« 第6回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その19) »

2012年3月21日 (水)

31回北九州大会(その3)

 CBCラジオを聞いていたら、いきなり高校生クイズのテーマ曲が流れました。うわさには聞いていましたが、ゴルフの中日クラウンズのテーマ曲って本当に「ハリウッド」なんですね。

 それでは北九州大会です。敗者復活のゲームのルールです。海側の方で5つの箱に砂を入れて満杯にして、90秒以内に舞台の方に持ってくるというものです。4つの箱には「30kg」、最後の1つの箱は大きくて「100kg」と書いてあります。1つにつき5チーム分の賞品を獲得で、最後の箱は10チーム分です。
 ここでNON STYLEと一緒に砂を入れる高校生を4人募集します。必要以上に砂を入れすぎているような気がします。5つ目が間に合いませんが、上の人の許可が出たといって、30チーム分の賞品が
 井上のボールペンが当たったのは、チャイナドレスの男がいるチームです。ボールペンも石田の衣装も石田が集めたサインも、なぜかすべて佐賀県のチームに当たります。佐賀なんか5チーム来ているかどうかも怪しいくらいなのに、この確率はなんだ。

 ペーパークイズの結果発表ですが、やはりあらかじめ福岡以外は別にされています。福岡だけで青ゲートをやります。まずは久留米高専の決勝進出チームを発表します。この地区は青ゲートがA~Cで勝つのは1グループです。Aグループの女子が乗ってブー。続いてBグループが乗るとピンポンです。なぜかファンファーレではありません。この時点で二十数チームになりました。
 次は赤ゲートです。久留米高専の舞台に上がったチームがブー。レディ・ガガのメイクの女子がブー。この後ひたすらブーが続きます。8チーム目ぐらいの男子がようやくピンポン。
 この後、久留米大附設のクイズ研が2チーム連続でピンポンです。これで後方にいる久留米大附設は自動的に失格になりました。
 この後、今度はこの県が事件。

|

« 第6回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54274170

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北九州大会(その3):

« 第6回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その19) »