« 第6回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その20) »

2012年3月23日 (金)

31回北九州大会(その4)

 マクドナルドのトレーに載る紙で、アルバイト募集がありますが、あれに載っている人で一番年配の女性が、エコノミクス甲子園の女の司会に見えて仕方ありません。どうでもいいことですが。

 それでは北九州大会です。福岡の結果発表は、昨年決勝敗退のチームがピンポンになります。次はブー。生徒会長のいる混成チームがブー。この時点で残り5チームです。ブーの後、男子チームがピンポンですべて決定しました。

 佐賀も大分も赤ゲートのみです。しかし落ちるチームはごく少ない。そして長崎は結果発表がありません。4チームしか参加していないことが判明しました。過去に島根や高知や佐賀で同様の事例が発生しましたが、今回は佐賀ではなく長崎に波及です。第32回は、九州もトレーラーが回って単県大会になるでしょうか。

 大分の決勝です。鶴崎工、大分高専、安心院と大分東明の2チームです。大分東明の後輩が合唱部で、歌声を披露します。ところで、大分高専のゼッケンには「大分工業高」と書かれています。これでは完全に大分工業高校(これも実在する)の意味になってしまいます。
 1問目、オリンピック競技の問題で、鶴崎工のみ正解。2問目はHDDの最後のDは何の略という問題で、安心院のみ不正解。Hは何の略と聞き間違えたそうです。3問目、ジャニーズに関する問題で、これは難しいかと思いましたが、大分高専と大分東明の合唱部が正解。東明のもう1チームが白紙で残りは誤字でした。芸能だとこのレベルでもできるか。この後、上重アナが無駄な読み。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54287554

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北九州大会(その4):

« 第6回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その20) »