« 第6回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その23) »

2012年3月29日 (木)

31回北九州大会(その7)

 先週「雑学王」でやっていたペットボトルのふたの問題。私は知りませんでしたが、その後、JR東日本に乗ったら、自動販売機に大々的に広告が出ていて、新型販売機では動画映像まで流れているではないか。いかに普段、身の回りの情報に注意を向けていないかということです。s

 それでは北九州大会です。佐賀の決勝は致遠館が失格したので、点数の低いチームばかりになって時間がかかります。15問目は弘学館の昨年決勝で負けた男子が正解。16問目、早稲田佐賀の今まで押していない方が不正解です。
 17問目、「『もえ』と『なえ』に共通する部首」で弘学館の男子が押したのに、弘学館の混成のチャイナ服の男が思いきり答えを叫びます。18問目も弘学館の男子が正解して5ポイントです。
 19問目はスルー。20問目、梨の収穫量日本一の県という問題で、弘学館の男子が期待通り山梨と答えます。21問目は弘学館の混成が取って、22問目は弘学館の男子が不正解。これで2×になるとともに勝利はかなり遠のきました。
 代わって23問目で早稲田佐賀が正解して5ポイントになります。24問目は早稲田佐賀のもう一方です。25問目で最初の早稲田佐賀が正解して王手。26問目でもう一方が押しますが不正解です。こちらの早稲田佐賀も2×です。27問目を早稲田佐賀が正解して、ようやく決定しました。

 次は長崎です。4チームしかいません。佐世保北が「初めて出場して決勝まで来られて光栄」と言いますが、来ただけで決勝に出られるのにそのコメントはおかしいだろ。長崎西と長崎東は、どちらも先輩が出られなかったと言います。長崎商は女子です。
 1問目、フランス語と英語で世界遺産と言って、なんという言葉か当てるものですが、長崎西だけ「世界恐慌」と書きます。2問目は数学で、佐世保北のみ正解。3問目、ザウアークラウトやバームクーヘンはどこの国という問題ですが、これで長崎東しか正解できません。この後、そんなの出るか。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54336694

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北九州大会(その7):

« 第6回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その23) »