« 31回北九州大会(その2) | トップページ | 31回北九州大会(その3) »

2012年3月20日 (火)

第6回エコ甲全国大会(その18)

 毎日新聞のサイトに載った、琉球新報の記事(毎日新聞は琉球新報と提携)。

――――(ここから)――――

海開き:冷たいけどきれい! あざまサンサンビーチ /沖縄
 【南城】南城市知念の「あざまサンサンビーチ」が18日、海開きし、青空の下、家族連れや中学生のグループらが訪れ、海水浴を楽しんだ。砂浜では海開きフェスティバルが開かれ、沖縄本島では最も早い海開きをアピールした。
 市内のみなみ保育園の園児による踊り、沖縄プロレスのモズクマン対勇順マブヤーショーなどが繰り広げられた。同ビーチの遊泳期間は10月31日まで。
 南城市観光協会の潮平隆会長は「オープンガーデンなどの行事とサンサンビーチをつなげて、多くの人を集められるよう頑張りたい」と語った。
 同市佐敷つきしろから訪れた山田夏妃さん(9)は「ことし初めて泳ぐ。海水は少し冷たいけど海がきれい」と笑顔で語った。
(琉球新報)

――――(ここまで)――――

 あと3カ月すると、ここで別の「開き」もあるわけですね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ニュースキャスタークイズの最初の対戦は金大附属VS旭丘です。旭丘は「金大附属の正式名称を言いたいというのだけで選んでしまったので」。クイズマニアだと金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校という言葉を覚えて使ってみたいわけです。「クイズ!スピードキング」の最終ラウンドの1問目にこの問題が出ないかな。
 先攻と後攻の問題は同じなので、旭丘はヘッドホンと目隠しをします。シンキングタイムでは、そのチームの地区の銀行のCMがかかります。そして、本物のニュース番組そっくりのオープニングが流れるのです。こんなものまで作るのか。
 テーマは金融危機です。前半は両チームとも2問正解でした。ギリシャが債務不履行になった場合、日本への影響はというコメンテーター問題で、金大附属が旗3本、旭丘が2本です。23対18で金大附属が勝ちました。発表がボクシングのリングアナウンスみたいです。旭丘のインタビューで「金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校さんが強かったので仕方ないです」。この後、急にルールが追加。

|

« 31回北九州大会(その2) | トップページ | 31回北九州大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54262974

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その18):

« 31回北九州大会(その2) | トップページ | 31回北九州大会(その3) »