« 31回南九州大会(その2) | トップページ | 31回南九州大会(その3) »

2012年3月 4日 (日)

第6回エコ甲全国大会(その10)

 テレビ東京で「スーパーマニアッククイZ」というのをやっていました。本職とマニアとどちらが詳しいかというもので、「ほこ×たて」でやっているのと同じではないか。結局、公開される2本の映画のタイアップ企画でした。マニアが「炎のチャレンジャーで100問正解して100万円取った」と紹介されていました。炎チャレを肩書きにするのは珍しい。そういえば文具王は、先日のNHKニュースに「文具評論家」という肩書きで出演していました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。司会者が、被災地の仙台第二にインタビューします。続いて「ずれたゼッケンが気になっています広大福山に」。

 早押しクイズです。タイトルは「クイズナナマルサンバツ」。これもタイアップです。エコ甲には前回からナナマルサンバツの作者が見に来ていて、今回の参加者募集ポスターにはナナマルサンバツの絵が使われました。
 ルールは文字通り7問正解勝ち抜けで、3問不正解で失格です。ダブルチャンスありです。問題がなくなると終了です。その場合は正解の多さ、不正解の少なさ、これまでの順位の順で、準決勝進出チームが決まります。
 このクイズをやるチームは、旭丘、会津学鳳、城ノ内、岐阜、福井高専、旭川東、津、長崎南山です。これはこれまでの成績順です。この中で、津だけが早押しが第1希望でなく第3希望でした。それでも長崎南山より上です。このクイズは横浜銀行と愛知銀行が担当します。

 1問目、市中償還原則という私が知らない言葉で旭丘が正解。2問目は城ノ内が不正解でダブルチャンスの長崎南山が正解です。3問目、ウォーレン・バフェットを城ノ内が正解。4問目は旭丘です。旭丘は難しい問題に答えています。
 5問目は津が不正解で、ダブルチャンスの城ノ内も不正解。6問目、「ゴルフでグリーン上のボール」で会津学鳳が押して不正解です。ダブルチャンスの福井高専が「バーター」を正解します。前半はパターというフリだったのです。この後、荒れる展開。
 

|

« 31回南九州大会(その2) | トップページ | 31回南九州大会(その3) »

コメント

「市中償還原則」ではなく「市中消化の原則」です。

投稿: root | 2012年3月 4日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54134557

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その10):

« 31回南九州大会(その2) | トップページ | 31回南九州大会(その3) »