« 第6回エコ甲全国大会(その13) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その14) »

2012年3月11日 (日)

31回南九州大会(その6)

 フジテレビで「Q1~史上最速の頭脳スプリントバトル~」をやっていました。頭脳王を意識したような企画で、またこの固定メンバーかという感じでしたが、クイズ内容は新しい。このところのクイズ王番組が、一般視聴者にはわけのわからないことを聞いていたのに対し、今回は問題自体はかなり簡単ですが、見せ方を変えることで十分、頭の良さを感じさせる演出になっています。むしろこの番組の方がワールドクイズクラシックとか頭脳王よりもゴールデンでやるのにふさわしいと思います。あと、WQCのときも書きましたが、今のクイズマニア上位を苦しめるには、訓練する機会のないビジュアルクイズだと思いました。全問、決勝後半のクイズでもおもしろいと思います。

 それでは南九州大会です。鹿児島の決勝の4問目はラ・サールの2年が正解。5問目はエビの名前が並びますが、ラ・サールの3年が「イセエビ」と言って「もう1回」で正解です。6問目、「イギリスを構成する4つの国は」でラ・サールの2年が押してウェールズと答えますが、さすがに無理があります。スコットランドでした。
 7問目は語源だけでラ・サールの2年が押して正解。8問目「1862年に薩摩藩の尊皇攘夷」でラ・サールの2年が押して生麦事件と答えて不正解です。これで2×です。9問目「著書『雇用・利子および』」でラ・サールの2年が押してケインズを正解。2×なのにここで押せるか。
 10問目はラ・サールの3年が正解。次も取って、3年が王手になりました。2年の方が圧倒的に押していますが、ミスがない分、いつの間にかリードしていました。
 12問目、私の知らない前フリで2年が正解。しかし13問目を3年が取って決定しました。早押しはラ・サール以外が1回も押しませんでした。

 宮崎の決勝です。日向学院は3年連続で決勝に出ています。宮崎大宮はリーダーが野球部で、すでに負けて引退したそうです。宮崎西のリーダーは、10年前から高校生クイズを見ていたと言います。宮崎第一は1年生のクイズ研のチームと2年生のクイズ研のチームです。
 1問目、四字熟語で全チーム正解。2問目、Q1にも出ていた簡単な問題で全チーム正解。3問目、都道府県の簡単な問題で全チーム正解。この後、逆転満塁ホームラン。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その13) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54191855

この記事へのトラックバック一覧です: 31回南九州大会(その6):

« 第6回エコ甲全国大会(その13) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その14) »