« 31回南九州大会(その1) | トップページ | 31回南九州大会(その2) »

2012年3月 2日 (金)

第6回エコ甲全国大会(その9)

 先日コメントにあった「テストザネイション」ですけど、本を買って読みましたが、番組はビデオにとったまま見ていません。今さらあの長さを見ようとするのは勇気がいります。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。銀行のCMと代表のビデオです。りそな銀行がかかわった予選については、近畿大阪銀行のところでまとめてやっています。しかし関西代表は音声収録に失敗して、何を言っているのかわかりません。
 島田商は、東京とニューヨークのビッグマックを食べ比べたいと言っています。長崎南山は、もっと音声が聞こえません。
 岐阜は「去年の先輩のかたきである灘高校を倒して」と言っています。千葉興業銀行と千葉銀行は共催なので両方のCMがあります。高松も昨年全国に出たチームだということがわかりました。北陸銀行は富山大会と福井大会のそれぞれでCMが入ります。
 北海道銀行のCMは背景に描かれている形が札幌ドームです。もはや北海道を象徴するものは、何年か前に来たばかりの一野球チームになってしまったのか。そして、金大附属を「富山代表」と表記するミスがありました。

 12時過ぎに再開です。今後の進行のルールが発表されました。プレゼン1位の5チームはその場で準決勝進出で、残り20チームは3つのコースに分かれます。早押しで8チームから2チーム、ボードクイズで8チームから2チーム、そしてマル秘の企画で4チームから1チームが準決勝進出です。
 休憩時間中に各チームに、どのコースを希望するかのアンケートをとったそうです。前日のクイズとプレゼンの得点が高いチームから、希望通りのコースに進めます。

 プレゼンの最優秀はグループBでした。これは異論がありません。誰が審査しても同じだったということです。しかし他の順位は言いません。それどころかここまでの各チームの得点も一切発表されないのです。この後、ナナマルサンバツ。

|

« 31回南九州大会(その1) | トップページ | 31回南九州大会(その2) »

コメント

ところで関係者の大前さんはエコノミクス甲子園好きなんですか?w

投稿: | 2012年3月 3日 (土) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54123568

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その9):

« 31回南九州大会(その1) | トップページ | 31回南九州大会(その2) »