« 31回関東大会(その10) | トップページ | 31回関東大会(その11) »

2012年2月 8日 (水)

第6回エコ甲富山大会(その7)

 今週の週刊ポストに漢字テストの特集があって、宮崎美子と村井美樹のそれぞれ1ページのインタビューも載っています。それにしても、この企画をなんでわざわざカラーページでやっているのか意味がわからないのですが。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の決勝の4問目の正解は、経済のクイズでは定番のサムライ債です。3位と4位が白紙。2位が正解です。1位は「サムライ」だけで不正解。5位は「サムライさいけん」、6位は「侍債」と書きますが、いずれも正解になります。これで6チームの得点は586669。この状況では1位の片山学園がダブルアンサークイズに挑戦するのはかなり厳しい。丸刈りが現実味を帯びてきました。
 5問目は1、4、5位が正解で他は白紙です。これで得点は886999。大接戦です。6問目、問題文から推理できますが、私は聞いたことのない言葉です。1位のみ正解で他は白紙。なんと1位が大逆転でダブルアンサークイズです。公約通り片山学園が優勝するか。

 2人が舞台の左右に分かれます。問題は、グレーゾーン金利は何法と何法で定められた上限金利の差かというものです。1人目が出資法と答えますが2人目が「金利上限法」。全国を回ってきて、ついにダブルアンサークイズの不正解を見ることができました。この後、使い回し。

|

« 31回関東大会(その10) | トップページ | 31回関東大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53931872

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲富山大会(その7):

« 31回関東大会(その10) | トップページ | 31回関東大会(その11) »