« 31回関東大会(その13) | トップページ | 31回静岡大会(その1) »

2012年2月16日 (木)

第6回エコ甲全国大会(その2)

 昨夜の「学生HEROS!」は「インテリ芸能人VSクイズを愛する学生クイズバトル」でした。前回のクイズ企画とほぼ同じメンバーでした。というか一緒に収録したのかな。前回思ったのは、芸能人側が、クイズマニアのやる本格的な早押しテクニックを身につけてきているということでしたが、今回はさらに進んで、芸能人は難問系オープン大会とか高校生クイズ全国大会レベルの問題にも手を出すようになっているということです。実際に高クイ決勝で出た問題もありましたし。三浦奈保子があれに正解するとかおかしいだろ。通常の勉強ではなく、その問題そのものをクイズとして覚えていなければ答えられないような知識です。しかも番組側も、芸能人がこれらに正解できるという前提で出題しているわけです。すでに「クイズ芸能界」という世界が存在して、タレントは演技や歌ではなくクイズを鍛えるようになっているようです。

 それでは、追い出されても「関係者の方ですか。関係者の方ですか」としつこくついてくるエコノミクス甲子園です。10時10分に前口上があります。東日本大震災やヨーロッパ危機でうんぬんと、聞き飽きた話が並んで、各チームがスポットライトを浴びて入場です。
 今年の全国大会出場は25チーム。予選会場は前回よりさらに増えましたが、岩手大会が震災のためなくなりました。最初に私が追い返された山梨大会で、過去に2チームしかいない女子の甲府南が全国大会に進出しましたが、その後は女子が勝ったところはどこもありません(混成はある)。各チームはすでに5色のはちまきをしています。ビジネスアイデアプレゼンクイズの組分けです。

 司会は金融知力普及協会の2人です。昨年までの学生はいません。女の方はいつもの人で、男の方は第1回から裏方の中心人物だった人です。枝野幸男に似ています。
 金融知力普及協会の専務理事が開会宣言します。この辺は高クイのフォーマットを踏襲してるっぽい。男の司会が、早く47都道府県で予選をやりたいと言います。女の司会が「やってない県の銀行の方はこちらまで」。

 高校生は2日前の夜に来て、前日は朝8時からレディオ体操をやったそうです。男の司会「わからないという人は、イカ娘でググると」。
 そして「クイズ銀行員さんに聞きました」。さらに筆記クイズ(1時間でマークシートと論述)があったそうです。全国大会は公開といいながら、我々に見せないクイズの比率がどんどん増しています。そんなことでスタッフの優位性を主張されても。この後、徹夜禁止。

|

« 31回関東大会(その13) | トップページ | 31回静岡大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53997140

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲全国大会(その2):

« 31回関東大会(その13) | トップページ | 31回静岡大会(その1) »