« 31回関東大会(その12) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その1) »

2012年2月13日 (月)

新形式の番組

 以前、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 これで思い出したのですが、「すイエんサー」がDVDになるという情報があります。すイエんサーは1年目だけAKB48が出ていて、2年目以降はたとえ過去のVTRを使うときもAKBは絶対に映さないようにしています。ところが今回出るDVDはAKB時代のもののみなのです。要するに、商売になるから無料放送(受信料取ってるけど)では流さなくてDVDにはするということか。

----(ここまで)----

 どうやら、今度は2年目のDVDが出るようです。あと、このとき「麻里子さまのおりこうさま!」の本が出ていることを書きましたが、その後、別の出版社からも出ましたね。放送1年にも満たない5分番組がこんなことになるとは、みんなAKB商売に飛びつくんだな。

 「クイズ☆タレント名鑑」の「同窓生クイズ」。企画名や、同じ高校の出身者3人で1チームというところから、高校生クイズの演出をパロディーにするのかと思っていたら、まったく何のひねりもない普通の知識クイズ番組でした。芸能界に関する問題は一切出ません。私は、打ち切り間近なので、あのスタジオセットでの収録自体もうないだろうと思っていました。タレント名鑑らしかったのは、松本明子が「放送で言ってはいけないことを言って干されてたんで」と言ったところだけです。西川史子の「高島政伸さんと泥沼調停中の美元さん」は実際にそう言わないと誰のことかわからないし、藤本敏史がヘキサゴン終了に言及するのはよそでも見たし。これだけいろいろなことをやってくると、最後に普通のクイズ番組をやるだけで「タレント名鑑がまたやった」という感じになるということでしょうか。

 昨日は「値段当てバトルBUKKA」を3時間半にわたって放送していましたね。年末の深夜にやって1カ月強でいきなりこれとは、テレビ朝日がまた新しいビジネスモデルを開発したのか。見てると通販番組みたいですからね。商品の特徴と値段がいやでも頭に入ってしまって、しかもそれの視聴者プレゼントがあって、その費用は局側が出さないというんですから(本当に出していないのかはさておき)、こんなうまい企業タイアップはありません。
 ところで、朝日放送だけ1時間半の超短縮バージョンでした。おとといからロケーションフリーの調子が悪くて(配線が外れた?)、実際の内容を見られなかったのですが、解答者が当てられなくて視聴者プレゼントになった商品の部分だけを放送したのだろうか。

|

« 31回関東大会(その12) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53971949

この記事へのトラックバック一覧です: 新形式の番組:

« 31回関東大会(その12) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その1) »