« 第6回エコ甲全国大会(その16) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その17) »

2012年3月17日 (土)

31回北九州大会(その1)

 「ナナマルサンバツ」の単行本に、まだ物語内の時間は1カ月ぐらいしかたっていないと書いてあります。ということは、そろそろ高校生クイズの募集があるということでしょうか。今、高校のクイズ研を描くのに、高校生クイズは避けて通れないでしょう。高校クイズチャンピオンシップとかいうテレビ番組が出てくるのかな。近年の、事実上ペーパーで勝者を決める大会を描くのでしょうか。

 それでは7月26日の北九州大会です。会場は今回もシーサイドももちです。南九州よりも参加者が少ないように見えます。夏休み中であっても日曜日の方が出やすいのか。
 福岡放送の編成局長のあいさつがあって、ライオンの九州チェーン統括の開会宣言です。ここはスタッフにまぎれてNON STYLEが隠れているという、今までにないパターンです。「全国大会行くぞ。もっとオーッって言いやすいのいくぞ。井上殴りたいかーっ」。
 表彰されるのは久留米高専です。ガスマスクみたいなのをかぶった生徒が舞台に上がります。宣言は、「希望者に本気のキスしちゃうぞ」。

 上重アナは登場前の音声で最初に名乗ります。桝アナと期待させないためか。ビクトリーと叫ぶときの高校生への呼びかけは桝アナと同じです。炎が出た後の「熱い」の言い方が下手でウケません。「高校生の青春に、ズームイン」というポーズをやります。今やズームインのポーズは桝アナもできないので上重アナの専売特許です。

 「1回戦はなんですか」と言って、高校生が○×と答えると「ノンノンノンノンノンスタイル」。
 1問目、フタバスズキリュウの問題です。この地名は震災以降さんざん出ているのだから答えられるでしょう。最も多いところが正解です。2問目、クイズベタで、ウルトラクイズの○×でも出ました。しかしどの答えも同じくらいの人数になります。
 この時点で残っているのは30チームぐらいでしょうか。この後、上重アナが土下座。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その16) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その17) »

コメント

確かに、第1話の部活紹介のシーンで生徒の一人が「夏にテレビでやってる高校生のやつとか?」というセリフがあるので、あの世界に高校生クイズはあるのでしょうが…………

個人的には「夏合宿編」も見てみたい気はする。

投稿: れそと | 2012年3月17日 (土) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54239159

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北九州大会(その1):

« 第6回エコ甲全国大会(その16) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その17) »