« 新形式の番組 | トップページ | 31回関東大会(その13) »

2012年2月14日 (火)

第6回エコ甲全国大会(その1)

 昨夜「たけしのコマ大数学科」に文具王が出ていました。TVチャンピオンの肩書きをこれ以上利用している人はいません。三角定規に穴が開いている理由について、熱による膨張を吸収するためとか紙の上に置いたときに空気が逃げるとかいうのはガセだと言っていました。本当の理由は、「その方が三角定規っぽいから」。もともと三角定規は、普通の定規を三角形に組み合わせて作ったようです。この有名雑学が否定されるのか。クイズの問題を作るのは難しい。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の後も予選がありましたが、いずれも入れません。それでついに、1月29日の全国大会です。
 会場は昨年までと変わって、お台場にある東京国際交流館のプラザ平成というところです。科学未来館とフジテレビ湾岸スタジオの向かいにあって、寂しい場所です。ゆりかもめの船の科学館駅の方から歩くと、建物の入口に、高校生クイズ沖縄大会と同じゲートがあります。こんなものまで用意して客を呼び込もうとしているのか。地区大会の多くは誰も入れないようにしているのに。

 平成プラザの国際交流会議場は2階にあります。受付の前にはイーモバイルがブースを出しています。こんなところとタイアップしているのか。ここまで高クイっぽい。
 10時開始ということで、5分前くらいに会議場に入りました。中の様子を見ていると、愛媛大会にいたのと同じと思われる学生がいきなり来て「関係者の方ですか」。なんでそんなことを聞かれないといけないんだ。最初はまだ開場していないのかと思ったのですが、どうやらこのフロアが全部立ち入り禁止と言いたいらしい。それで出たらしつこくついてきて「関係者の方ですか。関係者の方ですか」。この男が本当に関係者かどうかわからないで聞いているのか、私が誰かわかっていて嫌がらせしているのかわからないので、答えられません。
 だいたい、関係者以外立入禁止とか一般席は3階などとはどこにも書いてありませんし、エコ甲関係者のツイートでも、3階より2階は一般の観客の席が「少ない」と書いてありました。まあ、この男が私より先にエコ甲にかかわらなくなるのは間違いないので放っておきます。

 さらにこの会議場とは別にメディアホールという施設があって、ここではずっとパブリックビューイングできることがわかりました。よくそんなぜいたくなことを。こちらには誰もいません。この後、イカ娘。

|

« 新形式の番組 | トップページ | 31回関東大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53980793

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その1):

« 新形式の番組 | トップページ | 31回関東大会(その13) »