« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

第6回エコ甲全国大会(その8)

 昨年、「イカさまタコさま」が3カ月で終わって、そんなに視聴率が取れなかったのかと思っていたら、なんと4月からゴールデンで放送されることが発表されました。しかし水曜19時というのは微妙です。視聴者層的に裏と競合するように思います。火曜とかもっと入れられるところはいろいろあったと思うのですが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。グループEのプレゼンは、TO-HAWKという行商人プロジェクトです。外国に地元の特産品を売るというものです。年に9都市を回って、その都市の店の一角で東北の工芸品を販売します。世界各国の投資家を集めます。
 決まった月に同じ都市で3年間行うことで、お得意様を作ります。ターゲットは外国人の中間層以上です。具体的には例えばアメリカにはパーティーセット用に大型漆器、ヨーロッパにはゴシック文化が好まれるので南部鉄器など。SWOT分析で、脅威になるのは、東北が京都みたいに思われると逆効果になるということです。
 ここのプレゼンは発表者が次々と替わっていく方式です。しかし、このプランをわざわざやる意味がよくわかりません。手間がかかる割には効果がないように思います。金融知力普及協会の理事長の質問は、行商人のクオリティ(語学力など)をどうするのかということです。東北大学の学生に語学研修を兼ねて行かせて、被災者とともに行動するということです。

 11時15分に終了して昼休みになります。私はメディアホールの方に行って食事をしますが、まったく誰もいません。ここでは、各銀行のCMと、その地区の代表チームの意気込みなどのビデオが交互に流れます。流す順番は銀行名の五十音順です。
 ここで、他にこの大会を見に来ている人と話しましたが、プレゼンの評価は、誰が見ても同じになるようで、あのグループがよくてあのグループは問題外というような結論にすんなりまとまりました。こうやってみると、就職試験の面接なども、全体を見れば意外に簡単に判断がつけられるものなのでしょうか。この後、映像にミス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

落ちる人生

 「深イイ話」の続きですが、ウルトラクイズの映像は、出場者の顔は映していたものの代わりに名前を全部消していましたね。ところで、ウルトラクイズで最もきつい罰ゲームは決勝で負けて無視されることだという話でしたが、あそこで第7回の決勝の映像が使われていました。しかしこの回って、過去唯一といっていい、準優勝者がちゃんと映った回じゃないか。確か優勝者が準優勝者に歩み寄って話すんだよな。だから選ぶ映像が不適切だったと思います。
 なぜこの回が選ばれたのかと考えると、次のお笑いウルトラクイズへの布石なのか。アメリカ横断の第7回決勝で「オオサンショウウオ」と答えて優勝を決めていましたが、この問題はお笑いウルトラのバンジージャンプのところで出た問題と同じです。編集者がその関連性に気づいたか。特に初期のお笑いウルトラでは、アメリカ横断と同じ問題が出ていました。
 あのバンジージャンプのクイズですが、実は企画したのはダンカン自身だそうです。ダンカンはお笑いウルトラの構成作家もやっていて、この企画を芸人にやらせようとしたら、どこの事務所も、そんな危険なことはさせられないと断って、しかたなくダンカンが自分でやることになったそうです。この話は「スタジオパークからこんにちは」でやっていました。

 話は変わって、当ブログの検索フレーズで「関西テレビのネプリーグは再放送ばかり」というのがありました。関西テレビは日曜日の昼に放送されていますが、このところフジテレビで1時間の通常版が放送されていません。先週に限ってなぜか関西テレビでも2時間スペシャルをカットせずに放送して、「冒険チュートリアル」を土曜日に回していました。関西テレビでは日曜の枠を埋めるために1年ぐらい前の再放送を繰り返しています。この前は福澤朗の初登場の回でした。
 先月、相手が恐妻家チームという回が再放送されました。それでネプチューンチームには高田万由子と山口もえが加わっています。山口が第2子妊娠中で、妻が鬼嫁になるのは夫が悪いからだと言うのです。山口が夫婦関係について語る回を再放送してどうするんだ。このときの夫が逮捕されて離婚してるんだぞ。これを見た人からヤフー知恵袋などに、山口はいつの間に再婚して妊娠したんだというような質問が結構投稿されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

31回山梨大会(その3)

 今夜の「深イイ話」では、アメリカ横断ウルトラクイズもお笑いウルトラクイズも取り上げられていましたが、何よりも、藤原紀香が高校生クイズに出ていたという、これまで知られていない衝撃の事実が明らかになりました。しかし、近畿大会で勝ち残っていって、お城が東と西とどちらが多いかという問題で負けたと言っていたのですが、それって第7回の第1問じゃないのか? 勝ち残ってないじゃないか。

 それでは山梨大会です。1問目は甲府西が正解。2問目「スーザフォンのスーザはアメリカ人」で昨年代表が押して「フランス」と答えますが不正解。サクソフォンのサックスは何人という問題でしたが、この段階で押してしまうのがクイズ研のくせか。

 3問目はいかにもクイズ研向きの問題で昨年代表が正解。4問目は甲府南の混成が取ります。5問目は簡単な数学で甲府南が正解。6問目は以前の名前が出たところで昨年代表が押します。これもクイズ研が訓練していそうな問題です。さらに7問目の星座の問題も正解。

 8問目、「ピスタチオとマンゴーは何科?」で昨年代表が押しますが答えられません。クイズマニアが陥りやすい病気で、いかにもオープン大会で頻出するような問題が出ると、知らないのにポイントが来たところでつい押してしまうというものです。
 9問目、やや難しい問題で甲府南の混成の女子が正解します。こちらはこちらでクイズ研か。10問目、「DNAにあってRN」で昨年代表が押します。「チトシン」と答えて不正解。チミンでした。これで一昨年も昨年も代表になったチームが失格です。典型的なクイズマニア自滅でした。

 11問目は甲府西が正解。次は日川が取ります。だんだん問題が簡単になってきました。13問目、14問目を甲府南の混成が連取して王手。次の計算問題を甲府西が取って、こちらも王手です。
 16問目、また数学に関する問題で、甲府南の混成がビクトリー。甲府西が「また2位かよ」と叫びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

第6回エコ甲全国大会(その7)

 昨日の「サタネプ☆ベストテン」ですけど、「お願い!ランキングGOLD」のスキを突いて芸能人脳トレを持ってきた感じです。自分でもやってみて、IQ140まではクリアできて、IQ150は2問しかできませんでした。でも何十回も出題されているようなネタもあったし、本当にあれで頭のよさがわかるのか? 五十音の並びがカギになるとか、解法がほぼ何パターンかに集約されそうです。唯一IQ150をクリアした三浦奈保子が「勉強ばかりしていると言われ続けてきたが、勉強してきてよかった」と泣いていましたが、これ、勉強とつながりがあるか? この涙にはかなり違和感がありました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。グループCのプレゼンにプルデンシャルの人が質問します。「こんなパンができたらすぐに買って食べたい」とお世辞を言ってから、どうやって知ってもらうのかと聞きます。
 すると広告・PRには担当の回答者がいるそうです。駅、空港での販売、そして客の口コミのすべてが広報対象だと言います。ちなみにクレーム担当の回答者も用意していたそうです。味については聞いてくれませんでした。

 グループDは、千葉代表の市川、岐阜代表の岐阜、愛知代表の旭丘、関西代表の灘、九州代表の熊本です。ここのアイデアは「C-ふうど」です。今、東北にないのは販売手段です。はっと料理ややまざきポークといった特産品を、インターネット通販でつなげるというものです。
 安心性として、放射能には世界一厳しいウクライナの基準を採用し、顔が見える生産過程を配信します。これは震災の風化防止にも活用できます。
 このサイトに広告を出すことは復興協力になるとアピールします。特産品の生産を東北に限らず全国の過疎地に広げ、消費をアジアに広げます。予測収支では1年目から黒字になるそうです。最後に「弊社の将来性を見込んでご出資の方をよろしくお願いします」。
 ずっとちょこちょこ動きながらプレゼンします。七十七銀行の人の質問は「事業の継続性は」。すると「事業規模を大きくして安定性を増していくということを先ほどのプレゼンで示したつもりなんですけど」。

 グループEは関東代表の会津学鳳、神奈川代表の逗子開成、香川代表の高松、愛媛代表の松山西、鹿児島代表のラ・サールです。なぜか関東大会は福島のチームがよく勝ち残ります。ラ・サールは唯一、すべての回で全国大会に出場している学校です。なお、このグループだけ昨日、パソコンが2時間壊れたので、審査員はそれを踏まえてくれとのことです。
 この後、無駄なスペース借りる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

31回山梨大会(その2)

 先月「ソロモン流」で、花まる学習会の人が取り上げられていました。将来「メシが食える大人」になるための人間力を身につけることをモットーとし、外遊びや異学年との交流を取り入れた教育をしているのですが、私が何を言いたいのかというと、この番宣スポットで「脳トレ問題も多数あります」というようなことを言っているのです。この人のドキュメンタリーとして見せるだけでは数字が取れないから、こんなところでも脳トレを利用しようというのか。

 それでは山梨大会です。三択の3問目、急に難しくなります。これはクイズマニアでもチェックしていないでしょう。例の混成チームともう1チームが同じ答えで、後は女子1チームと男子1チームです。正解は男子チームです。
 ムーディと永井は今度こそ仕事があります。60秒で交互に馬跳びします。ギネス記録が50回ということで、半分の25回できれば3チームが復活ということになります。わざと下手にやっている感じがします。復活が決まると敗者がムーディの周りに集まって右から左を歌います。

 ペーパークイズの1問目はムーディのサインを当てるものです。結果発表。まず都留のトップを発表した後、先頭の女子がブー。次の混成もブー。次は都留の別のチームでブー。そして例の混成チームが来て当然ブー。抽選会でキレイキレイが当たった女子がブー。次の女子もブー。水樹奈々ポスターが当たった混成がブー。
 そしてようやくピンポンが出ます。さらにブーが続いて、早くも残り9チームに。次がブー。キレイキレイとポスターの両方が当たったチームがブー。この地区はどれだけ勝者が後ろに固まってるんだ。
 昨年の代表が来ます。全国大会では18位だったそうです。ピンポンです。次は同じ学校で、乗るときサングラスを飛ばしますがブー。次のクイズ同好会ののぼりのチームがピンポン。
 残りは4チームです。ブーの後ピンポン。そして次がブーで、最後尾の混成チームが勝ち残ります。

 決勝は全員が3年生です。最多枠の都留、日川の混成、甲府西の2チーム。そして甲府南は混成と、昨年も一昨年も代表になったチームです。この後、クイズ研暴走。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

第6回エコ甲全国大会(その6)

 この前、「熱中人」で、西宮えびすの一番福を目指す人を取り上げていました。何年も必死になってトレーニングしているのですが、前から疑問に思っていた、スタート時の位置取りはどうなっているのかということについて、かなり倍率の高い抽選で当たらないと前の方に並べないということがわかりました。今回取り上げられていた人も抽選で外れて、努力が無駄になっていました。逆にあの抽選があるのによく努力する気になるな。ということを書くと、どこかのプロデューサーが「だから高校生クイズを変えたんだ」と出てきそう。私は○×クイズなどが運とは思いませんが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ビジネスアイデアプレゼンクイズのグループCは、埼玉代表の早稲田本庄、福井代表の福井高専、山梨代表の甲府南、静岡代表の島田商、徳島代表の城ノ内です。甲府南が女子です。女子チームが全国大会に出たのはこれまでに3チームしかいません。
 ここのタイトルは復興×健康×大麦パン。震災では農地23600ヘクタールが水没し塩害にさらされました。東北の農業は1兆4000億円規模です。ここで、二条大麦を通した東北復興プランです。

 大麦は塩害に強い。会社が一括で買い上げて、農家は米並みの収入が得られます。会社は大麦で作ったパンを駅などで売ります。大麦パンは目新しいということで、地域ブランドの可能性を探ります。
 4分の1斤を100円で販売します。ワンコインで買えるということです。栄養素が豊富で健康ブームにも合致します。
 SWOT分析です。私は知りませんが、どのチームもこれをやりますね。弱みは一般的なパンより高くなることです。私が疑問に思ったのは味です。結局、うまいかどうかが一番の勝負だと思うのですが、大麦パンというのはどうなのでしょうか。
 東北に対する関心があるうちにブランド化したいと言います。最後に収支表が一瞬映ったところで時間になります。
 この後、クレーム担当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

31回山梨大会(その1)

 急に思い出しましたが、昨年度に福澤朗を起用して全国で啓蒙イベントをやっていたNUMOは、今は何をしているのでしょうか。どうも昨年2月を最後に、そういう広報はしていないようです。放射性廃棄物の地層処分が本当に必要なら、今こそその有用性と安全性を訴えなければいけないと思うんだけど。

 それでは8月2日の山梨大会です。会場は恒例の城跡の舞鶴城公園です。城でやる場合は比較的、中心駅に近いのでありがたい。
 ムーディ勝山と永井佑一郎の前説で、この県にはクイズ研のある強豪が多いと言います。甲府南と甲府西のクイズ研が立ち上がります。甲府西は3年生しかいなくて廃部の危機だそうです。表彰されるのは都留です。

 辻岡アナが「義堂」という紙で顔を隠して登場します。辻岡アナってこの前結婚を発表しましたっけ。東北への言葉を収録して、第1問です。ベガルタ仙台に関する問題で、ちょっと考えればわかります。30チーム以上参加していますが、1チームと4チームと残り全部です。辻岡アナが「1番には誰もいなかったということでよろしいですね」と言うと、1にいる混成チームが芸人みたいにつっこみます。当然、最も多いところが正解です。1のチームには今日が誕生日のメンバーがいます、「今日で(法律上)結婚できます」。

 2問目は時事問題です。残った全チームが1問目と同じ答えに行きます。すると辻岡アナが「3と1には誰もいないということでよろしいですね」。また混成チームがつっこみます。そして全チーム不正解。やはり1問目ができないようなチームは2問目に正解できないか。この後、今度は仕事がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

第6回エコ甲全国大会(その5)

 「ミラクル9」は、事前にペーパーテストをやったりおバカタレントを新たに発掘したりと、以前この曜日にあったヘキサゴンをそのままやって客を取り込もうとしていますね。先週から始まった新クイズは、答えが3つ順番にある問題が出て、誰かがボタンを押すとその人のいる横の列3人が答えるというものです。ヘキサゴンの2人で答えるクイズと完全に同じではないか。これから過去のヘキサゴンのビデオを見てパクっていけばルールは作り放題。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ビジネスアイデアプレゼンクイズのグループBは宮城代表の仙台第二、富山代表の高岡、石川代表の金大附属、奈良代表の東大寺学園、中国代表の広大福山です。金大附属は昨年も全国大会でプレゼンをやっています。被災地の中にある学校が含まれるグループはここだけなので有利です。
 Project復幸というものです。仙台のメンバーによると、被災地で使われていない建物がいろいろある。これを有効活用するというもので、「興の推進」と「温故置新」というキャッチフレーズを掲げています。
 空いた建物を見つけてこれを事業の場所にします。株式を発行して地元企業に業務を発注。施設からの収入を配当に充てます。具体例として、南気仙沼小学校は損傷が少なくて周辺人口が多いということで、がれき除去の拠点や教室をカフェにする。他にも古民家をデイケアセンターにするなどを考えています。
 3年以内に5件をプロデュースすることを目標とし、これで知名度を高めます。長期的には被災地以外でもこのビジネスを展開することを考えています。

 このグループの特徴は、中央の発表者に横から質問を入れるという新しいパターンのプレゼンです。
 女の司会が個人的に仙台第二に質問します。これは採点とは関係ありません。金融知力普及協会理事の質問は、カフェだけで幸せをもたらすようなもうけが出るかというものです。他の商業活動もやってテナントを多角化してと答えますが、もう1人がマイクを使わずに答えているので、下の階から追い出された私には何と言っているのか聞こえません。
 この後、味は?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

31回静岡大会(その3)

 2月4日の毎日新聞夕刊の「人模様」で、エコノミクス甲子園優勝チームが取り上げられていることがわかりました。医学部を目指しているとかいろいろ書いてあって、高クイのあおりと変わらないような感じになっていますが、エコ甲は知識だけでなく論述やプレゼンテーションもできなければならないことが強調されています。それにしても、優勝チームのいる地域では、この記事は載りません。

 それでは静岡大会です。1問目は富士の男子が正解。2問目は静岡。3問目は浜松北です。問題が非常に簡単です。前日の埼玉や東京とは比べようもありません。4問目、ジャニーズに関する聞いたことのない問題で、富士の女子が正解。5問目は二択で藤枝明誠が押します。5問すべて違うチームが押しています。しかし不正解。
 6問目、陸上競技に関する問題で浜松北が、読ませ押し的に正解します。富士の女子は陸上部なのに押し負けました。7問目、算数で静岡が正解。よくとんちで出る問題に似ていますが、これは単純に引き算するだけです。
 8問目、また私が聞いたことのない芸能問題が出ます。浜松北が正解すると辻岡アナが「ビクトリー」。なぜここで言う。9問目、10問目を静岡が連取して王手になります。
 11問目を富士の男子が正解。12問目も連取して3ポイントになります。13問目は藤枝明誠が初の正解。やはり他チームを静岡の公立校のトップレベルでいらっしゃるんでと言うだけあります。
 14問目は磐田南が正解。よく考えたらこちらのチームは1回も押していませんでした。15問目で静岡が正解して決定しました。しかし辻岡アナは、なぜかここではビクトリーと叫びません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

第6回エコ甲全国大会(その4)

 先週の「ためしてガッテン」のビデオを見ました。クイズに正解するとイチゴを食べられるようになっていました。いつもの「ガッテン、ガッテン」とやる機械が、今回に限って早押し機に改造されていました。ガッテンで高校生クイズボタンを使って早押しクイズをやるとは。この回のゲストを福澤朗にしてほしかった。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ビジネスアイデアのグループAの発表です。株式会社とうしょくといいます。東北の食という意味です。ロゴのSだけ色を変えます。これを取るとTOHOKUになります。
 東北の農産物の販売・加工をして、安全な野菜を買ってもらうことを目的にします。
 元農家などの社員・株主を日本農業新聞で募集して、YouTubeやSNSでPRして最終的には口コミで広めます。品物は楽天市場で出品します。チラシを地元芸大がデザインして印刷も地元でやります。風評被害を考慮して、専門家に委託して放射能情報など表示します。
 SWOT分析をします。驚異は風評被害やJAです。まとめを言っている間に5分が終了しますが、パワーポイントの画面は最後まで表示されているので伝わります。

 何人かでリレーして話していましたが1人目のしゃべり方がうざい。というかそれ以前に内容に具体性が乏しい。日本農業新聞とかいう名前は出てくるのですが、実際の運用として何をするのか疑問です。
 講演したコンサルティングの人が質問します。まずはほめてから、予算はどれくらいで何年後から黒字になるかと聞きます。自己資本500万円と融資1000万円をホームページと農家との提携につかって、2~3年後に黒字化したいとのことです。ここも具体性がよくわかりません。
 この後、新パターンのプレゼン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

31回静岡大会(その2)

 次回の「所さんの目がテン!」は「東大生の科学」です。東大に入る方法がわかったそうです。目がテンのプロデューサーは高校生クイズのプロデューサーです。ついにこちらにまで東大あおりを持ち込むのか。

 それでは静岡大会です。ペーパークイズの1問目は永井佑一郎のサインです。ムーディ勝山のライブは、歌が終わったと思ったら「盛大な拍手をしてくれるとありがたいです」と歌い続けるものです。ムーディの芸とはいったい何なのか。続いて永井がしゃべろうとするとヘリコプターが来てストップします。永井は「エンタの神様」ではアクセルホッパーとして出ていて、開場前からウロウロして「永井佑一郎が来るらしいよ」などと言ったが全然気づかれなかったそうです。

 ペーパークイズの結果発表です。まずは静岡の1位を発表しますが、この地区では一応ゲートをくぐらせて合格の映像を撮ることはしません。
 1チーム目がブー。次もブー。次の混成もブー。次の女子もブー。5チーム目でピンポンが出ます。また4チームブーの後にピンポン。そして5チームブーの後にピンポンです。
 この後、ずっとブーが続きます。甲子園に行けなかったけどクイズで全国大会に行きたいというチームもブー。枠が2つ残ったまま最後の3チームになりました。ここでようやくピンポン。次の女子も続けてピンポンで最後尾は失格です。

 決勝は富士の女子と男子、岩田南、藤枝明誠、浜松北と静岡の最多枠です。藤枝明誠は「皆さん静岡の公立校のトップレベルでいらっしゃるんで」。この後、そこでビクトリー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

第6回エコ甲全国大会(その3)

 1年ほど前に次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 「クイックジャパン」の最新号。吉田豪による唐沢俊一インタビューが変な話題になっていますが、そこではなくて「テレビ・オブ・ザ・イヤー」です。放送作家9人が選んだバラエティ番組の大賞は「ホンマでっか!?TV」というのはまあ異論はありません。

----(ここまで)----

 今発売中のクイックジャパンで、昨年のテレビ・オブ・ザ・イヤーが出ていますが、今回は「ほこ×たて」です。こう見ると、フジテレビは単体ではいい番組を作っているんだな。総合的にみるとテレビ朝日の方がおもしろいと思うけど。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。前日のクイズの後、さらにコンサルティング会社の社長の講演があります。テーマは「被災地復興のためのソーシャルベンチャーとは」というものです。そしてビジネスアイデアプレゼンクイズの準備になります。出題は「震災復興に役立つソーシャルベンチャーを考案せよ」。

 本日はいきなりプレゼンクイズの発表からになります。5チームずつ5つのグループ対抗です。発表が5分、それに対して審判の1人が1つ質問をして、1分で答えます。実効性、リアリティ(予算など)、新規性、印象点で採点します。トップになったグループは、この時点で全チーム、準決勝進出となります。ちなみに準決勝が例年通りのルールだと、残り20チームからは5チームしか勝ち残れないことになりますから、このプレゼンが優勝に相当影響します。
 パソコンは午前0時で回収しているそうです。徹夜でやらないようにするためです。審査員は、金融知力普及協会の理事長と理事、講演したコンサルティング会社の社長、七十七銀行の人、プルデンシャルの執行役員です。

 グループAは北海道代表の旭川東、秋田代表の横手、三重代表の津、長崎代表の長崎南山、沖縄代表の昭和薬科大附属です。横手は男女混成です。次回、発表内容。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

31回静岡大会(その1)

 昨夜、関西テレビで「雑学クイズバラエティ 廻れ!くくり寿司」というのをやっていました。セットなしでCGに出演者の顔を合成するだけの超低予算ですが、問題はしっかりしていました。回転寿司の形でヒントが流れてくるというのは同じで、共通点を当てる問題、仲間はずれを当てる問題、何を作っているのでしょう問題などいろいろなパターンが出ます。中田敦彦が答えの解説を先に言ってしまうと、太田真一郎がVTRのその部分に対応するナレーションを読まないという演出がおもしろかった。レギュラー化は可能かもしれません。

 それでは8月1日の静岡大会です。会場は単県大会の恒例の城跡である駿府公園です。静岡での予選が初めて清水マリンパーク以外になりました。前年は通常大会として行われましたが、今回は舞台がトレーラーです。
 ムーディ勝山と永井佑一郎が出てきます。永井の靴には底がありません。表彰されるのは静岡です。司会は辻岡アナです。「呼び方はぎどうでもぎっちゃんでも歌舞伎役者でもいい」。現場ではよくわかりませんけど、番組でアップになるのを見ると、確かに歌舞伎役者っぽい顔です。

 参加は50チームぐらいです。1問目、棟方志功の問題です。なんか堅い感じで、そろそろネタがなくなって学問的な書物から引っ張ってきたかなと思わせます。辻岡アナのカウントダウンが「4、3、2、1、しずまれー」です。
 2問目は生活に関する法律の問題。これも知識で答えるのは難しいと思いますが、意外な数値が正解という原則にのっとっています。3問目、東海道五十三次に関する問題で、一転して簡単です。静岡の人がこれに間違えるとは考えられません。全チーム2回戦進出です。それでもムーディと永井が敗者復活の要求に出てきます。高校生に「空気読んでくださいよ」。この後、ライブに邪魔が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

第6回エコ甲全国大会(その2)

 昨夜の「学生HEROS!」は「インテリ芸能人VSクイズを愛する学生クイズバトル」でした。前回のクイズ企画とほぼ同じメンバーでした。というか一緒に収録したのかな。前回思ったのは、芸能人側が、クイズマニアのやる本格的な早押しテクニックを身につけてきているということでしたが、今回はさらに進んで、芸能人は難問系オープン大会とか高校生クイズ全国大会レベルの問題にも手を出すようになっているということです。実際に高クイ決勝で出た問題もありましたし。三浦奈保子があれに正解するとかおかしいだろ。通常の勉強ではなく、その問題そのものをクイズとして覚えていなければ答えられないような知識です。しかも番組側も、芸能人がこれらに正解できるという前提で出題しているわけです。すでに「クイズ芸能界」という世界が存在して、タレントは演技や歌ではなくクイズを鍛えるようになっているようです。

 それでは、追い出されても「関係者の方ですか。関係者の方ですか」としつこくついてくるエコノミクス甲子園です。10時10分に前口上があります。東日本大震災やヨーロッパ危機でうんぬんと、聞き飽きた話が並んで、各チームがスポットライトを浴びて入場です。
 今年の全国大会出場は25チーム。予選会場は前回よりさらに増えましたが、岩手大会が震災のためなくなりました。最初に私が追い返された山梨大会で、過去に2チームしかいない女子の甲府南が全国大会に進出しましたが、その後は女子が勝ったところはどこもありません(混成はある)。各チームはすでに5色のはちまきをしています。ビジネスアイデアプレゼンクイズの組分けです。

 司会は金融知力普及協会の2人です。昨年までの学生はいません。女の方はいつもの人で、男の方は第1回から裏方の中心人物だった人です。枝野幸男に似ています。
 金融知力普及協会の専務理事が開会宣言します。この辺は高クイのフォーマットを踏襲してるっぽい。男の司会が、早く47都道府県で予選をやりたいと言います。女の司会が「やってない県の銀行の方はこちらまで」。

 高校生は2日前の夜に来て、前日は朝8時からレディオ体操をやったそうです。男の司会「わからないという人は、イカ娘でググると」。
 そして「クイズ銀行員さんに聞きました」。さらに筆記クイズ(1時間でマークシートと論述)があったそうです。全国大会は公開といいながら、我々に見せないクイズの比率がどんどん増しています。そんなことでスタッフの優位性を主張されても。この後、徹夜禁止。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

31回関東大会(その13)

 東京大学の総合図書館で書棚を眺めていたら、「クイズ文化の社会学」が置いてあるではないか! 今の中高生とかのクイズマニアはこの本を知ってるのかな。日本のクイズ番組を本当に学問として研究した本です。

 それでは関東大会です。東京の決勝は立川と早稲田2チーム、開成2チームです。早稲田には昨年代表がいます。開成にも昨年全国優勝したメンバーがいます。こちらは昨年は関東の決勝で負けています。負けてもほぼ確実に全国大会に出られるようなルールになっていたわけですが。
 1問目、簡単な問題で全チーム正解。2問目、東京都にある国立公園を答える問題で、全チーム正解。東京都の決勝で出すにしては書き問題が簡単すぎないか。最初から早押しだけで決着をつけようとしているかのようです。3問目、これは一般人にはわからないかもしれませんが、広辞苑をよく見ているクイズマニアには簡単です。全チーム正解。

 4問目「一般的なパソコンのキーボードに」で昨年代表が押して不正解。QWERTY配列でした。5問目、創設者の名前だけで早稲田のもう1チームがH氏賞を正解。6問目はゲシュタルト崩壊を昨年代表が正解。7問目、学者の名前だけでカクテルパーティー効果を昨年代表が正解。もう、クイズ番組でしか出ない知識のオンパレードです。
 8問目、日本初の女性博士を昨年代表が「荻野吟子」と答えて不正解。9問目、語源だけで開成の昨年優勝が、聞いたことのない単語を正解します。10問目の四字熟語も連取。さらに11問目の生物学の聞いたことのない単語も正解して、一気に王手です。
 12問目、「上野公園にある西郷隆盛」で開成のもう1チームが高村光雲と答えますが不正解。「ツンの像を作ったのは」でした。13問目、「駅馬車」だけで昨年優勝が押してジョン・ウェインを正解。ここで大昔の芸能問題が出るのか。これで決定しました。3回目で初めて、地区大会からの全国進出だそうです。

 会場が球場から普通の広場に移っても、終了時刻はいつもの通りです。逆に使用制限が緩そうだからダラダラ収録が延びるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

第6回エコ甲全国大会(その1)

 昨夜「たけしのコマ大数学科」に文具王が出ていました。TVチャンピオンの肩書きをこれ以上利用している人はいません。三角定規に穴が開いている理由について、熱による膨張を吸収するためとか紙の上に置いたときに空気が逃げるとかいうのはガセだと言っていました。本当の理由は、「その方が三角定規っぽいから」。もともと三角定規は、普通の定規を三角形に組み合わせて作ったようです。この有名雑学が否定されるのか。クイズの問題を作るのは難しい。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の後も予選がありましたが、いずれも入れません。それでついに、1月29日の全国大会です。
 会場は昨年までと変わって、お台場にある東京国際交流館のプラザ平成というところです。科学未来館とフジテレビ湾岸スタジオの向かいにあって、寂しい場所です。ゆりかもめの船の科学館駅の方から歩くと、建物の入口に、高校生クイズ沖縄大会と同じゲートがあります。こんなものまで用意して客を呼び込もうとしているのか。地区大会の多くは誰も入れないようにしているのに。

 平成プラザの国際交流会議場は2階にあります。受付の前にはイーモバイルがブースを出しています。こんなところとタイアップしているのか。ここまで高クイっぽい。
 10時開始ということで、5分前くらいに会議場に入りました。中の様子を見ていると、愛媛大会にいたのと同じと思われる学生がいきなり来て「関係者の方ですか」。なんでそんなことを聞かれないといけないんだ。最初はまだ開場していないのかと思ったのですが、どうやらこのフロアが全部立ち入り禁止と言いたいらしい。それで出たらしつこくついてきて「関係者の方ですか。関係者の方ですか」。この男が本当に関係者かどうかわからないで聞いているのか、私が誰かわかっていて嫌がらせしているのかわからないので、答えられません。
 だいたい、関係者以外立入禁止とか一般席は3階などとはどこにも書いてありませんし、エコ甲関係者のツイートでも、3階より2階は一般の観客の席が「少ない」と書いてありました。まあ、この男が私より先にエコ甲にかかわらなくなるのは間違いないので放っておきます。

 さらにこの会議場とは別にメディアホールという施設があって、ここではずっとパブリックビューイングできることがわかりました。よくそんなぜいたくなことを。こちらには誰もいません。この後、イカ娘。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

新形式の番組

 以前、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 これで思い出したのですが、「すイエんサー」がDVDになるという情報があります。すイエんサーは1年目だけAKB48が出ていて、2年目以降はたとえ過去のVTRを使うときもAKBは絶対に映さないようにしています。ところが今回出るDVDはAKB時代のもののみなのです。要するに、商売になるから無料放送(受信料取ってるけど)では流さなくてDVDにはするということか。

----(ここまで)----

 どうやら、今度は2年目のDVDが出るようです。あと、このとき「麻里子さまのおりこうさま!」の本が出ていることを書きましたが、その後、別の出版社からも出ましたね。放送1年にも満たない5分番組がこんなことになるとは、みんなAKB商売に飛びつくんだな。

 「クイズ☆タレント名鑑」の「同窓生クイズ」。企画名や、同じ高校の出身者3人で1チームというところから、高校生クイズの演出をパロディーにするのかと思っていたら、まったく何のひねりもない普通の知識クイズ番組でした。芸能界に関する問題は一切出ません。私は、打ち切り間近なので、あのスタジオセットでの収録自体もうないだろうと思っていました。タレント名鑑らしかったのは、松本明子が「放送で言ってはいけないことを言って干されてたんで」と言ったところだけです。西川史子の「高島政伸さんと泥沼調停中の美元さん」は実際にそう言わないと誰のことかわからないし、藤本敏史がヘキサゴン終了に言及するのはよそでも見たし。これだけいろいろなことをやってくると、最後に普通のクイズ番組をやるだけで「タレント名鑑がまたやった」という感じになるということでしょうか。

 昨日は「値段当てバトルBUKKA」を3時間半にわたって放送していましたね。年末の深夜にやって1カ月強でいきなりこれとは、テレビ朝日がまた新しいビジネスモデルを開発したのか。見てると通販番組みたいですからね。商品の特徴と値段がいやでも頭に入ってしまって、しかもそれの視聴者プレゼントがあって、その費用は局側が出さないというんですから(本当に出していないのかはさておき)、こんなうまい企業タイアップはありません。
 ところで、朝日放送だけ1時間半の超短縮バージョンでした。おとといからロケーションフリーの調子が悪くて(配線が外れた?)、実際の内容を見られなかったのですが、解答者が当てられなくて視聴者プレゼントになった商品の部分だけを放送したのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

31回関東大会(その12)

 来月のダイヤ改正で特急「日本海」がなくなりますが、私が最後に日本海に乗ったのは、エコノミクス甲子園の秋田大会が土曜日に行われて翌日に関西大会があったときです。驚くのは、このころは関西大会の会場に入れたということです。

 それでは関東大会です。千葉の決勝の22問目は科学の問題で船橋の混成が正解。次は千葉が取ります。24問目、突然簡単な漢字の問題が出て、千葉東も王手に。25問目は船橋の混成が正解。さらに26問目を連取して、ここも王手で並びます。3チームが6ポイントです。
 27問目、物理の問題を千葉東が正解して決定しました。

 次は神奈川です。横須賀は去年は西武ドームの観客席で決勝を見ていたと言います。横浜翠嵐の2チームと慶應義塾の2チームです。
 1問目、四字熟語で横須賀のみ答えが書けません。2問目の正解はヌクレオシドです。全チーム不正解です。横浜翠嵐の1チームが書いた「ヌクレオチド」は別の物質だそうです。3問目は計算問題で全チーム正解。
 4問目、語源で押して慶応が正解。5問目と6問目を横浜翠嵐が連取します。7問目は横浜翠嵐のもう1チーム。どのチームも押すのが早い。8問目は慶応です。
 9問目「ポルトガル語で1月の川」で横浜翠嵐が押してリオデジャネイロを正解。どの問題も、最初のフリで押してきます。さらに10問目を連取して王手です。
 11問目、天文学の難しい言葉で横須賀が間違えます。12問目は生物学の、いかにもクイズでしか出ない言葉で、横浜翠嵐の王手でない方が正解。13問目で突然問題が簡単になって、このチームが連取します。これでこちらも5ポイント。
 14問目、「キリスト教の三大聖地」で横浜翠嵐が答えて決定です。横浜翠嵐のもう一方が「僕たちもインターネット予選頑張るんで先に行ってください」。
 この後、クイズ用語ばかり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

文芸春秋の話

 今月の文芸春秋は芥川賞掲載号です。もらっといてやるの人が毎日新聞に寄稿していたところでは、ウケてくれるだろうと思って言っただけなのに大事になったと書いてあります。それにしても、もう1人の受賞者は東大大学院を出た理系の人で、本来ならもっと騒がれるはずが、ろくに報道されないという状況になりました。

 しかし今回読むべきはそういう記事ではありません。高校生クイズが東大東大とあおるようになったことについて書かれているのです。文芸春秋が高校生クイズを記事として取り上げるとは驚きです(20年以上前に福留功男がウルトラクイズについて寄稿していたことがあったが)。プロデューサーの話で構成されています。
 今のテレビ業界の不況でこんな番組が成立しているのは、ライオンのおかげだということがはっきり書いてあります。少子化で参加者は1万6000人にまで減ったことも書いてあります。

 「正統派クイズ番組だった『アメリカ横断ウルトラクイズ』から派生した高校生クイズも、30年の間に少しずつ形を変え、2000年代に入ると知力だけでなく体力を競うような出題方法も増えていました」。これはおかしい。2005~2007年の高校生クイズは、まさに初期のものに戻っていたではないか。ここでは2003、2004年のゆとり高校生クイズのことを指しているのか。この2回は知力の比率を減らして、キャラクターで高校生を残したいと考えていたのです。
 そしてプロデューサによると、視聴率低迷の理由は「青春=汗」という高校生のイメージを勝手に押しつけようとしていたからだと言います。「彼らが運動神経の優劣や時の運によって敗退するような事態は、番組開始当初のコンセプトから大きく外れることであり、避けなければいけないのです」。だからそれって番組開始当初のコンセプトそのものではないか。第1回では「灘高校でも勝てない」という放送をしています。
 高校生の努力を無駄にせず、知識のある高校生がそのまま評価される「知力の甲子園」に今一度戻さなければならないと思いましたと書いてあります。だからそれはもともとの高校生クイズで実現していただろ。2008年以降はむしろやりすぎになっているわけで、「その単語を知っているということを評価するべきなのか」という疑問がつきまといます。

 テレビ的な演出を極力排除することで、逆に甲子園大会と同じようなものになり、視聴率が急回復したとしています。
 この人は「所さんの目がテン!」と以前は「ぶらり途中下車の旅」も担当していて、長寿番組だからこそ新しいことに挑戦できるといいます。固定ファンがいるから一度は見てもらえるからだそうです。
 「08年に行った高校生クイズの改革にはもちろん批判もありましたが、歴史ある番組を長く続けることこそ、プロデューサーである私の責任なんです」。批判もあったがこれを続けていくとは言っていません。今後は番組の存続を考えて、今の路線がまた変わることもあり得るということでしょう。

 今回これが載っているのは「テレビの伝説」という非常に長い企画です。高校生クイズ以外にも、ためしてガッテンとか笑点とかサンデーモーニングとか世界ふしぎ発見!とか探偵!ナイトスクープとか非常に多くの番組について書かれています。金を払って読む価値はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

第6回エコ甲富山大会(その8)

 今週の「怒り新党」では、「新・3大近鉄バファローズの哀しい試合」をやっていました。「クイズは創造力」の問題で、「巨人はロッテより弱い」というのがオチとして使われていましたが、今の高校生とかだと、この言葉の意味をこの番組で初めて知った人がいるかもしれません。でも番組でもやっていた通り、本当はこの言葉を言っていないので、問題にするときは注意が必要です。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の決勝は片山学園がダブルアンサークイズに間違えました。7問目、経済危機が起きたギリシャを答える問題で全チーム正解です。6チームの得点は10、11、9、12、12、12で、ルール上、4位の高岡が最初にダブルアンサークイズに挑戦します。
 生命保険の加入で控除・軽減される税金で、1人目が所得税と答えて2人目が住民税と答えます。「2人目、正解です」の瞬間、かけ寄って抱き合います。準優勝は富山中部、3位は富山南と確定しました。片山学園は丸刈りです。
 表彰状は「以下同文」を言わないで、全員に全部の文章を読みます。優勝チームには優勝賞品として教材が渡されます。航空券のパネルが、よく見ると「2009年1月25日」と書いてあります。こんなところで画像データを使い回していたのか。リボンの絵を追加しているのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

31回関東大会(その11)

 読売テレビでは半年前の「秘密のケンミンSHOW」を再放送していますが、本日の放送で、愛媛の超有名人という人が出ていました。エコノミクス甲子園愛媛大会の司会ではないか。愛媛のみのもんたと呼ばれているそうです。普通は銀行員がやるところ、そんな人にギャラを払っていたのか。そこまでやらなくても予選会場を公開してくれるだけでいいんだけど。

 それでは関東大会です。千葉の決勝の9問目。「力を受けて変形した物が元の形に」で昨年代表が押して塑性を正解。この時点でよくパラレルだとわかったな。しかし10問目は「鉄鋼王と呼ばれたのは」で昨年代表が押してカーネギーと答えて不正解。今は明らかにパラレルの読み方で「鉄鋼王」に不自然なアクセントがあったではないか。
 11問目は千葉東が正解。12問目は昨年代表が取ります。このあたり、学校で習うことに関係ありますが難しくてわかりません。この県もクイズ研対応か。
 13問目、百人一首の1首目の作者を答える問題ですが、昨年代表が押して100首目の作者を答えます。さっきからパラレルに翻弄されて2×になりました。しかし14問目は昨年代表が取ります。
 15問目は動物の問題で渋谷幕張が正解。16問目、世界史で渋谷幕張がかなり早く押して正解します。これで王手です。
 17問目は昨年代表が正解。しかし18問目、人間の肋骨の数を間違えて昨年代表が失格です。

 19問目、船橋の残ったチームがクイズ研的な問題に正解します。20問目もいかにも雑学ネタで、千葉東が正解して5ポイントです。21問目、私は一度も聞いたことのない医学用語で千葉が正解します。こうやってみると、この県も全部クイズ研なのか。この後、大接戦に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

第6回エコ甲富山大会(その7)

 今週の週刊ポストに漢字テストの特集があって、宮崎美子と村井美樹のそれぞれ1ページのインタビューも載っています。それにしても、この企画をなんでわざわざカラーページでやっているのか意味がわからないのですが。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の決勝の4問目の正解は、経済のクイズでは定番のサムライ債です。3位と4位が白紙。2位が正解です。1位は「サムライ」だけで不正解。5位は「サムライさいけん」、6位は「侍債」と書きますが、いずれも正解になります。これで6チームの得点は586669。この状況では1位の片山学園がダブルアンサークイズに挑戦するのはかなり厳しい。丸刈りが現実味を帯びてきました。
 5問目は1、4、5位が正解で他は白紙です。これで得点は886999。大接戦です。6問目、問題文から推理できますが、私は聞いたことのない言葉です。1位のみ正解で他は白紙。なんと1位が大逆転でダブルアンサークイズです。公約通り片山学園が優勝するか。

 2人が舞台の左右に分かれます。問題は、グレーゾーン金利は何法と何法で定められた上限金利の差かというものです。1人目が出資法と答えますが2人目が「金利上限法」。全国を回ってきて、ついにダブルアンサークイズの不正解を見ることができました。この後、使い回し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

31回関東大会(その10)

 先日、NHKのBSで、中国での記憶力選手権の番組が放送されていましたね。かつて「ワンダー×ワンダー」でやったもので、地上波の番組の素材をそのまま流用してBSのドキュメンタリーを作るのは恒常的にやっていることですが、ナレーションがあおい洋一郎でした。あおいにはこういう頭脳番組のイメージがついたのか。

 それでは関東大会です。千葉の決勝は千葉、渋谷幕張、千葉東、船橋の男子と混成です。千葉は3年目で初の決勝進出です。一方、千葉東は2年連続で決勝で船橋に負けたそうです。さらに先ほどの千葉へのインタビューで自分たちだけ呼び捨てにされたことに恨みをもっています。私は逆に組織名に「さん」をつける方がおかしいと思いますが。船橋の男子のリーダーは、昨年代表チームのメンバーだったそうです。

 1問目、新嘗祭は現在の何の日という問題で、渋谷幕張と船橋の2チームが正解。昨年代表は、確実に正解するためにわざと全部ひらがなで書きます。2問目は文学で渋谷幕張と千葉東が正解です。3問目、ユネスコの正式名称を漢字10文字で。「漢字10文字」って聞いたことがありません。これは「国連」はそのままでいいという意味です。かつてこの部分も「国際連合」と言わないといけない問題が実際に高クイで出たことがあります。千葉と渋谷幕張が正解です。

 4問目、まさに雑学本でしか見ない問題を早い段階で押して千葉東が正解。5問目は珍しい落語の問題で、渋谷幕張が正解です。答え自体は学問系ですからね。6問目は日本史で、千葉東が早く押して正解です。7問目は公民で、船橋の混成が正解。
 8問目、中国の文学の問題ですが、これってウルトラクイズの有名な場面で出た答えではないか。クイズ研ならこれはわかっているでしょう。昨年代表が正解します。この後、予想外に長期化。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

第6回エコ甲富山大会(その6)

 昨日の「がっちりマンデー!!」はライオンについてでした。ライオンでは広告を非常に重視していて、創業者は「広告は商品の肥やし」と言っていたそうです。明治31年にライオン音楽隊を結成して軍歌の替え歌を歌って全国を巡業したのが日本のCMソング第1号とされています。そして「8時だョ!全員集合」のエンディングで「歯磨けよ」「風呂入れよ」と言っていたのは、スポンサーのライオンのステマだったそうです。だから高校生を東大東大とあおるクイズ番組のスポンサーも長年続けているのか。でも、今年の元日から社長が代わったそうですから、新トップの判断しだいではあの番組もなくなるのか。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の早押しのG組。3問目は富山東が正解します。4問目も富山東が押して「日経平均株価」と答えますが、それを算出している新聞社はという問題でした。前も書きましたが、日経平均株価を出している新聞はどこって、問題としてつまらなすぎるだろ。
 5問目は入善が正解して、全チーム1ポイントです。6問目、「現在有効な紙幣で最も額面が小さいのは」で富山東が押して1000円札と答えます。それでは出題されません。

 これで第2ラウンドが終わって、観客に恒例のお茶が配られます。預金は北陸銀行で。住宅ローンは北陸銀行で。再開後、決勝進出チームの発表です。1位ははちまきの片山学園。優勝できなければ丸刈りになると言うだけあります。2位は富山中部。3位は砺波。4位は高岡。5位は富山中部。6位は富山南の混成です。インタビューで2位は、「より高い商品券目指して頑張りたいと思います」。

 決勝の1問目、「PL法を略さずに言うと」で全チーム正解です。これが全部できるというのはかなりレベルが高い。2問目は2、3、4位が正解で他は白紙です。3問目の正解は会社四季報で、1位と6位が正解。2位は「企業白書」と書きました。この後、ついに見られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

31回関東大会(その9)

 今月の「ナナマルサンバツ」ですが、本格的にスポ根的なストーリー展開に入った感じがします。これまでずっと導入部で、ようやく長期連載のめどがついたので思い切りクイズそのものについて描くというように見えます。来月には3巻も出ますし。3巻の表紙は予想通りの青です。ところで、今回気になったのは、突然出てきた巨乳描写です。そんな設定になっていたっけ? もう一つの高校生クイズ漫画を意識したのか。

 それでは関東大会です。埼玉の決勝の4問目、クイズ研ならこれは調べてあるだろといわんばかりの時事問題です。浦和が正解。5問目、「11月3日は晴れ」で川越東の敗者復活が特異日を正解。6問目は計算問題で、このチームが連取します。7問目は浦和の先ほどと違うチームが正解して、浦和2チームと川越東が3ポイントで並びます。
 8問目、スウェーデンに関する、私はまったく聞いたことのない問題で、浦和が正解。9問目で突然「ベッキーが歌手活動をするとき」。川越東の敗復でない方が押しますが不正解。芸能でも難しい問題を出してきます。
 10問目は難しい四字熟語で川越東の敗復が正解。次も私は知らない言葉で浦和が正解します。12問目は生物学の難しい言葉で浦和のもう一方が正解。この対戦は、クイズ研しか答えられない問題しか出てきません。
 13問目「日本ペンクラブの初代会長は島崎藤村」で同じチームが押して、国際ペンクラブの初代会長を正解します。これで王手です。14問目、語源問題で川越が初めて押しますが不正解。15問目、マイナーな星座を答えて浦和が王手です。次の英語の問題を早い段階で押して、浦和が一気に決めました。埼玉だとこんな問題が出るのか。東京はどうなるでしょうか。
 この後、新機軸の出題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

第6回エコ甲富山大会(その5)

 今朝、当ブログの検索フレーズで、「『進め!突撃ッズ クイズ 簡単やで~!』  無料動画」というのがありました。この人は、今日この番組が全国で放送されることに気づいているでしょうか。「ビスコ」も「ポッキー」も流れるのかな。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の早押しのE組。水橋と高専射水の女子と高岡と石動です。ここから司会者が急にインタビューの仕方を変えます。頑張りますみたいなことしか言わないからか。
 1問目、2問目、3問目と高岡が連続正解して一気に勝ち抜け。4問目の正解はバーターですが石動が自由貿易と答えます。5問目は水橋が正解。6問目、「東京ガールズコレクション」という意外な問題で高専射水が正解します。7問目は水橋、8問目は高専射水が正解です。

 F組から3チームになります。高岡向陵、小杉、片山学園です。片山学園は必勝はちまきをして、優勝できなければ丸刈りにすると言っているチームです。高岡向陵が「あっちのはちまきには勝てると思います」。
 1問目、片山学園が正解。2問目は小杉が不正解。3問目は片山が取ります。しかし4問目、5問目と小杉が連取して追いつきます。最後の6問目は片山学園が正解して勝ち抜けました。口だけだった高岡向陵は一度も押さず。

 G組は入善、富山東と高岡の混成です。1問目は高岡が正解。2問目の正解は不動産で、また高岡が押しますが、「固定資産」と答えます。答えが固定資産という問題はさっき出ました。
 この後、商品券目当て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

31回関東大会(その8)

 先週書いた「SCOOPER」での小島慶子がラルフ口撃というのは、「深イイ話」で紳助が羽鳥にやっていたのと同じ、フリーになるんだろとネチネチ言うものでした。ラルフがフリーになるとは考えにくいですけど、番組側の演出でそういうことをやっているわけで(わざわざ局アナがフリーになることをテーマに話させている)、局は文句を言わないんですかね。

 それでは関東大会です。茨城の決勝は6問終わって水戸第一の混成チームが独走です。7問目、水戸第一のもう一方の男子が正解。さらに次も連取します。9問目、「本のページの端を折り曲げた」で茨城の男子が正解。まさにクイズ番組でしか聞かない用語です。
 10問目、茨城の女子が不正解。11問目は語源から建物の名前を答える問題で、水戸第一の男子が正解。クイズ研しか答えられません。12問目、医学のやや難しい問題で茨城の男子が正解。こんな問題に答えられそうなチームには見えませんでしたが。
 13問目、水戸第一の男子がついに逆転で王手になります。しかし次を水戸第一の混成がようやく答えてこちらも王手。15問目を取ったのは水戸第一の男子でビクトリーです。

 埼玉の決勝は、ここだけ6チームです。浦和明の星女子は5日前に出場を決めたそうです。司会者が「ここから画面がカオスっぽくなります」。川越東の2チーム、浦和の2チーム、そして最多枠の川越と、クイズ研的男子が続きます。川越東の1チームは敗者復活だそうです。
 1問目、冬のオリンピックが開かれる韓国の都市です。全チーム答えが違います。浦和の1チームが正解。川越は「チャンピョン」と書きました。2問目は漢字の問題で、先ほど正解した浦和と川越東の1チームが不正解。3問目、日本地理のかなり難しい問題で、浦和の2チームが正解です。
 この後、露骨なクイズ研大会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

第6回エコ甲富山大会(その4)

 毎日放送では「イカさまタコさま」が終わった後、「ヒキダス!」をネットせず、穴埋めに「バース・デイ」を放送しています。それなら46歳結婚できないクイズ女王の回をやってくれ。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。富山大会の早押しのB組。5問目の正解はクーリングオフですが、王手がかかっている水橋が押して「悪質商法」。6問目はスルーで、7問目の正解はフリーターですが水橋が「ニート」。これで水橋の勝ち抜けはなくなりました。8問目、富山商が押しますが答えられません。2人で仲間割れしています。

 C組は高専射水の女子、砺波、高岡商、片山学園の女子です。1問目、片山学園が正解します。このチームもかわいい。2問目は砺波、3問目はスルー。難しい言葉ではありませんが、高校生は知らない。4問目は砺波が取って王手です。むしろこの言葉の方があまり聞きません。
 5問目は学校で習う問題で高岡商が正解。6問目、片山学園が「農協」と答えますが正解はJA。これはJAでないと成立しません。7問目を砺波が正解して勝ち抜けです。ちなみにこの地区は、勝ち抜けが2チーム出ても8問目までやるというルールになっています。8問目は片山学園が正解して終了です。

 D組は入善、滑川の女子、富山中部、富山の女子です。1問目はスルー。次は富山中部が正解して、3問目は入善です。次の2問を富山中部が連取して勝ち抜けです。6問目は富山が正解して、この後2問連続スルーです。学校で習わない単語だと簡単でもスルーになります。この後、口だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

31回関東大会(その7)

 ホールドオンの司会は武内陶子アナウンサーになるんですね。まさかここで局の女子アナ(それもベテランの)がくるとは。ところでこの番組の第1回ではチャンピオン席にちゃんとIQ牧場が呼ばれるのでしょうか。

 それでは関東大会です。栃木の決勝の5問目、簡単な問題で宇都宮のもう1チームが正解します。次は学校の授業的な問題で宇都宮の最初のチームが正解。これで5ポイントになります。チーム内で今の問題の解説をしています。
 7問目、関西の自治体名を答える問題で連取して、王手です。以前にも千早赤阪村を答える問題が関東で出ていたな。8問目、一転して芸能問題が出て、宇都宮女子が正解。しかし9問目で宇都宮がビクトリーです。

 茨城の決勝は日立第一、茨城が2チーム、水戸第一が2チームです。茨城は初出場の女子と3年目の男子ですが、どちらもキャラが変です。水戸第一は混成チームと、昨年決勝で負けたらしい3年生です。
 1問目、「ユーロ紙幣で最も額面が大きいのは」。水戸第一の混成のみ正解。茨城の女子は「ローマユーロ」と書いています。2問目は星座で、水戸第一の2チームが正解。まさに普段クイズをやっているかどうかがわかります。3問目は国旗。またも水戸第一の2チームが正解です。
 4問目、水戸第一の混成が正解して、4問連続正解。次は茨城の男子が取ります。しかし6問目の百人一首を水戸第一の混成が正解して独走態勢です。ここから意外な展開に。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »