« 31回北九州大会(その4) | トップページ | 31回北九州大会(その5) »

2012年3月24日 (土)

第6回エコ甲全国大会(その20)

 番組表を見たら、来週「世界びっくり旅行社」があるんですね。児玉清の死去で二度と放送できないと思っていましたが。途中でメイン出演者が江口洋介に変わるというと「ガイアの夜明け」かと思ってしまいます。あと、「クイズ ホールドオン!」の事前番組もありますね。亡くなったわけでもないのに司会を変えられた天野ひろゆきはどう思っているでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。仙台第二VS逗子開成。アナウンサー部分は逗子開成の圧勝です。コメンテーターへの質問は、年金制度が破たんして個人で備える人が増えるとどうなるかというものです。逗子開成はかなり専門知識を入れたコメントをしていますが、事実誤認があるような気がするのですが。しかし旗は仙台が2本、逗子が3本で、14対27で逗子開成の勝ちです。

 ここまで先攻のプレゼン1位と後攻が2勝2敗です。最後は東大寺学園VS島田商。テーマはTPPです。東大寺学園が「TPPについては事前に対策している」。
 東大寺学園はアナウンサー部分は完璧と思っていたら、混合診療とEPAを間違えます。一方、島田商のアナウンサーは早口すぎます。コメンテーターへの質問は、労働者の国際移動の自由化のメリットとデメリットです。旗は東大寺学園が4本で、36対17で東大寺学園の勝ちです。
 しかし内容は他の対戦に比べてかなり接戦だったと思います。島田商は相手に東大寺学園を指名したことについて、初出場の静岡としての存在感を示したかったからだと言いますが、もう一人が「だから(やめろと)言ったのに」。
 この後、ついにこんなことが可能に。

|

« 31回北九州大会(その4) | トップページ | 31回北九州大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54293480

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その20):

« 31回北九州大会(その4) | トップページ | 31回北九州大会(その5) »