« 第6回エコ甲全国大会(その3) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その4) »

2012年2月19日 (日)

31回静岡大会(その2)

 次回の「所さんの目がテン!」は「東大生の科学」です。東大に入る方法がわかったそうです。目がテンのプロデューサーは高校生クイズのプロデューサーです。ついにこちらにまで東大あおりを持ち込むのか。

 それでは静岡大会です。ペーパークイズの1問目は永井佑一郎のサインです。ムーディ勝山のライブは、歌が終わったと思ったら「盛大な拍手をしてくれるとありがたいです」と歌い続けるものです。ムーディの芸とはいったい何なのか。続いて永井がしゃべろうとするとヘリコプターが来てストップします。永井は「エンタの神様」ではアクセルホッパーとして出ていて、開場前からウロウロして「永井佑一郎が来るらしいよ」などと言ったが全然気づかれなかったそうです。

 ペーパークイズの結果発表です。まずは静岡の1位を発表しますが、この地区では一応ゲートをくぐらせて合格の映像を撮ることはしません。
 1チーム目がブー。次もブー。次の混成もブー。次の女子もブー。5チーム目でピンポンが出ます。また4チームブーの後にピンポン。そして5チームブーの後にピンポンです。
 この後、ずっとブーが続きます。甲子園に行けなかったけどクイズで全国大会に行きたいというチームもブー。枠が2つ残ったまま最後の3チームになりました。ここでようやくピンポン。次の女子も続けてピンポンで最後尾は失格です。

 決勝は富士の女子と男子、岩田南、藤枝明誠、浜松北と静岡の最多枠です。藤枝明誠は「皆さん静岡の公立校のトップレベルでいらっしゃるんで」。この後、そこでビクトリー?

|

« 第6回エコ甲全国大会(その3) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54020829

この記事へのトラックバック一覧です: 31回静岡大会(その2):

« 第6回エコ甲全国大会(その3) | トップページ | 第6回エコ甲全国大会(その4) »