« 31回北九州大会(その7) | トップページ | 31回北九州大会(その8) »

2012年3月30日 (金)

第6回エコ甲全国大会(その23)

 昨夜、というか、午前4時台からTBSで、「イカさまタコさま」の特別番組をやっていました。それにしても次は朝のニュースが始まる時間帯って遅すぎないか。内容は、過去の問題を紹介するものでした。ゴールデンでのセットはさすがに深夜時代より大きくなっているようでした。ところで、よく考えたら水曜19時ってローカル枠ですね。関西などでは見られるのかどうかわかりません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の7問目、「景気の判断で乗用車新車販売台数」。東大寺学園だけ2口、他は1口ずつ保険をかけます。自動車の販売額の割合は低いのに景気指標として注目される理由という問題で、全チーム不正解です。ここで、保険を2口かけておいた東大寺学園の戦略が当たってトップに追いつきます。
 8問目、また事前学習教材の名前です。東大寺学園のみ保険を1口かけます。これは簡単な問題でしたが、会津学鳳のみ白紙です。これで東大寺学園が単独トップになりました。
 9問目、三択です。「次のうち貸金業法で」。逗子開成のみ無保険で他は1口ずつです。これはよく報道されている簡単な問題でした。会津学鳳のみ不正解で、東大寺学園が差を広げます。
 10問目、また事前学習教材の名前です。広大福山、逗子開成、東大寺学園が1口ずつです。生命保険の予定利率に関する問題で、金大附属と東大寺学園が正解です。金大附属が無保険だったことで東大寺学園に迫りました。
 11問目、「就職活動の一環として行うことの多い」。金大附属のみ1口です。問題は簡単で、広大附属、逗子開成、東大寺学園が正解。これで東大寺学園が92万円になって王手です。この後、男の司会が強引。

|

« 31回北九州大会(その7) | トップページ | 31回北九州大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54345196

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その23):

« 31回北九州大会(その7) | トップページ | 31回北九州大会(その8) »