« 第6回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その22) »

2012年3月27日 (火)

31回北九州大会(その6)

 NHKで「スゴロQジャパン」をやっていましたが、昨年夏の京都に続いて今回は沖縄でした。ところで、関西テレビの「冒険チュートリアル」では、「バスすごろくツアー」という企画があって、第1弾と第2弾が京都で、この前第3弾の沖縄をやったばかりです。どこの局も、すごろくをやろうと考えると京都と沖縄になるのか。

 それでは北九州大会です。佐賀の決勝の4問目は致遠館が正解。5問目はスルーで、6問目は前田敦子の問題で早稲田佐賀が正解。今年は地区大会では芸能がどんどん出ます。芸能問題が出る県は全国で勝ち残ると想定されていないところですが。
 7問目「日本で島の数が一番多いのは」で致遠館が押しますが不正解。「では二番目は」でした。8問目、やや難しい問題で致遠館が取り返します。次は早稲田佐賀が正解。10問目は前振りの段階で致遠館が正解します。致遠館は答える問題の傾向が、いかにもクイズ研です。

 11問目、芸能問題ですが、かなり早い段階で致遠館が押して正解。これで3年連続全国に王手です。12問目、「大辞林は日本の辞書ですが、ダージリンといえば」。高クイでは珍しいフリです。致遠館が押します。「インド」でブー。正解は紅茶でしたが、よくこれが問題会議を通ったな。これで王手が消えました。
 13問目、「気象庁、観光庁」で致遠館が押して、「国土交通省」と答えて正解です。ちなみに問題文の限定上、「国交省」なら不正解でした。再び王手になりました。
 14問目、致遠館が自信を持って押します。そしてウイニングアンサー「棚田」と叫ぶとブー。正解は段々畑でした。問題文に「畑」とあるところまで読まれているのですからうかつです。これで致遠館が失格になりました。3年連続全国を目指すチームが失格になるというのも今年の特徴です。この後、他人が答える。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54320446

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北九州大会(その6):

« 第6回エコ甲全国大会(その21) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その22) »