« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

31回北九州大会(その8)

 今日の毎日新聞の奈良版に、東大寺学園クイズ研究部の紹介が載っています。部として参加に力を入れているのは高校生クイズと「基本問題実力ナンバー1決定戦」をうたうabcの二つ、さらにエコノミクス甲子園のことが書いてあります。週3回、「確定ポイント」の見極めなど、全国の強豪との対戦に備えた実践的な練習に励んでいるということです。「日常生活の中で『これは何だろう』という疑問を数多く持ち、さまざまな問題に興味、関心を広げていけることがクイズに取り組む最大の魅力。将来、さまざまなことにつながっていくと思います」。私がいたころは、誰もクイズなんかやってなかったんですけどね。だから今みたいなわけのわからない問題を覚えなくても勝てたわけですが。

 それでは北九州大会です。長崎の決勝の4問目、共通点を答える問題で長崎西が正解。5問目も共通点を答える問題で、長崎東が不正解。6問目はことわざで長崎東が正解します。7問目は長崎西が正解。
 8問目、父が勤で娘が麻里という芸能人を答える問題です。参加4チームだとこんなレベルの芸能問題が出るか。佐世保北が正解します。9問目も佐世保北が連取。10問目は長崎商が間違えますが、11問目は漫画の問題で長崎商が正解します。
 12問目は佐世保北が正解。13問目、「地声と裏声を交ぜて歌う」で佐世保北がホーミーと答えて不正解。正解はヨーデルでした。
 問題がだんだん簡単になってきます。14問目、昔話の問題で長崎西が不正解。15問目は小学校で習う問題で長崎東が正解。16問目、また昔話で佐世保北が正解です。
 17問目、長崎にやや関係ある問題で長崎西が正解。18問目を佐世保北が取って王手です。19問目、慣用句の問題で佐世保北が連取して決定しました。

 最後は福岡です。久留米高専の最多枠、福岡、自由ケ丘、修猷館、久留米大附設の2チームです。自由ケ丘は過去に決勝に出たそうです。久留米大附設は7チーム参加して、残った2チームはともに1年生です。
 1問目、フェイスブックの開発者で、全チーム不正解。修猷館は「アサンジ」と書きます。2問目は英語で全チーム正解。3問目は全チーム不正解で、差がつきません。この後、難しく考えすぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

第6回エコ甲全国大会(その23)

 昨夜、というか、午前4時台からTBSで、「イカさまタコさま」の特別番組をやっていました。それにしても次は朝のニュースが始まる時間帯って遅すぎないか。内容は、過去の問題を紹介するものでした。ゴールデンでのセットはさすがに深夜時代より大きくなっているようでした。ところで、よく考えたら水曜19時ってローカル枠ですね。関西などでは見られるのかどうかわかりません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の7問目、「景気の判断で乗用車新車販売台数」。東大寺学園だけ2口、他は1口ずつ保険をかけます。自動車の販売額の割合は低いのに景気指標として注目される理由という問題で、全チーム不正解です。ここで、保険を2口かけておいた東大寺学園の戦略が当たってトップに追いつきます。
 8問目、また事前学習教材の名前です。東大寺学園のみ保険を1口かけます。これは簡単な問題でしたが、会津学鳳のみ白紙です。これで東大寺学園が単独トップになりました。
 9問目、三択です。「次のうち貸金業法で」。逗子開成のみ無保険で他は1口ずつです。これはよく報道されている簡単な問題でした。会津学鳳のみ不正解で、東大寺学園が差を広げます。
 10問目、また事前学習教材の名前です。広大福山、逗子開成、東大寺学園が1口ずつです。生命保険の予定利率に関する問題で、金大附属と東大寺学園が正解です。金大附属が無保険だったことで東大寺学園に迫りました。
 11問目、「就職活動の一環として行うことの多い」。金大附属のみ1口です。問題は簡単で、広大附属、逗子開成、東大寺学園が正解。これで東大寺学園が92万円になって王手です。この後、男の司会が強引。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

31回北九州大会(その7)

 先週「雑学王」でやっていたペットボトルのふたの問題。私は知りませんでしたが、その後、JR東日本に乗ったら、自動販売機に大々的に広告が出ていて、新型販売機では動画映像まで流れているではないか。いかに普段、身の回りの情報に注意を向けていないかということです。s

 それでは北九州大会です。佐賀の決勝は致遠館が失格したので、点数の低いチームばかりになって時間がかかります。15問目は弘学館の昨年決勝で負けた男子が正解。16問目、早稲田佐賀の今まで押していない方が不正解です。
 17問目、「『もえ』と『なえ』に共通する部首」で弘学館の男子が押したのに、弘学館の混成のチャイナ服の男が思いきり答えを叫びます。18問目も弘学館の男子が正解して5ポイントです。
 19問目はスルー。20問目、梨の収穫量日本一の県という問題で、弘学館の男子が期待通り山梨と答えます。21問目は弘学館の混成が取って、22問目は弘学館の男子が不正解。これで2×になるとともに勝利はかなり遠のきました。
 代わって23問目で早稲田佐賀が正解して5ポイントになります。24問目は早稲田佐賀のもう一方です。25問目で最初の早稲田佐賀が正解して王手。26問目でもう一方が押しますが不正解です。こちらの早稲田佐賀も2×です。27問目を早稲田佐賀が正解して、ようやく決定しました。

 次は長崎です。4チームしかいません。佐世保北が「初めて出場して決勝まで来られて光栄」と言いますが、来ただけで決勝に出られるのにそのコメントはおかしいだろ。長崎西と長崎東は、どちらも先輩が出られなかったと言います。長崎商は女子です。
 1問目、フランス語と英語で世界遺産と言って、なんという言葉か当てるものですが、長崎西だけ「世界恐慌」と書きます。2問目は数学で、佐世保北のみ正解。3問目、ザウアークラウトやバームクーヘンはどこの国という問題ですが、これで長崎東しか正解できません。この後、そんなの出るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

第6回エコ甲全国大会(その22)

 番組表を見ていたら、金曜日の深夜にフジテレビで「戦闘中」という番組があるんですね。久しぶりにクロノスの新シリーズが作られるようです。でも少ない情報を見ると、「護衛中」と同じっぽいですが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の2問目、最初に読み上げられたのは、事前学習教材の名前だけです。これが問題文といえるのか? ここに載っていることが出題されるという意味です。会津学鳳、逗子開成、東大寺学園が1口ずつ保険をかけます。逗子開成だけが不正解で、初めて保険が有効に使われました。
 3問目、また事前学習教材の名前です。会津学鳳と広大福山が1口ずつ保険で、全チーム不正解。保険をかけたチームの方がリードします。
 4問目はプルデンシャルからの問題です。ここで、全国で647チーム参加したと言います。問題は「保険会社の健全性を表す指標の一つで」。逗子開成のみ1口保険です。これは簡単で、逗子開成のみ不正解。逗子開成は自分のことがわかっています。

 5問目、「ATMと略される」で、全チーム無保険です。問題文は「証券取引で、オプション取引の権利行使で損益が発生しない状態を何という」。これは解答者が見事に引っかかりました。このルールはこういう問題のためにあります。全チーム不正解です。
 6問目は最初に三択と言います。「さまざまな産業の基盤となることから」。金大附属が2口、広大福山が1口です。現在、産業のコメと呼ばれているものはどれという問題で、広大福山のみ不正解。ここまでの得点は、金大附属が58万円、会津学鳳が70万円、広大福山が58万円、逗子開成が34万円、東大寺学園が66万円です。この後、保険戦略で逆転。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

31回北九州大会(その6)

 NHKで「スゴロQジャパン」をやっていましたが、昨年夏の京都に続いて今回は沖縄でした。ところで、関西テレビの「冒険チュートリアル」では、「バスすごろくツアー」という企画があって、第1弾と第2弾が京都で、この前第3弾の沖縄をやったばかりです。どこの局も、すごろくをやろうと考えると京都と沖縄になるのか。

 それでは北九州大会です。佐賀の決勝の4問目は致遠館が正解。5問目はスルーで、6問目は前田敦子の問題で早稲田佐賀が正解。今年は地区大会では芸能がどんどん出ます。芸能問題が出る県は全国で勝ち残ると想定されていないところですが。
 7問目「日本で島の数が一番多いのは」で致遠館が押しますが不正解。「では二番目は」でした。8問目、やや難しい問題で致遠館が取り返します。次は早稲田佐賀が正解。10問目は前振りの段階で致遠館が正解します。致遠館は答える問題の傾向が、いかにもクイズ研です。

 11問目、芸能問題ですが、かなり早い段階で致遠館が押して正解。これで3年連続全国に王手です。12問目、「大辞林は日本の辞書ですが、ダージリンといえば」。高クイでは珍しいフリです。致遠館が押します。「インド」でブー。正解は紅茶でしたが、よくこれが問題会議を通ったな。これで王手が消えました。
 13問目、「気象庁、観光庁」で致遠館が押して、「国土交通省」と答えて正解です。ちなみに問題文の限定上、「国交省」なら不正解でした。再び王手になりました。
 14問目、致遠館が自信を持って押します。そしてウイニングアンサー「棚田」と叫ぶとブー。正解は段々畑でした。問題文に「畑」とあるところまで読まれているのですからうかつです。これで致遠館が失格になりました。3年連続全国を目指すチームが失格になるというのも今年の特徴です。この後、他人が答える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

第6回エコ甲全国大会(その21)

 昨日の「草なぎ剛の超がんばった大賞SP」では、「がんばった大賞プレミアム!伝説になった瞬間映像!!」という別番組が挟み込まれていましたが、テレビ欄などではわからなかった「クイズ$ミリオネア」が取り上げられていました。新庄剛志が鉛筆を転がすだけで1000万円とるところと、明石家さんまがテレフォンで大竹しのぶに電話するところが放送されていました。それにしても、フジテレビの先輩アナウンサーのNGとして、ニュースコーナーで爆笑しているところが映ってしまった露木茂の映像はいまだに使い続けられるんですね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。舞台転換をする間に各銀行の人を紹介します。そしてイー・アクセスが前日のプレゼンの準備とこれからの決勝のデバイスの協力をしているそうです。それで会場にブースが出て勧誘をしていたのか。金融知力普及協会はよくいろいろなスポンサーを探してきますね。

 いよいよ決勝です。金大附属、会津学鳳、広大福山、逗子開成、東大寺学園です。タイトルは「リスクマネジメントクイズ」。
 各チームの持ち点は50万円です。ボードクイズで正解するとプラス10万円、間違えるとマイナス10万円で、100万円になったチームが優勝です。まず、問題の最初の部分だけが読まれます。その時点で、正解できそうにないと思えば、保険をかけることができるのです。1口4万円で最大2口までかけられます。保険をかけた問題で間違えた場合、かけた保険金が倍になって返ってきます。つまり保険を2口かけて間違えても2万円しか減りませんが、保険を2口かけて正解しても2万円しか増えません。15問終了時に100万円がいなければトップのチームが優勝です。また得点がマイナスになると失格です。
 問題を読むのは愛知銀行と横浜銀行の人で、答えはイー・モバイルのタブレット端末に書きます。「世界ふしぎ発見!」みたいに、解答者が電子ペンで書いた答えを大画面に映すということが、ついに素人がやるクイズ大会でも実現できるようになったのです。

 1問目、「従業員へのボーナスとして導入する会社も多い」まで読まれます。金大附属と逗子開成が1口ずつ保険をかけます。これは容易に予想できます。正解はストックオプションで、全チーム正解です。正解したチームの解答画面が赤くなるところまでは開発できていないことがわかりました。この後、このルールのためにあるような問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

31回北九州大会(その5)

 今日はマクラのネタが全然思いつきませんので書きますが、TBSの小林悠アナウンサーは入社前にフリーアナウンサーをしていて、ヘキサゴンに出ていたんですね。そういえば小林はるかという名前で出ていたのを見た記憶があります。来月からTBSラジオの「たまむすび」を金曜日に担当しますが、「ザ・トップ5」を聞いていて、ここまでラジオに適した女子アナが眠っていたかと思いました。朝ズバを見ていてもその能力は全然わかりません。それにしても、「小島慶子キラ☆キラ」が始まったとき、番組の人気が出すぎてパーソナリティが増長してラジオを放り出して辞めるなどという終わり方を誰が想像できたでしょうか。

 それでは北九州大会です。大分の決勝の4問目は大分東明の合唱部が正解。5問目は大分東明のもう1チームが取ります。6問目「その園内にはメトロポリタン美術館がある」で合唱部が押して不正解になりますが、上重アナが問題文を最後まで読むとき、「…は何っ!」と、実際に早押しをしているときと同じテンションで読み上げます。
 7問目、8問目、9問目と合唱部が3問連続正解して、一気に5ポイントです。ここまで大分東明しかボタンを押していません。
 10問目はスルーで、次で初めて鶴崎工が押しますが不正解。12問目を合唱部が正解して王手になります。13問目、「紀元前221年、中国の王朝としては」で合唱部が押して、一気に決定しました。

 次は佐賀です。致遠館のリーダーはイカをかぶっていますが、2年連続で全国大会に行っています。「ライバルはいますか」と聞かれて「全国です」。弘学館の混成チームにはチャイナドレスの男がいます。一方、弘学館の男子チームは昨年決勝で負けたそうです。早稲田佐賀が2チーム、去年はペーパーで落ちたと言っているチームがいます。
 1問目、新幹線で最も南にある駅で、致遠館と早稲田佐賀の1チームだけ正解。弘学館の男子は「新鹿児島」と書きました。2問目は英語の問題で、弘学館の混成のみ不正解。usをasと書きました。3問目は簡単な算数の問題で全チーム正解です。この後、珍しい前振り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

第6回エコ甲全国大会(その20)

 番組表を見たら、来週「世界びっくり旅行社」があるんですね。児玉清の死去で二度と放送できないと思っていましたが。途中でメイン出演者が江口洋介に変わるというと「ガイアの夜明け」かと思ってしまいます。あと、「クイズ ホールドオン!」の事前番組もありますね。亡くなったわけでもないのに司会を変えられた天野ひろゆきはどう思っているでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。仙台第二VS逗子開成。アナウンサー部分は逗子開成の圧勝です。コメンテーターへの質問は、年金制度が破たんして個人で備える人が増えるとどうなるかというものです。逗子開成はかなり専門知識を入れたコメントをしていますが、事実誤認があるような気がするのですが。しかし旗は仙台が2本、逗子が3本で、14対27で逗子開成の勝ちです。

 ここまで先攻のプレゼン1位と後攻が2勝2敗です。最後は東大寺学園VS島田商。テーマはTPPです。東大寺学園が「TPPについては事前に対策している」。
 東大寺学園はアナウンサー部分は完璧と思っていたら、混合診療とEPAを間違えます。一方、島田商のアナウンサーは早口すぎます。コメンテーターへの質問は、労働者の国際移動の自由化のメリットとデメリットです。旗は東大寺学園が4本で、36対17で東大寺学園の勝ちです。
 しかし内容は他の対戦に比べてかなり接戦だったと思います。島田商は相手に東大寺学園を指名したことについて、初出場の静岡としての存在感を示したかったからだと言いますが、もう一人が「だから(やめろと)言ったのに」。
 この後、ついにこんなことが可能に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

31回北九州大会(その4)

 マクドナルドのトレーに載る紙で、アルバイト募集がありますが、あれに載っている人で一番年配の女性が、エコノミクス甲子園の女の司会に見えて仕方ありません。どうでもいいことですが。

 それでは北九州大会です。福岡の結果発表は、昨年決勝敗退のチームがピンポンになります。次はブー。生徒会長のいる混成チームがブー。この時点で残り5チームです。ブーの後、男子チームがピンポンですべて決定しました。

 佐賀も大分も赤ゲートのみです。しかし落ちるチームはごく少ない。そして長崎は結果発表がありません。4チームしか参加していないことが判明しました。過去に島根や高知や佐賀で同様の事例が発生しましたが、今回は佐賀ではなく長崎に波及です。第32回は、九州もトレーラーが回って単県大会になるでしょうか。

 大分の決勝です。鶴崎工、大分高専、安心院と大分東明の2チームです。大分東明の後輩が合唱部で、歌声を披露します。ところで、大分高専のゼッケンには「大分工業高」と書かれています。これでは完全に大分工業高校(これも実在する)の意味になってしまいます。
 1問目、オリンピック競技の問題で、鶴崎工のみ正解。2問目はHDDの最後のDは何の略という問題で、安心院のみ不正解。Hは何の略と聞き間違えたそうです。3問目、ジャニーズに関する問題で、これは難しいかと思いましたが、大分高専と大分東明の合唱部が正解。東明のもう1チームが白紙で残りは誤字でした。芸能だとこのレベルでもできるか。この後、上重アナが無駄な読み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

第6回エコ甲全国大会(その19)

 書店に行ったら、NHKテキストコーナーのところに、「すイエんサー」の本が置いてありました。

 これはテキストじゃないと思うんだけど。とにかくすイエんサーの本が出ているとは知りませんでした。この番組は絶対1年で終わると思っていたのに、4月から4年目に突入というのが驚きです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。準決勝の2試合目は高岡VS会津学鳳です。ここで急に、シンキングタイム中にアナウンサーとコメンテーターは相談できないと言い出します。実はもともとそういうルールだったのですが、先ほどはルール説明の紙が見つからなかったそうです。
 テーマは「東南アジア」なのですが、一村一品運動とか意外な穴埋め語を聞かれます。そしてコメンテーター問題は、日本は拠点をアジアにもっと移すべきかというものです。前半の穴埋めは会津学鳳が圧倒していました。コメンテーターは高岡が2本、会津学鳳が3本ということで、18対35で会津学鳳の勝ちです。

 次は広大福山VS熊本です。テーマは「雇用問題」。穴埋めは就職氷河期などです。コメンテーター問題は、高齢化社会で働き手が減少することに日本はどう対応すべきかというものです。熊本は穴埋めは1問しか正解できませんでしたが、コメンテーターは2本対3本でリードしました。結果は広大附属が26点、熊本が19点です。

 次は仙台第二VS逗子開成です。テーマは「年金問題」ですが、前の対戦で年金関係の穴埋めも出ているのに、また年金をやるのか。この後、だから言ったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

31回北九州大会(その3)

 CBCラジオを聞いていたら、いきなり高校生クイズのテーマ曲が流れました。うわさには聞いていましたが、ゴルフの中日クラウンズのテーマ曲って本当に「ハリウッド」なんですね。

 それでは北九州大会です。敗者復活のゲームのルールです。海側の方で5つの箱に砂を入れて満杯にして、90秒以内に舞台の方に持ってくるというものです。4つの箱には「30kg」、最後の1つの箱は大きくて「100kg」と書いてあります。1つにつき5チーム分の賞品を獲得で、最後の箱は10チーム分です。
 ここでNON STYLEと一緒に砂を入れる高校生を4人募集します。必要以上に砂を入れすぎているような気がします。5つ目が間に合いませんが、上の人の許可が出たといって、30チーム分の賞品が
 井上のボールペンが当たったのは、チャイナドレスの男がいるチームです。ボールペンも石田の衣装も石田が集めたサインも、なぜかすべて佐賀県のチームに当たります。佐賀なんか5チーム来ているかどうかも怪しいくらいなのに、この確率はなんだ。

 ペーパークイズの結果発表ですが、やはりあらかじめ福岡以外は別にされています。福岡だけで青ゲートをやります。まずは久留米高専の決勝進出チームを発表します。この地区は青ゲートがA~Cで勝つのは1グループです。Aグループの女子が乗ってブー。続いてBグループが乗るとピンポンです。なぜかファンファーレではありません。この時点で二十数チームになりました。
 次は赤ゲートです。久留米高専の舞台に上がったチームがブー。レディ・ガガのメイクの女子がブー。この後ひたすらブーが続きます。8チーム目ぐらいの男子がようやくピンポン。
 この後、久留米大附設のクイズ研が2チーム連続でピンポンです。これで後方にいる久留米大附設は自動的に失格になりました。
 この後、今度はこの県が事件。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

第6回エコ甲全国大会(その18)

 毎日新聞のサイトに載った、琉球新報の記事(毎日新聞は琉球新報と提携)。

――――(ここから)――――

海開き:冷たいけどきれい! あざまサンサンビーチ /沖縄
 【南城】南城市知念の「あざまサンサンビーチ」が18日、海開きし、青空の下、家族連れや中学生のグループらが訪れ、海水浴を楽しんだ。砂浜では海開きフェスティバルが開かれ、沖縄本島では最も早い海開きをアピールした。
 市内のみなみ保育園の園児による踊り、沖縄プロレスのモズクマン対勇順マブヤーショーなどが繰り広げられた。同ビーチの遊泳期間は10月31日まで。
 南城市観光協会の潮平隆会長は「オープンガーデンなどの行事とサンサンビーチをつなげて、多くの人を集められるよう頑張りたい」と語った。
 同市佐敷つきしろから訪れた山田夏妃さん(9)は「ことし初めて泳ぐ。海水は少し冷たいけど海がきれい」と笑顔で語った。
(琉球新報)

――――(ここまで)――――

 あと3カ月すると、ここで別の「開き」もあるわけですね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ニュースキャスタークイズの最初の対戦は金大附属VS旭丘です。旭丘は「金大附属の正式名称を言いたいというのだけで選んでしまったので」。クイズマニアだと金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校という言葉を覚えて使ってみたいわけです。「クイズ!スピードキング」の最終ラウンドの1問目にこの問題が出ないかな。
 先攻と後攻の問題は同じなので、旭丘はヘッドホンと目隠しをします。シンキングタイムでは、そのチームの地区の銀行のCMがかかります。そして、本物のニュース番組そっくりのオープニングが流れるのです。こんなものまで作るのか。
 テーマは金融危機です。前半は両チームとも2問正解でした。ギリシャが債務不履行になった場合、日本への影響はというコメンテーター問題で、金大附属が旗3本、旭丘が2本です。23対18で金大附属が勝ちました。発表がボクシングのリングアナウンスみたいです。旭丘のインタビューで「金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校さんが強かったので仕方ないです」。この後、急にルールが追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

31回北九州大会(その2)

 東京の一部のセブンイレブンで、無線LANができる「7SPOT」が導入されています。今ここで、「ウルトラ巨人クイズ」というキャンペーンをやっています。アクセスするとジャイアンツに関するクイズに答えられて、累計3問正解するとその場で、今月は阿部慎之助のメモホルダーがもらえます。さらにそれを持って東京ドームの巨人戦に行くとピンバッジがもらえるそうです。7SPOTは結構便利で、このブログの文章も7SPOTから送信したことがあります。ところで、「野間口選手の契約金は?」とかいう問題が出るわけではないよな。

 それでは北九州大会です。三択の3問目は国旗の問題。かなり難しいかと思いましたが、30チームぐらいがすべて同じ答えにいます。そして正解で、全チームが準決勝進出しました。上重「(三択をやった)この30分はどうするんだ」。そして敗者復活がなくなってNON STYLEが出られなくなって、上重アナが舞台で土下座します。あまりに時間が余るので、高校生のいる方に出てきます。次の出番が1時間半先になったそうです。

 ペーパークイズの1問目はNON STYLEの幻のコンビ名です。その後、NON STYLEの漫才です。「ブログが週7回炎上してる。ひょっとしたら荒らしてるメンバーがここにおるかもわからんやろ」。
 抽選会の賞品として、石田の衣装と井上のボールペンです。このボールペンは麒麟田村のスペインみやげだそうです。井上は昨年の北九州大会のパーソナリティが麒麟だったことは知るまい。さらに、石田が集めた20人のサイン色紙です。華丸大吉、しずる、はんにゃ、パンクブーブー。ここで高校生の歓声が低くなって、露骨に人気がわかります。「芸人ベストパフォーマンス」、パンクブーブーが圧倒的につまらなかったしな。さらにインパルス、ハイキングウォーキング、インパルス、もう中学生、野性爆弾、渡辺直美、オリエンタルラジオ、ピースです。

 NON STYLEが、日テレもプレゼントを出せと言い出します。福岡アナが、プレゼントを準備させると言います。今までに見たことがない変な演出です。すると「ビーチサンドリレーin地行浜」。もしかして、敗者復活の要求でやる予定だったゲームを強引にここに突っ込んでるのか? この後、異常に偏る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

第6回エコ甲全国大会(その17)

 TBSで土曜の昼に2時間続けてクイズ番組をやっていました。新しい番組の開発に必死なのが伝わってきます。しかし「なるほど!ココロン!」のベースは「クイズ100人に聞きました」で「一攫千金!赤坂カジノ」のベースは「クイズダービー」か? 過去の資産に頼るしかないんだな。そういえば、昨年夏に放送された番組のビデオを見たら、赤坂サカスのイベントでTBSの人気番組のセットを再現と言っていたのですが、映っているのが現在の番組ではなく大昔の番組のセットばかりではないか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。準決勝の対戦ですが、プレゼンで1位だったグループは、すでにテーマを選んでいます。高岡が「東南アジア」、仙台第二が「年金問題」、広大福山が「雇用問題」、金大附属が「金融危機」、東大寺学園が「TPP」です。
 今勝った5チームは、対戦相手を指さして「おまえを倒す」と言います。まず島田商は東大寺学園を指名。熊本は「広大福山さん、おまえを倒す」。会津学鳳は「高岡高校さん、あなたを倒したいと思います」。旭丘は「金沢大学人間なんちゃらなんちゃら」と言ってから、金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校という正式名称を言います。残った逗子開成は「仙台第二の方、お願いします」。

 休憩をはさんで準決勝です。司会者が、エコ甲史上最も複雑なルールと言います。タイトルは「ニュースキャスタークイズ」。
 チームの2人がアナウンサーとコメンテーターになります。アナウンサーがやるのは、23、24回のゆとり高校生クイズの準決勝と同じです。テーマに関する原稿があって、空欄が6カ所あります。アナウンサーはそれを埋めて読まなければいけません。1カ所正解するごとに4点です。正解不正解は、その部分を読んだときに即座に判定されます。
 そして原稿の最後に、テーマについての論述問題があって、コメンテーターに「どう思いますか」と言うと、今度はコメンテーターが答えます。コメントの判定は、審判5人が、どちらのチームがすぐれていたか旗を上げます。旗1本につき5点です。総合得点の上位が勝ちです。審判は、ジャーナリストの高橋のぶ子と千葉銀行、十六銀行、シティグループの人、ラッセルの会長です。
 原稿を渡されるとシンキングタイムが60秒あって、90秒で読み上げて、60秒でコメントします。アナウンサーが時間オーバーするとコメンテーターの時間が減ります。この後、言いたいだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

31回北九州大会(その1)

 「ナナマルサンバツ」の単行本に、まだ物語内の時間は1カ月ぐらいしかたっていないと書いてあります。ということは、そろそろ高校生クイズの募集があるということでしょうか。今、高校のクイズ研を描くのに、高校生クイズは避けて通れないでしょう。高校クイズチャンピオンシップとかいうテレビ番組が出てくるのかな。近年の、事実上ペーパーで勝者を決める大会を描くのでしょうか。

 それでは7月26日の北九州大会です。会場は今回もシーサイドももちです。南九州よりも参加者が少ないように見えます。夏休み中であっても日曜日の方が出やすいのか。
 福岡放送の編成局長のあいさつがあって、ライオンの九州チェーン統括の開会宣言です。ここはスタッフにまぎれてNON STYLEが隠れているという、今までにないパターンです。「全国大会行くぞ。もっとオーッって言いやすいのいくぞ。井上殴りたいかーっ」。
 表彰されるのは久留米高専です。ガスマスクみたいなのをかぶった生徒が舞台に上がります。宣言は、「希望者に本気のキスしちゃうぞ」。

 上重アナは登場前の音声で最初に名乗ります。桝アナと期待させないためか。ビクトリーと叫ぶときの高校生への呼びかけは桝アナと同じです。炎が出た後の「熱い」の言い方が下手でウケません。「高校生の青春に、ズームイン」というポーズをやります。今やズームインのポーズは桝アナもできないので上重アナの専売特許です。

 「1回戦はなんですか」と言って、高校生が○×と答えると「ノンノンノンノンノンスタイル」。
 1問目、フタバスズキリュウの問題です。この地名は震災以降さんざん出ているのだから答えられるでしょう。最も多いところが正解です。2問目、クイズベタで、ウルトラクイズの○×でも出ました。しかしどの答えも同じくらいの人数になります。
 この時点で残っているのは30チームぐらいでしょうか。この後、上重アナが土下座。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

第6回エコ甲全国大会(その16)

 夕方にあるゲームセンターに行ったら、クイズマジックアカデミーの新バージョンのため、筐体をバラしたりソフトをインストールしたりの作業をしていました。こんなの営業時間中の一番のかき入れ時にやるか? ちなみにこの日から稼働するという張り紙がしてあります。プレーするために待っていると思われる人もいましたが、この後何時間かかったのかわかりません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。マル秘クイズの4チームが何もない舞台に座らされます。ここでようやくクイズ名が発表されます。「復活 魔の札勘クイズ」。第2回と第3回の全国大会でやりましたが、それと同じルールです。

 中国銀行、百十四銀行、北陸銀行、静岡銀行の人が、それぞれパネルを持っています。そこに書いてあるのは「日本の国防予算」「インドネシアの名目GDP」「プルデンシャルファイナンシャルの総資産」「東証1部の年間取引額」。
 これから、模擬紙幣で指定された金額を正確に用意できたチームから、パネルを選ぶことができます。最も価値の大きいパネルを選んだチームが勝者です。ただし、5分以内にできないと、パネルを選ぶことができません。金額が正しいか確認するのは西日本シティ銀行と北國銀行の人です。
 いくら数えるのかをまだ決めていませんでした。女の司会が「私の年収で」と冗談を言ってから、この会場を1日借りる料金の56万円ということになります(エコ甲の主催者は割引料金が適用されて、実際はこれより安く借りている)。そして模擬紙幣が1枚5000円であることが初めて明かされます。つまり112枚数えなければいけません。

 模擬紙幣の肖像は、前回優勝者になっています。まず、島田商が112枚用意しますが間違っています。続いて松山西も失敗。横手も失敗。2回目の島田商の確認をしているときに5分たちました。これは企画倒れの可能性が出てきました。
 しかし島田商は正しくて、この時点で自動的に勝ち抜けが決まりました。それでも一応パネルを選ばせます。東証を選びました。これが1位で正解でした。紙幣の枚数の確認さえできなかった昭和薬科大附属は、電子マネーを使うと言いました。この後、おまえを倒す。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

31回南九州大会(その8)

 日本テレビで火曜22時にやってる番組は何と言いましたっけ。「スター☆荒牧陽子会議」? その番組で、また小学生対クイズ芸能人のウルトラクイズをやっていましたね。きのこ少年が、簡単な問題が出ても余計なことを考えて押せません。これが専門の学問とクイズとの違いで、クイズは表面的なことを知っているだけのゲームです。だから、どこかのクイズ番組が、これに勝つことが東大に入って日本社会を変える人になるかのように扱うことは、非常に違和感があります。

 それでは南九州大会です。熊本の決勝。第二の男子は物理部ですが、物理部で実質的にやっていることはクイズだそうです。第二の女子は写真部です。司会が「クイズ以外やってますか」。熊本の3年は昨年も決勝に出たそうですが、1回もボタンを押せませんでした。熊本の2年は、1年間クイズをやっていたそうです。3年の方は色が黒くて2年の方は色が白い。そして真和です。

 1問目は簡単で全チーム正解。2問目、2番目に小さい国で第二の女子のみ不正解。3問目、九州新幹線で佐賀県にある駅です。みんな「鳥栖」と書く中、熊本の2年のみ正解。と思ったら、全チーム不正解になります。よく見たら、新鳥栖の「栖」のつくりが酉になっています。そして、鳥栖と書いたチームもすべて酉になっていました(真和は「とす」)。

 4問目は熊本の2年が正解。5問目は熊本の3年です。初めてボタンを押せました。「思ったより少ない力で押せるな」。
 6問目は日本史で熊本の2年が不正解。7問目は算数で熊本の2年が正解です。しかし8問目、9問目は熊本の3年が連取。10問目は熊本の2年が正解して1点差です。
 11問目、熊本の3年が答えて王手。ここまで熊本の2チームしか押していません。12問目は南九州の問題で熊本の3年が正解して決定しました。
 3年間で一度もボタンを押せなかった第二の男子に押させます。「普通ですね」。さらに第二の女子にも押させます。感想は「柔らかかった」。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

第6回エコ甲全国大会(その15)

 フジテレビの「今夜解禁!!マジックのタネここまで見せるかSP」を見たら、スピードキングが出ているではないか。クイズマニアが普通のタレントに交じって出演できるようになったか。十数年前の関西ではクイズマニアがよくタレント代わりに出ていましたが。それはそうと、視聴者がタネを当てて100万円当たるクイズですが、番組ホームページから応募してもずっと「Internal Server Error」が出たままです。フジテレビのゴールデンの全国ネット番組でそんな企画をやったら、サーバーの能力がもつわけないじゃないか。自分たちの影響力がわかっていないのか? 昔の「電話が大変つながりにくくなっております」というのを久しぶりに思い出しました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。コンビンスクイズは封筒に入った9問の中から選びます。まずは熊本。日本で最初に銀行をつくった人は、川のようなものと言ったが、水のしずく、川の流れ、農家がそれぞれ何を表すかという問題です。全員が旗を上げて勝ち抜けです。
 次は逗子開成です。クレジットカードの裏に自筆でサインをする理由です。要するに本人確認と答えて、4人が旗を上げます。これで終了しました。地区大会も全国大会も、ボードクイズの通過クイズに意味がありませんでした。
 これで灘もラ・サールも敗れました。過去の優勝校で残っているのは東大寺学園だけです。高松は、このクイズ以前にプレゼンで1位を取って勝ち抜けられなかったのがくやしいと言います。

 最後のマル秘のクイズです。島田商、松山西、横手、昭和薬科大附属です。このクイズを選ぶと、ルールがわからない代わりに特典があります。準決勝の対戦相手を最初に決められます。準決勝は、プレゼン1位グループのチーム対残りのチームの1対1の対戦であることがわかりました。対戦相手を選ぶ順は、このクイズの勝者→早押し1位→ボード1位→早押し2位→ボード2位です。ということを画面に表示させると、マル秘クイズが何であるか書いてあるではないか。男の司会があわてて画面を消させます。この後、女の司会の年収。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

31回南九州大会(その7)

 昨日の「世界まる見え!テレビ特捜部」のスペシャルで、アメリカの追放クイズというのが紹介されていましたね。視聴者参加クイズながら前半は「お笑いウルトラクイズ」そのもの。そして決勝は、TBSが年1回ぐらいの特番で造りそうなセットにそっくりでした。ただ問題自体は、日本でやっているクイズ番組とまったく変わらないものでした。スタジオ出演者が口々に、日本ではこういう番組はできないと言っていたのですが、だからこの局でほとんどこれと同じ番組を何年か前まで放送していたではないか。

 それでは南九州大会です。宮崎の決勝の4問目は日向学院が正解。5問目は宮崎大宮です。問題は難しくありません。6問目、宮崎の観光地の問題で、宮崎第一の2年がかなり早く押します。次は宮崎第一の1年です。ここまでずっと違うチームが答えています。
 8問目、簡単な慣用句の問題で日向学院が早く押します。9問目はかなり簡単な芸能問題で日向学院が連取して一気に王手です。
 しかし10問目は宮崎第一の2年が正解。次は科学で、宮崎西が初めて押して間違えます。12問目、過去に全国放送されたこともある問題で、宮崎西が再び押しますが答えられません。2×です。
 13問目、「アスワンハイダムは」で日向学院が押します。これで決定と思ったら不正解。一度王手になってそれがなくなるというのも今年の特徴です。
 14問目、江戸時代の三大改革で、日向学院が押して天保を正解します。これは順番があるからこれしか答えにならないということですね。再び王手です。
 15問目「グランドピア」で宮崎大宮が押してアップライトピアノを正解。16問目も宮崎大宮がかなり早く押して、ここも王手で並びます。
 17問目、「夕暮れを表す」で宮崎第一の2年が押して「たそがれ」と答えますが不正解。漢字に出てくる色はという問題でした。そして18問目、語源問題を宮崎大宮が早く押して正解。山田ルイ53世が「逆転満塁ホームラン」と叫びます。日向学院は3年連続、決勝で敗退だそうです。この後、柔らかかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

第6回エコ甲全国大会(その14)

 TBSで正月にやった「誰も見たことない映像クイズ『アリス』」を毎日放送でやっていました。改めて見たら、セットに黒い高校生クイズボタンを使っています。これは珍しい。
 ところで来週は毎日放送で、「未確認情報ジャッジバトル!ブラックORホワイト!」をやります。TBSでは昨年7月に放送されたものです。酒をちゃんぽんすると悪酔いするとかいったうわさを白か黒か判定するというもので、いま思えば「怪しい噂の集まる図書館」のもろパクリです。当時はレギュラー化されていないから気づかれなかったか(この直後に怪しい噂の集まる図書館も放送されているが)。もっとも、現在は怪しい噂の集まる図書館が完全に別の番組に変質してしまったので、今なら内容がかぶらないとも言えます。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ボードクイズに出るのは、市川、逗子開成、灘、早稲田本庄、甲府南、熊本、ラ・サール、高松です。出題はりそな銀行と阿波銀行です。
 1問目の正解は市場化テストですが、全チーム無回答。なぜか会場から拍手が起こります。高松が握手しています。間違った答えを書いていて、それを消して無回答にしたからです。2問目は東証のゆるキャラで、またも全チーム無回答。これは私もわかりません。
 3問目は純資産倍率と1株当たり純資産から株価を計算するというもので、灘と熊本が正解。逗子開成が無回答で、他は不正解です。

 4問目はプルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命の出題です。所得税の生命保険料控除と介護保険料控除を合わせて今年からいくらになったかという問題で三択です。逗子開成と早稲田本庄が正解で、灘と高松が不正解です。
 5問目の正解はスマートグリッドで、市川、逗子開成、灘、熊本が正解。他は無回答です。6問目は簡単だと思いましたが正解は熊本と高松だけ。灘と甲府南が白紙です。これで熊本が9ポイントで独走しています。
 7問目は逗子開成と灘が正解で他は白紙。8問目は「IMFの前と今の専務理事はどこの国の人」という問題で、市川、逗子開成、甲府南、熊本が正解。灘と高松が不正解です。これで熊本が12ポイント、逗子開成が11ポイントになりました。熊本から先にコンビンスチャレンジをやります。この後、先にばれる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

31回南九州大会(その6)

 フジテレビで「Q1~史上最速の頭脳スプリントバトル~」をやっていました。頭脳王を意識したような企画で、またこの固定メンバーかという感じでしたが、クイズ内容は新しい。このところのクイズ王番組が、一般視聴者にはわけのわからないことを聞いていたのに対し、今回は問題自体はかなり簡単ですが、見せ方を変えることで十分、頭の良さを感じさせる演出になっています。むしろこの番組の方がワールドクイズクラシックとか頭脳王よりもゴールデンでやるのにふさわしいと思います。あと、WQCのときも書きましたが、今のクイズマニア上位を苦しめるには、訓練する機会のないビジュアルクイズだと思いました。全問、決勝後半のクイズでもおもしろいと思います。

 それでは南九州大会です。鹿児島の決勝の4問目はラ・サールの2年が正解。5問目はエビの名前が並びますが、ラ・サールの3年が「イセエビ」と言って「もう1回」で正解です。6問目、「イギリスを構成する4つの国は」でラ・サールの2年が押してウェールズと答えますが、さすがに無理があります。スコットランドでした。
 7問目は語源だけでラ・サールの2年が押して正解。8問目「1862年に薩摩藩の尊皇攘夷」でラ・サールの2年が押して生麦事件と答えて不正解です。これで2×です。9問目「著書『雇用・利子および』」でラ・サールの2年が押してケインズを正解。2×なのにここで押せるか。
 10問目はラ・サールの3年が正解。次も取って、3年が王手になりました。2年の方が圧倒的に押していますが、ミスがない分、いつの間にかリードしていました。
 12問目、私の知らない前フリで2年が正解。しかし13問目を3年が取って決定しました。早押しはラ・サール以外が1回も押しませんでした。

 宮崎の決勝です。日向学院は3年連続で決勝に出ています。宮崎大宮はリーダーが野球部で、すでに負けて引退したそうです。宮崎西のリーダーは、10年前から高校生クイズを見ていたと言います。宮崎第一は1年生のクイズ研のチームと2年生のクイズ研のチームです。
 1問目、四字熟語で全チーム正解。2問目、Q1にも出ていた簡単な問題で全チーム正解。3問目、都道府県の簡単な問題で全チーム正解。この後、逆転満塁ホームラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

第6回エコ甲全国大会(その13)

 山口美江といえば、私が覚えているのは、「世界まるごと2001年」の司会をやっていて、解答者のビートたけしがバイリンギャルの山口をからかって「勃起は英語で何というんだ」と言って、山口が恥ずかしそうにerectionと答えたところです。日本テレビの選挙特番で、CM入りのたびに「election」と言う回がありましたが、LとRを最も間違えてはいけない単語だと思いました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。早押しは2チームが王手ですがほとんどのチームが2×です。32問目、急に簡単な問題が出て、会津学鳳が勝ち抜けました。33問目は長崎南山が取ります。34問目はまた簡単な問題で、福井高専も王手になります。しかし35問目は旭丘が正解して勝ち抜けました。
 長崎南山は「守りに入りすぎたというのと、黒田さんが怖すぎた」。旭丘は「我らが大名古屋帝国の支配下である岐阜県の岐阜高校のためにも頑張りたいと思います」。

 次はボードクイズです。タイトルは「BtoCクイズ」。BはボードでCはコンビンスです。convinceとは、納得させる、理解させるという意味です。選挙はelectionであってerectionではありません。
 ボードクイズの正解は3ポイント、不正解はマイナス1ポイント、無回答は0ポイントという、いつものルールです。10ポイントになると通過クイズのコンビンスチャレンジです。論述式の問題で、審判が納得すれば勝ち抜けというものです。10秒考えて30秒で答えます。審判5人のうち4人が旗を上げれば正解になります。不正解の場合はマイナス4ポイントでボードクイズに戻ります。
 審判は、解答者にいない地区の銀行から選んで、秋田銀行、千葉興業銀行、南都銀行、北海道銀行、沖縄銀行ですが、女の司会が千葉興銀のことを「日本興業銀行」と言ったまま気づきません。そして解答者に市川がいるではないか。日本興業銀行(現在はみずほ銀行だが)だと思っているから千葉が審判になっていることに気づかなかったか? この後、意味不明の拍手。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

31回南九州大会(その5)

 週刊ポストに「女子アナ40年史『同期ライバル対決』の最終決算」という記事が載っています。この中で、有賀さつきが旧中山道を「いちにちじゅうやまみち」と読んだという伝説という部分に、わざわざ欄外に注釈がついていて、有賀本人は否定していて、別の局の女子アナのNGとして紹介しただけといわれる。本人の名誉のために記しておくと書いてあるのです。週刊ポストで、欄外に記事本文の注釈を載せるなんて見たことがありません。
 私はたまたま、実際の場面を見ていました。「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」で、放送での失敗について、日本テレビと思われる女子アナが「いちにちじゅうやまみち」と読んだというフリップを紹介するときに、「正しくは『きゅうちゅうさんどう』ですよね」と言ったのです。つまり有賀の読み間違いは「きゅうちゅうさんどう」です。これが、ネタとしておもしろい「いちにちじゅうやまみち」と読んだという話にすり替わったのでしょう。ウィキペディアには正しい話が書いてあります。それにしても、何でこの人が今はクイズ番組で「漢字の魔女」などと言われているのでしょうか。

 それでは南九州大会です。ペーパー結果発表の熊本の赤ゲート。1チーム目の女子はブー。負けたときに「ZIP!」のポーズをします。2チーム目は舞台に上がった空手部の女子です。ブーです。3チーム目の女子もブー。どの地区も前の方に女子を固めてブーというのが恒例になっています。
 さらにブーが続いて、6チーム目がピンポン。またブーが続いて、10チーム目がピンポン。次も続けてピンポンです。
 12チーム目の女子がブー。ここもZIP!のポーズをやります。そういえば、今ZIP!で最も盛り上がっているのは、速水もこみちが今日もオリーブオイルを使うかということのようですね。13チーム目がピンポン、14チーム目の女子もピンポンで、残りは失格です。

 鹿児島の決勝です。玉龍の混成、ラ・サールの2チーム、鳳凰の3チームです。ラ・サールはクイズ研前部長の3年生チームと2年生チームで、現部長のチームは負けたそうです。鳳凰は混成の3年と男子の1年と女子の最多枠の2年です。1年生チームのリーダーが鼻にティッシュを詰めています。くしゃみをしたら鼻血が出たそうです。
 1問目、終わったばかりの女子サッカーW杯のMVPです。ラ・サールの2チームと鳳凰の最多枠が正解。玉龍は「穂希」ではなく「穂稀」と書きました。2問目、太陽系の惑星をアルファベット順で書くと最後になるのは。ラ・サールの3年のみ正解。ラ・サールの2年はスペルが違いました。3問目は夏目漱石の問題で、鳳凰の1年のみ不正解。
 早押しに切り替わると、鳳凰の1年のティッシュもなくなりました。この後、連続勝負押し。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

第6回エコ甲全国大会(その12)

 昨日の「芸人ベストパフォーマンス」ですけど、オリエンタルラジオが漫才を10分やったらちゃんとおもしろいものになっていました。若いときに地道な芸をする場がなくて変な使い方をされてつぶされたのかと思いました。ところで、ナイツが今までどこのテレビでもできなかったネタというのをやっていて、数分間にわたって伏線のために一切笑いのない話をしていました。しかし私は、このネタをNHKで見たぞ。こういった特別番組でなくても普通にそういう本格的なネタを流せる枠のあるNHKの方がすごいと思ったのでした。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。早押しの19問目は会津学鳳が正解。20問目「LG、ネクソン、そして電機メーカーの」で福井高専が韓国を正解します。21問目は旭丘が正解。
 22問目の正解はポートフォリオですが、岐阜が「分散投資」と答えます。問題の最後に「カタカナで」とあったので不正解です。ダブルチャンスの福井高専が正解。これで岐阜が失格です。この時点でトップは旭丘と会津学鳳と福井高専の4ポイントです。
 23問目も24問目もスルー。社会人には常識と思われることを聞いていますが、高校生は知りません。

 25問目、格安航空会社の名前を答える問題で、長崎南山が「ピーチ」と言います。「もう一度」になりますが、結局不正解です。しかしピーチアビエーションのことをピーチと言うのはおかしくないでしょう。ここで審議に入ります。そして会場から拍手が起こって、正解ということになります。これで長崎南山は失格を免れました。
 26問目は福井高専、27問目は旭丘が正解。28問目、「経済が発展するにつれて」で会津学鳳が押して、何か叫びます。何の法則か聞こえませんでしたが正解になります。

 29問目を会津学鳳が正解して王手。30問目は旭丘が正解してこちらも王手。しかし31問目、「外国の企業や投資家が日本国内で」で会津学鳳が押して答えられません。ダブルチャンスの旭丘が「サムライ債」と答えると不正解。問題に続きがあってショウグン債でした。これで6ポイントの2チームがともに2×です。この後、黒田と大名古屋帝国。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

31回南九州大会(その4)

 本日の「はなまるマーケット」のゲストは福澤朗でした。福澤の妻によると、自分の話が3分以内にオチにならないと、福澤はいつの間にかリビングから消えるそうです。新橋で売っている切腹最中というのを紹介していました。過去に他局の番組でも見ましたが、おわびをするときに持っていくものだそうで、店の主人が「今度おわびするときもぜひご利用ください」というようなことを言っていました。芸能人で、これだけ番組の中でおわびをする羽目になる人はいませんからね。

 それでは南九州大会です。髭男爵は舞台に残ったまま、住みます芸人が上がってきて芸をします。またいつの間にか上野アナが上がってきて抽選会が始まります。ここは髭男爵の使っているワイングラスが2チームに当たります。

 ペーパークイズの結果発表です。ここはA~Eの5グループに分かれて、うち1グループにだけ勝者がいます。まずは鳳凰のトップのチームの発表です。女子で、リーダーの名字が変わっています。
 Cグループの代表になったのは、さっき舞台に上がった空手部の女子です。まずEグループが青ゲートに乗ります。ブーです。続いてAグループがブー。次にCグループが乗るとファンファーレ。あの空手部が残るとは。まだ勝者とは限りませんが。

 宮崎の赤ゲートです。1チーム目、ピンポン。ブーの後、ピンポンが2チーム続きます。そこからしばらくブーで、ピンポンが2チーム続いて、のこり3チームほどが失格です。一番少ないと思われる宮崎でもブーブーゲートが成立するというのは、今回はかなり参加者が多い。開催が初めて日曜日になって増えたようです。
 鹿児島です。1チーム目がブーで、2チーム目の混成がピンポン。3チーム目の鳳凰の混成もピンポン。4チーム目がブーで、5チーム目のラ・サールがピンポン。次の鳳凰もピンポン。ここから女子のブーが続いて、残り3チームになります。全部ラ・サールです。先頭がブーで、次がピンポンで終了です。この後、ZIP!のポーズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

第6回エコ甲全国大会(その11)

 当ブログを読み返すと間違いが結構あって、こっそり直しています。数年前の間違いを突然発見することもあります。しかしコメントで間違いを指摘されると、直してしまうとコメントの意味がなくなるので、直すわけにはいかなくなります。野性爆弾の表記もそのままです。なお「スーパーマニアッククイZ」はタイプミスではありません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。早押しの7問目で津が「復興庁」と答えると「もう一度」です。結局不正解になります。ダブルチャンスの長崎南山も答えられません。関東大震災のときの復興院を答えるという問題でした。
 8問目は岐阜が不正解。9問目は旭川東がグリーンコンシューマーと答えて不正解で、ダブルチャンスの会津学鳳がロハスを正解します。10問目は旭丘が不正解。11問目は旭丘が正解します。
 12問目、「日本に流通している紙幣を印刷しているのは」で岐阜が押して「1000円札」。ダブルチャンスの城ノ内は「バンクオブアメリカ」。普通、ここまで問題を聞いたら造幣局と答えないか?
 13問目は城ノ内が正解。14問目は旭川東が押して答えられず、ダブルチャンスの福井高専が正解です。15問目、従業員が株を買うのをアルファベット3文字で、長崎南山がMBOと答えて不正解。EBOでした。
 この時点で、8チームのうち5チームが2×です。果たしてゲームが成立するのか。

 16問目は会津学鳳が正解。17問目、「十六銀行と十八銀行、本店が南にあるのは」。これがスルーになります。十六銀が連れてきた岐阜も十八銀が連れてきた長崎南山も解答者にいるのに。長崎南山は押さなかった理由について「もし間違えたら十八銀行の黒田さんに怒られるかな」。
 18問目の正解は固定資産ですが、旭川東が不動産と答えます。ダブルチャンスの会津学鳳が正解。これで旭川東が失格です。女の司会は旭川東に「2年生? じゃあ来年は来られないね」。この後、解答で審議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

31回南九州大会(その3)

 高校生クイズの地区大会のスカパー!番組のビデオを見ているわけですが、画面の右上にはずっと、全国大会の放送日が表示されています。その字体とか大きさが、「大改造!劇的ビフォーアフター」に見えてしようがありません。

 それでは南九州大会です。ひぐち君は小中高と野球をやっていたそうです。敗者復活をする条件は、桝アナが10球投げて、それを髭男爵が背面キャッチできた数だけ復活するというものです。ちなみに桝アナは中高と生物部です。
 1球目、捕れません。2球目は桝アナがあまりに暴投で、ノーカウントになります。3球目まで失敗したところで上野アナが出てきます。上野アナは小中高大と野球をしていて神宮球場にも出たそうです。
 5球目を上野アナが捕って「ルネッサ~ンス」と叫びます。さらに6球目、7球目も捕ります。8球目は捕れず9球目は成功。10球目、髭男爵を前に出させて、結局上野アナが捕ります。これで復活は5チームになりました。
 復活するチームは、通常大会の恒例の、ジャンケンボードを出して決めます。最初に4チームが復活して、また残り全チームでやり直しです。2回やって2チーム残ります。すると上野アナが「桝アナがいないので、しらばっくれて2つとも勝ち抜け」と言います。

 ペーパークイズの1問目は、ひぐちが1週間だけ勤めたのは何の会社かというものです。
 舞台で髭男爵の正解発表と、最初に宣言した板割りがあります。上野アナが板を持ってきます。板は5枚あって、うち1枚は高校生に持たせることになります。舞台に上げた女子が、偶然にも空手部でした。
 そして、スタッフの持っている4枚の板は、最初から割れていたことが判明します。これで舞台上は完全にすべった感じになります。最後の1枚はもちろん割れません。しかし、改めてひぐちがグーでやったら割れました。この後、あそこが残るとは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月 4日 (日)

第6回エコ甲全国大会(その10)

 テレビ東京で「スーパーマニアッククイZ」というのをやっていました。本職とマニアとどちらが詳しいかというもので、「ほこ×たて」でやっているのと同じではないか。結局、公開される2本の映画のタイアップ企画でした。マニアが「炎のチャレンジャーで100問正解して100万円取った」と紹介されていました。炎チャレを肩書きにするのは珍しい。そういえば文具王は、先日のNHKニュースに「文具評論家」という肩書きで出演していました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。司会者が、被災地の仙台第二にインタビューします。続いて「ずれたゼッケンが気になっています広大福山に」。

 早押しクイズです。タイトルは「クイズナナマルサンバツ」。これもタイアップです。エコ甲には前回からナナマルサンバツの作者が見に来ていて、今回の参加者募集ポスターにはナナマルサンバツの絵が使われました。
 ルールは文字通り7問正解勝ち抜けで、3問不正解で失格です。ダブルチャンスありです。問題がなくなると終了です。その場合は正解の多さ、不正解の少なさ、これまでの順位の順で、準決勝進出チームが決まります。
 このクイズをやるチームは、旭丘、会津学鳳、城ノ内、岐阜、福井高専、旭川東、津、長崎南山です。これはこれまでの成績順です。この中で、津だけが早押しが第1希望でなく第3希望でした。それでも長崎南山より上です。このクイズは横浜銀行と愛知銀行が担当します。

 1問目、市中償還原則という私が知らない言葉で旭丘が正解。2問目は城ノ内が不正解でダブルチャンスの長崎南山が正解です。3問目、ウォーレン・バフェットを城ノ内が正解。4問目は旭丘です。旭丘は難しい問題に答えています。
 5問目は津が不正解で、ダブルチャンスの城ノ内も不正解。6問目、「ゴルフでグリーン上のボール」で会津学鳳が押して不正解です。ダブルチャンスの福井高専が「バーター」を正解します。前半はパターというフリだったのです。この後、荒れる展開。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

31回南九州大会(その2)

 「ナナマルサンバツ」の単行本って、表紙に描かれている人数が1人ずつ増えていっていますね。この調子だと、最後には各校入り乱れて大変なことになりそうです。

 それでは南九州大会です。桝アナの声です。不思議なのは、あれだけ司会を他のアナウンサーに任せて、近畿にさえ来なかった桝アナが、なんでこんなところに来るのか。去年ここでラルフ先輩の代わりに初めて司会を務めた私がと言います。この場所が桝アナのデビューの場所だから来たのか?
 「青春の炎は燃えているかーっ!」という、完全に福澤フレーズです。「(ZIP!などで)草食系総合司会と言われていますが、この高校生クイズではドSな感じでいきますんで」。そして「かけ声も変わります」。会場から「ファイアー」という声が上がって、「それは2代前だから」。これから10年間使い続けるかけ声をと言います。もうこの人が10年やることになってるのか。「去年の『ボンバー』は忘れてくれ」。

 1問目は宮沢賢治に関する問題。圧倒的に1つの答えが多い。そしてそれが正解です。
 今回のセットのテーブルには、問題カードを入れる透明カバーがついていることがわかりました。2問目は加藤清正の問題です。1チームと他全部に分かれます。しかし正解は1チームの方。女子が勝ち残りました。
 3問目は源氏物語です。この地区は、確実に正解できる簡単な問題が出ません。このころは全チーム残そうとは思っていなかったのでしょう。移動しようとして時間切れで途中で止められた女子チームが正解になりました。

 最終的には敗者は20チームぐらいでしょうか。ちょっと待ったーっと髭男爵が出ます。この後、手柄を横取り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

第6回エコ甲全国大会(その9)

 先日コメントにあった「テストザネイション」ですけど、本を買って読みましたが、番組はビデオにとったまま見ていません。今さらあの長さを見ようとするのは勇気がいります。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。銀行のCMと代表のビデオです。りそな銀行がかかわった予選については、近畿大阪銀行のところでまとめてやっています。しかし関西代表は音声収録に失敗して、何を言っているのかわかりません。
 島田商は、東京とニューヨークのビッグマックを食べ比べたいと言っています。長崎南山は、もっと音声が聞こえません。
 岐阜は「去年の先輩のかたきである灘高校を倒して」と言っています。千葉興業銀行と千葉銀行は共催なので両方のCMがあります。高松も昨年全国に出たチームだということがわかりました。北陸銀行は富山大会と福井大会のそれぞれでCMが入ります。
 北海道銀行のCMは背景に描かれている形が札幌ドームです。もはや北海道を象徴するものは、何年か前に来たばかりの一野球チームになってしまったのか。そして、金大附属を「富山代表」と表記するミスがありました。

 12時過ぎに再開です。今後の進行のルールが発表されました。プレゼン1位の5チームはその場で準決勝進出で、残り20チームは3つのコースに分かれます。早押しで8チームから2チーム、ボードクイズで8チームから2チーム、そしてマル秘の企画で4チームから1チームが準決勝進出です。
 休憩時間中に各チームに、どのコースを希望するかのアンケートをとったそうです。前日のクイズとプレゼンの得点が高いチームから、希望通りのコースに進めます。

 プレゼンの最優秀はグループBでした。これは異論がありません。誰が審査しても同じだったということです。しかし他の順位は言いません。それどころかここまでの各チームの得点も一切発表されないのです。この後、ナナマルサンバツ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

31回南九州大会(その1)

 TBSの改編ですけど、「クイズ!イチガン」もレギュラー化されるんですね。これとそっくりな「クイズALL FOR ONE」が過去に失敗しているのに同じ時間帯で。昨秋以降から、やたらとクイズの実験番組をやっていましたが、もっと適した番組があったように思いますが。

 さて、ここからはついに、最初から他と重なって行く予定のなかった予選について番組を見て書きます。これと追い出されたエコ甲の話を書いて、その他事前番組なども書いていくと、6月最終日曜日までに書き終わるのでしょうか。まずは7月24日の南九州大会です。

 会場は熊本城奉行丸です。これまで熊本での予選はここか崇城大学しかありません。東北も中四国も県別大会になってしまった一方、九州はなりませんでしたが(震災がなければ北東北と南東北もバラす予定はなかった)、かなりのチーム数が集まっています。とりわけ多いのは鳳凰ですけど。バス4台で来たらしい。さらに、くまモンまで来ています。
 ライオンの九州エリア統括が開会宣言します。「今年が一番、皆さんの元気を必要としています」。

 髭男爵が登場します。ひぐち君がカツラをかぶらなくなっています。「4年前にはやったやついくよー」と言って、ルネッサーンスを合唱します。山田ルイ53世はスタッフに、くまモンの中の人と間違えられたそうです。
 急に上野アナが話に加わっています。山田は昨日ちょうど結婚が報道されたところです。ひぐち「めちゃめちゃブスなんですよ。森永卓郎似」。
 表彰される学校の発表で、高校生にドラムロールを言わせます。当然、鳳凰です。ガチでやります宣言には、ひぐちカッターで板割りというのがあります。台本に「髭男爵のオープニングセレモニーギャグ」とあって、ひぐちがギャグをやります。すっかり客が静まったところで本番です。この後、ドS。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »