連続してピンポンです。
 混成、女子、女子とブーで、次がピンポン。これだけチーム数がいるのに勝者が前の方に固まっています。実は1チームだけ最後尾近くで他は前の方に固まっているというのもよくあります。そして実際に、ここからはひたすらブーの連続です。最後から3チーム目がようやくピンポンになりました。

 決勝です、青木アナが「敗者復活がなかったので、(応援パーソナリティの)お二人の力でここまで来た人は一人もいません」。
 藤島と福井高専と武生が2チームずつです。福井高専は1年の男子と混成です。混成の方が昨年代表で、歴史の対策として女子のメンバーを入れたそうです。武生にはまったく無表情のメンバーがいます。この後、さりげなく大記録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

こんな連携が

 テレビ雑誌を見ていたら、再来週の「今ちゃんの『実は…』」で久しぶりに宇治原VS灘中クイズ研があるようです。

 深夜番組といえば、金曜日の「NEWS WEB 24」の後は、ホールドオンの再放送がありませんが、昨夜は代わりに「SHIBUYA DEEP A」で「都道府県対抗クイズバトル!」というのが始まりました。県ごとの正答率を競うというのですが、完全に普通の知識クイズです。これってネタ番組じゃなかったのか。そんな企画をやる意味があるか?

 都道府県のクイズといえば、今日の日本テレビでやっていた「クイズ80」はなかなかよかった。ある立場の人にとっては正答率80%の問題を答えるというもので、最初は「クイズ!年の差なんて」かと思ったのですが、都道府県単位の常識と職業の常識を絡めてくることで、うまくまとまっていました。サタデーバリューフィーバーで久しぶりにレギュラー化できそうと思いました。

 土曜日の日本テレビの番組といえば、来週土曜日の16時から高校生クイズの事前番組がありますが、17時からの「所さんの目がテン!」のテーマが「クイズ」であることがわかりました。偶然かと思ったのですが、目がテンのホームページを見ると、次回予告のところに高校生クイズ募集へのリンクがついているのです。これって同じ曜日の同じ時間帯に事前番組をやって次の「バース・デイ」で46歳結婚できないクイズ女王を取り上げたTBSの手法ではないか。事前番組は今年も「芸能人に会える」ですし、そこまでやって参加者を集めて、本当に欲しいのは最初から目をつけているクイズマニアのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

31回福井大会(その1)

 「ホールドオン」を見ていて気になるのは、チャンピオン戦で選ばれなかったジャンルの問題はどうなるのでしょうか。1回で10問はもったいない。みんなが忘れたころに、最初のラウンドか再びチャンピオン戦にこっそり出るのでしょうか。今日は13時半から国会中継で、NHKの新しい編成が早くも生かされていました。

 それでは8月4日の福井大会です。今回も会場は福井放送の敷地です。今の大会なら全部、放送局の駐車場でやった方がコストもかからなくていいような気もしますが。この地区の参加者は前回は激増しましたが、今回はそれほどではありません。
 ムーディ勝山が日焼け止めで顔を真っ白にしています。表彰されるのは藤島です。舞台に上がった生徒に「一番好きなお笑い芸人は誰ですか」と聞きます。青木アナが出てきていきなり、特定の個人の名前を呼びます。マスクにサングラスの男子が出てきますが、「生徒証落としてる」。生徒証を見ると素顔がわかります。
 「東北のみんな、頑張んねのー」を収録して第1問です。問題の前フリは東北ですが、聞いていること自体は福井に関するものです。なぜこの地区に限ってこんな問題が出る。そして全チームが同じ答えです。青木アナは無人のエリアに向かって「自信はあるかーっ」などと叫びます。1問目で全チーム正解して終了という史上初の事態になりました。ムーディと永井祐一郎が「オレらの少ない出番がなくなったということじゃないか」「どんだけ簡単な問題出してるんだよ」。青木アナが「批判はサンドウィッチマンに」。
 ペーパークイズの1問目は永井のサインです。この後、1人もいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

31回広島山口大会(その6)

 火曜日にフジテレビで「限界調査委員会 リミッターズ・ハイ」という番組がありました。関西テレビ制作で、実は昨年、関西ローカルで放送されています。電動アシスト自転車で登れる坂の限界というので山田花子が暗峠を登っていましたが、前回のVTRをそのまま流用しています。あと、始発電車が出る前に歩いて帰れる限界というのも前回もやっています。前回は大阪からJRで神戸方面というのをやっていて、土田晃之が、なんでこんな情報を東京のスタジオで収録してるんだと言っていました。今、大阪の局の中では、関西テレビが新番組開発に異常に熱心で、次々と単発のバラエティ企画を放送しています。

 それでは広島山口大会です。広島の決勝を前に、船は厳島神社の前に来て止まります。崇徳、AICJ、広大福山が2チーム、広大附属、最多枠の広島学院です。広大福山はクイズ研ですが、一方のチームに過去に全国大会に出たメンバーがいます。

 1問目、過去に書きクイズで出た問題です。地区大会が事実上ペーパークイズで決まるようになる前です。全チーム正解です。2問目は数学で、全チーム正解。3問目、「Perfumeののっちのフルネーム」。いくら広島とはいっても、答えられるわけがありません。全チーム不正解です。書きクイズで差がつきませんでした。

 4問目、広大福山の昨年代表でない方が正解。5問目「東広島市があるのは広島県」で昨年代表が押して北海道を正解。6問目のスポーツの問題も連取します。7問目、言葉の問題で広大附属が正解。8問目の正解は原敬ですが広島学院が犬養毅と答えます。9問目は算数で昨年代表が正解。これで5ポイントです。
 10問目、「浄土宗の開祖は」で昨年代表が押して親鸞を正解します。これで王手です。そして11問目、「複数のアドレスにEメールを送信する」で昨年代表が押します。「カーボンコピー」と答えて不正解。「BCCは何の略」でした。ちなみにBCCは知らなかったそうです。

 12問目、「幼稚園は文部科学省」で昨年代表でない方が押して厚生労働省を正解。13問目は数学で、AICJがようやく答えます。14問目を昨年代表が正解して、これで広大福山同士が5ポイントで並びます。
 15問目、言葉の問題で昨年代表が正解。そして16問目、典型的なクイズにしか出ない語源問題で昨年代表が正解して決定しました。
 今年の広島大会、この期に及んでも移動はあるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

31回広島山口大会(その5)

 今週のNHKの「サラメシ」では、児玉清の愛した昼ごはんというのをやっていました。汐留のホテルの25階の和食店でステーキ定食だそうです。児玉が店のノートに残したメッセージが「人生、何事もアタック・チャンスを生かすことだ、と思う」。児玉が自分の絵に「ATTACK CHANCE!!」という吹き出しをつけて、「ATTACK25」と書いています。

 それでは広島山口大会です。決勝戦が始まる前にアンガールズがドラを鳴らします。まずは山口です。徳山のリーダーは棋道部というところにいます。将棋をやるのをこういうらしい。宇部には器楽部がいます。大津は3年と1年の混合で文芸部です。慶進には合唱部がいます。ここは昨年決勝で敗退したそうです。大津緑洋も3年と1年の混合です。
 1問目、全チーム正解です。2問目は雑学本に載っているような知識で、宇部と慶進と大津緑洋が正解。3問目、「日本の県名で7画なのは」で、宇部と大津と慶進が正解します。徳山は石川と書きました。

 4問目、言葉の問題で大津が正解。5問目、女子サッカーW杯で大津が正解。6問目、生活問題で大津が正解。7問目、小学校で習う社会で大津が正解。王手です。早押し問題を全問取って王手は初めてです。
 8問目、「英語で」で慶進が押してしまいます。大津を阻止しようとあせりすぎです。この問題は、後で全文が読まれることさえありませんでした。完全によそで使い回せます。
 9問目、化学で大津が正解。決定しました。大津はペーパーでも1位で、昨年決勝で敗退していたということがわかりました。この後、前に出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

31回広島山口大会(その4)

 高校生クイズの公式ツイッターで、会場の情報が一気に流れ始めました。今のところ、決定した会場は、すべて昨年と同じところです。ところで、これを全部リツイートすると海外旅行が当たるって、結構うっとうしいな。これらが全部リツイートされてきたら、興味ない人は、リツイートした人のフォローを外すかも。

 それでは広島山口大会です。山口の赤ゲートの先頭は、青ゲートのときに代表になっていた女子です。ブーです。次の徳山はピンポン。昨年決勝で敗退したというチームがピンポン。次もピンポンです。女子がブー、男子がピンポン、女子がブーで、残り4チームになったところで最後のピンポンです。
 広島です。先頭がブーで、混成も女子もブー。「アンガールズのサインが欲しい」と言ったチームがブーで、その後ブーが続きます。8チーム目でようやくピンポン。1チームおいてピンポン、2チームおいてピンポン。ここまで勝ったのは広大関係ばかりです。次のチームもピンポン。ここからブーが続いて、残り6チームの時点で最後のピンポンが出ます。

 そしてここからがこの地区の予選のハイライトです。全国の大半の予選が単県大会になって、トレーラーで十数チーム相手にクイズをやるような状況になっても、広島での予選だけは決勝会場が別のところにあって移動するのです。運大王のあった17回・18回を除いて、広島県での予選が移動しなかったことは一度もありません。なぜ広島だけがここまで執拗に移動しようとするのかがわかりません。現場で見た人によると、昔のような高校生クイズをできるスタッフが嬉々として宇品港から船に乗り込んでいったそうです。今年は広島も単県になりますが、それでも移動するでしょうか。

 今回乗った船はクルーズシップ銀河というもので、過去にも使ったことがあるはずです。貸切です。厳島神社の方に向かいます。広島での予選は移動ばかりしますが、結局厳島神社に落ち着くことになります。この後、さすがに押すのが早すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

31回広島山口大会(その3)

 昨夜の「頭がしびれるテレビ」では、じゃんけん必勝法についてやっていました。多くの人のジャンケンのくせを分析した結果、最も勝率が高くなるのはパー→グー→チョキを繰り返して出すことだそうです。これは昨年の「所さんの目がテン!」と同じ結論です。ただし目がテンでは「最初はチョキ」と言うことになっていますが。番組の設定が、ジャンケンで勝つことが必要な理由がある指原莉乃が訪ねてくるというものです。(最強のジャンケンコンピューターに対して最も勝率が高くなる)ランダムに手を決めるサイコロを渡して、現場で使えるかどうかわからないと言っていましたが、逆に秋元がじゃんけん選抜であのサイコロを出せと言うのではないか。

 それでは広島山口大会です。三択が終わって舞台を降りる辻岡アナを、アンガールズがちょっと待ったと言って引き上げます。「羽鳥さんいなくなりました。次は義堂さんしかいないじゃないですか」。辻岡「悪い気持ちはしません」。
 敗者復活をやる条件は「愛のエキスパンダー2011」。アンガールズの2人の体をゴムチューブでつなぎます。山根が舞台のところにいて、田中がどこまで進めるかで復活チーム数が決まります。「1」「3」「5」「10」というパネルがあります。
 最終的に10チーム復活することになって、例のジャンケンパネルです。敗者は70~80チームぐらいいそうで、この地区は相当数がペーパークイズに進めません。

 ペーパークイズの1問目は、アンガールズのジャンガジャンガのポーズの元です。ペーパーが終わって、アンガールズの舞台です。ガッツポーズはガッツ石松が語源になっているという話をします。その話は高校生クイズではやってはいかん。2人とも上半身裸になって海水浴コントをします。

 結果発表です。全体がA~Cの3グループに分かれて、1グループだけが青ゲートで合格です。まず広島学院のトップのチームを発表します。Aグループの代表は、広島学院の舞台に上がったチームです。
 Cグループがブー。Aグループがブー。これでBグループの合格が決定です。続いて山口の赤ゲートです。11チームしかいません。先頭は先ほどBグループ代表として青ゲートをくぐった(予定だったがくぐらずに合格が決まった)女子です。考えてみれば、山口が含まれているという時点でBが合格とわかったのではないか。この後、この期に及んでこの地区だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

週末の番組

 今日の「NHKとっておきサンデー」は、ホールドオンの特集をするコーナーがありました。コーナーの最初に双葉山、山下泰裕、吉田沙保里の映像をわざわざ使って、長く連勝することに価値があるといっていました。初代チャンピオンが電話で生出演するという力の入れようです。明日から深夜の再放送も始まりますけど、これまでに放送された回の結果をすべてばらされていました。

 「世界一受けたい授業」のスペシャル、恒例の高校生クイズ優勝者だけでなく、福澤朗が出てファイヤーと叫んでいました。しかしそのとき使われる映像はウルトラクイズでした。そして福澤と高校生クイズとは一切からまないんですね。
 高校生クイズのコーナーは、開成が1問も取らせないと言っているということになっていましたが、その割には、明らかに芸能人側に正解させる問題を入れていました。アディダスも人間発電所もいい問題で、昔はクイズ番組に出る人はこういうのも答えるようになっていたのに、今の高校生クイズの全国大会は、学問のマイナーな用語だけを競って、芸能やスポーツは知らなくていいことになっているわけです。

 昨日の「You vs.7」は、レギュラー化をにらんでいるかのように、これまでと変えてきました。まず、ほぼ早押しになりました。前回まで、それを目的に覚えていなければわかるわけがないような1週間のマイナーな出来事を出題されて、解答時間が苦痛でした。気づいているかどうかわかりませんが、前回までで「○○することが今週決まったのは何?」のように出題されたことが、実際は予定が変わってそうならなかったものがあります。今回、早押しになることで苦痛が軽減されるとともに、出題内容も来週になったら意味がなくなるような知識は基本的に避けていました。
 また、問題ごとにニュース解説や続報がついて、情報番組として見られるようになっていました。今回の形式と放送時間なら、毎週の番組としても成立すると思います。一つだけ残る問題は、伊藤アナをどれだけ働かせる気だということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

31回広島山口大会(その2)

 「ブレインアスリート」がレギュラー化されたのを見るのを忘れていました。次の日曜日からだと思っていました。小島慶子はいなくなっていました。BSプレミアムの「写ねーる」にしてもEテレの「スーパープレゼンテーション」にしても、単発では使われるがレギュラー化されると外される小島慶子。それはそうと、高学歴チームというののリーダーが桝アナなんですね。東大卒ということだけで仕事が来る局アナが現れる時代になるとは。おそらく高校生クイズの司会になったのも、たまたまこの時代に東大卒だったからでしょうし。

 それでは広島山口大会です。辻岡アナが登場します。「義堂」と書いた紙が折れています。「僕を初めて見た人」と言うとほぼ全員が手を上げます。
 「今年の合言葉はご存じですか」と言うと、マッスーという声が上がります。よく覚えているな。前回この会場には桝アナが代理で来て、もともと用意していたフレーズが反応が悪くて、その場で「マッスー」になったのでした。「ビクトリーがいい人」と言うと手を上げたのが4人。「マッスーがいい人」と言うと、たくさん手を上げます。「じゃあ、どんでん返しでギドーがいいという人」と言うと、もっと手を上げます。前年の新潟大会でエナジーからギドーに変わった話をして、ここでもギドーになります。2回続けてこの地区は、スタッフの用意したかけ声が勝手に変わりました。
 ギドーと叫んで炎が出ると、「こげるかと思った。ここで焼き鳥焼けるんじゃないですか」。1問目の前に「東北のみんな、頑張りっちゃい」を収録します。

 1問目、盛岡駅に関する問題です。選択肢が石川啄木、宮沢賢治、太宰治。2が多い。辻岡アナが「3の皆さんは人間失格ですか」。
 2問目はクイズの定番の雑学です。辻岡アナはタイムアップのときにストップと言います。2問続けて一番多い答えが不正解です。3問目、「国民の祝日は何日ある」という、生活の常識問題。昔は簡単だったのに最近わかりにくくなっています。政令指定都市と同じです。辻岡アナの読む解説で、1月1日を「元旦」と言っています。おととい、記念日をテーマにした番組を見たのですが、ここでも1月1日の祝日を「元旦」と表記していました。前回の清水市もそうですが、法律が変わったのかと思って調べてしまいました。この後、羽鳥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

いろいろな地方の話

 「スゴロQジャパン」のビデオを見ました。止まらなかった目とか選ばれなかった方の問題を本当に用意してあったのか気になります。ところで、スタッフロールを見たら構成作家に例の紅白歌合戦マニアの人が加わっていました。NHKに食い込んで紅白担当への足がかりか。

 那覇といえば、「ホールドオン」で武野が間違えていたカツオブシの問題は、私は前日の「ミラクル9」で知りました。ミラクル9といえば、テレビを見ていたら今週のヤフーの検索急上昇ランキングをやっていたのですが、「フランス語 お尻」と「サッカー神社」というミラクル9関連の言葉がベスト20に2つ入っていました。ミラクル9はそれだけ見られてるんですね。ちなみにこれ以外でテレビ番組関連は「世界仰天ニュース」の「土谷正実」と「サリン」です。
 サッカー神社を紹介するのに「静岡県清水市」と表示されていました。以前、「ほこ×たて」の防犯ボール対α-ゲルでも画面中央に「静岡県清水市」と表示されて、再放送でも何も修正されていませんでした。あそこの地域は独立性を主張して清水市と名乗ることにしたのか?

 清水といえば、高校生クイズの予選日程がもう発表されましたね。過去最も早いかもしれません。清水で行われてきた静岡大会と北海道大会など、日程が重なるのは6日で、意外に少ない。32地区について、九州は私の予想通りでしたが、鳥取と島根が一緒になって逆に広島と山口が分かれるとは思いませんでした。というかこちらの方が自然なんですけどね。日本海テレビが予選を2回やらされて、逆に山口放送が予選にかかわらないというのが不思議でした。会場を米子にすれば、鳥取県からも島根県からも来るのに問題ないでしょう。ところでこの予選の名前は「鳥取・島根大会」でなく「山陰大会」でいいんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

31回広島山口大会(その1)

 今夜のJ-WAVEの「RADIPEDIA」のテーマは、「人はなんで答えを出したがるの」というもので、クイズ王が出るという話でした。それで0時から聞き始めたら、出てきたのは1時半前です。ウルトラクイズの曲をバックに最初に雑学クイズを3問出して全部答えて、その後に「男女間の友情は成立するか」といった答えのない質問をするというものでした。出演は録音ですぐに終わって、クイズ的には無理に聞くほどのものではありませんでした。

 それでは7月28日の広島・山口大会です。会場は今回も広島みなと公園です。参加者に「第3問」とかいうパネルを持たせて撮影しています。番組で字幕を出す代わりにこれを合成して使うのです。結果、島根大会と鳥取大会の番組でも広島の高校生の持ったパネルを映していて非常に違和感があります。
 広島テレビの執行役員のあいさつは、澤穂希の言葉を引用します。ライオンの中国四国統括の開会宣言です。「熱中症には気をつけてクイズに熱中しよう」。

 アンガールズが出てきます。田中うちわを持った女子チームがいます。「どこがいいんですか」「細いとこ」。アンガールズが「どうですか、生で見た感想は」と言うと「キモい」という声が上がります。
 田中は世羅高校で、2年生のとき中国大会に出て3問目で落ちたそうです。世羅のチームは来ていません。世羅からは非常に来にくいですからね。一方の山根は祇園北高校だそうですが、こちらは広島市内なので来ています。ちなみに西名アナは高陽東で、1チームいます。

 表彰されるのは広島学院です。田中は「学院高校」と言います。広島ではそう呼ぶのか。舞台に上がった生徒が大地(おおち)というので、エアギターをやらされます。そういえば私の担任の教師も大地(おおち)といいう名前で広島出身でした。
 ガチでやります宣言のパネルが出ると、山根が「これやっぱ、広テレだから『テレビ宣言』みたいなことなのかな。テレビ宣言ってまだやってるのかな」。西名「3年前に終わりました」。前年の松村邦洋もまったく同じことを言っていました。広島における柏村武昭の影響力がいかに大きいかがわかります。それにしても、広島テレビの社員だとテレビ宣言が3年前に終わったことをすぐに言えるんですね。この後、またもその場で変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

第6回エコ甲全国大会(その25)

 今月の「ナナマルサンバツ」は、ようやく全部のキャラクターの正体が明らかになります。しかしクイズ的には何も進展しません。まだストーリー上は5月ということで、ちょうどあのクイズ番組があるころにコラボ企画ができそうなタイミングではあります。去年の作品よりはこっちの方がいいと思うんだけど。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。筆記クイズの個人1位は灘の人でした。100点満点で88点だそうです。ラッセルから宝石箱みたいなものが贈られます。インタビューで「目標は全体優勝なので、全然満足できる結果ではないかなと」。
 優勝チームに金融知力普及協会の理事長から表彰状です。2人にそれぞれ全部読み上げて、「以下同文」を使いません。賞品はシティバンクからニューヨーク行きの航空券です。トロフィーはプルデンシャル生命からです。
 理事長から講評があります。最初のうちは金融・証券の知識ばかりでやっていたが、考える力や実技を入れるようにしたと言います。今思えば、第1回の全国大会は、筆記と○×クイズと早押しクイズだけで、学生がやるオープン大会と大して変わりません。今の高校生クイズもエコ甲のプレゼンクイズとか準決勝みたいなことをやればいいのに。それだと「将来東大に入って日本を背負う」とあおるのにもリアリティが出ます。
 17時前に、インタビューのある東大寺学園を除いて高校生を退場させます。ところで、会場には「モーニングバード」の取材陣が来ていました。前年と同じように放送されるかと毎日モーニングバードを見ましたが、結局ボツになって放送されませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

31回北九州大会(その9)

 先週木曜日の深夜に関西テレビで「クイズ義務キョーイQ」というのをやっていました。小中学校で習うことから出題するという、よくある企画ですが、新しかったのは、事前に読書感想文を書かせてプロが採点していたのと、優勝チームの100万円チャレンジが、事前に音楽の教科書に載っているサザエさんのエンディングテーマをリコーダーで練習させて、本番で一度も失敗しなければ賞金獲得というものです。スタッフロールを見たら、駅ちくスピードキングが問題を作っていました。こんな関西ローカルにも進出しているのか。関西のクイズを仕切っていたあの人はどうなった。

 それでは北九州大会です。福岡の決勝の4問目は自由ケ丘が正解。次は修猷館が不正解で、2問連続スルーの後、修猷館が取り返します。ちなみに放送ではこの4問が全部カットされています。私の知る限りスルー以外で決勝の問題がカットされたのはここだけです。
 9問目は久留米大附設が正解。10問目は自由ケ丘が取ります。11問目「硬水と軟水の基準」で福岡が押してマグネシウムを正解。「カルシウムと何」という問題でした。
 12問目、社会人の常識的な問題で自由ケ丘が不正解。13問目はことわざで自由ケ丘が正解します。14問目「電気洗濯機の容量はキログラム」で久留米大附設が押してリットルを正解します。「冷蔵庫は」です。
 15問目は、自由ケ丘、16問目は修猷館が正解。さらに次も修猷館が取ります。18問目、早い段階で先を読んで久留米大附設が正解。19問目は「TPOをわきまえるというときの」で自由ケ丘がオケージョンを正解します。さらに20問目もかなり早く自由ケ丘が正解して王手になります。
 21問目、地デジの縦横比率は16:9という答えですが、久留米大附設の今まで押していない方が「アスペクト比」。難しく考えすぎです。そして22問目で自由ケ丘が正解して決定しました。久留米大附設の2チームは意外に答えられませんでした。
 そういえば、決勝にNON STYLEがいませんでした。応援パーソナリティが途中で帰ったのはこの地区だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

今年もこの時期

 今朝の「はなまるマーケット」のゲストは渡辺正行でしたが、最後の視聴者からの質問は「バナナマンの設楽さんが運転手だったというのは本当ですか」。それっておとといのオールスター感謝祭のネタじゃないか。しかも、このタイミングで設楽の話をしたら、「そういえば今からフジテレビで設楽が司会の番組が始まるんだった」とチャンネルを変えられるぞ。

 感謝祭といえば、ラジオの「たまむすび」の宣伝が流れて、赤江珠緖がたまむすび代表としてゲームに参加したりしていましたね。これまで、出演者名のところにTBSラジオの番組名が書いてあったり、マラソンの実況のアナウンサーがTBSラジオを聞けと言ったりしたことはありますが、TBSラジオの新番組をわざわざ取り上げて宣伝したのは史上初だと思います。現在は別会社だし基本的に関東ローカルだし。今週の週刊ポストにもあるように、前番組の小島慶子が「ラジオの女王」などと持ち上げられてテレビに出るようになったら、いきなりスタッフを悪者にして番組を放り出したわけで、TBSラジオとしては意地でも新番組を成功させなければいけませんからね。今夜の日本テレビの「耳が痛いテレビ」に小島が出ますが、視聴者からのダメ出しに芸能人が真摯に耳を傾けるという番組の司会を、視聴者の意見を聞かずに放送で「あなたのツイッターをブロックする」と言ったり果ては番組を投げ出しまでする小島にやらせてどうするのでしょうか。

 さて、新年度とともに第32回高校生クイズの募集が始まりましたが、数年前までの「今年こそ高校生クイズ中止か」というのと違って、あるに決まっているので、何の感慨もありません。それにしてもホームページが32回仕様になったことに気づかないくらい、前回の「1」を「2」に変えただけの、これまでで最も手を掛けていないサイトです。今後変える予定があるのかどうか知りませんが。
 地区大会が32会場になるということですが、おそらく九州が「福岡佐賀大会」以外単県になるということでしょう。あと、今年度の番組公式ツイッターの情報をすべてリツイートした高校生から抽選で海外旅行が当たるそうです。企画としてはおもしろいが、問題はスタッフ側の方がどれだけツイッターで情報を流し続けられるかです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

第6回エコ甲全国大会(その24)

 コメントにある通り、「連続クイズ ホールドオン!」の第1回には武野が出ます。番組内で「高校生クイズ優勝者」と紹介されるのでしょうか。しかも予選の開催自体を当ブログで知ったそうです。ところで、今日の「NHKとっておきサンデー」を見たら、4月からの新番組紹介というので、バックにホールドオンのセットと並んで武内アナと天野ひろゆきの写真があります。何か間違えてないかと思ったら、この2人の番組は別にあるんですね。なお、第1回は3日の予定でしたが、高校野球の順延で、いきなり放送がつぶれました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の得点は金大附属が72万円、会津学鳳が28万円、広大福山が72万円、逗子開成が52万円、東大寺学園が92万円です。
 12問目、「欧州経済危機でPIIGSの」。全チーム無保険です。「Iはイタリアとどこ」という問題で、金大附属、会津学鳳、東大寺学園が正解です。これで東大寺学園の優勝が決定しました。やはり第6回で優勝するのは東大寺学園ということです。インタビューで「先輩の向かいに自分たちの幕を飾ることができてうれしい」と言いますが、そうなるのは次回もこの会場だった場合だけです。

 16時10分に終了して休憩です。この間ずっと、プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命の広告が流れます。
 再開して、まずはプルデンシャルのあいさつです。次にあいさつするシティの人は津高校の出身だそうです。金融経済だけでなく英語も勉強しろと言います。次はラッセルの副会長のあいさつです。

 パフォーマンス賞というのがあります。男の司会が作って1人で決めたということです。横手です。女の司会は他の高校を推薦したが、男の司会はどうしてもと言ってきかないそうです。賞品は、札束のデザインのメモ用紙です。なぜか、過去に東大寺学園に負けて準優勝だった人が出てきて渡します。横手の女子が「うれしいわけではないですけど」と言います。この後、ボツに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »