« あおいがあおる事前番組(その10) | トップページ | 年始の特番 »

2012年1月 3日 (火)

31回島根大会(その1)

 「ネプリーグ」のスペシャルで、藤本敏史が久しぶりに出演したと言われて「あるクイズ番組が急に終わっちゃったんで」。すると中村アナまで「私も来られるようになりました」。あるクイズ番組とは同じ日に収録していたんだっけ。

 それでは7月28日の島根大会です。高校生クイズで最も参加者が少ないといえば島根です。22回にして○×クイズの勝ち抜け数と同じしか参加しなくなり、さらにそれをも下回るようになり、前回はついに決勝進出チーム数をも下回りました。単県大会にすることの最大の意味は島根のためにあります。
 そして今回の島根大会に参加したのは12チームでした。わざわざ島根まで行って大会を開いて12チームしか参加しないのかと思いますが、ライオンは満足しているらしい。これはそのうち全都道府県開催になるかもしれません。

 会場は松江城山公園です。駅からはかなり遠い場所です。単県大会の会場は城と大学が多い。応援パーソナリティはここもレギュラーです。表彰されるのは松江北です。この会場の直近です。
 司会は中野アナ。1問目、わんこそばの問題です。誰もいない答えがあります。正解は2番目に多い答えでした。勝ったチームの大半が同じ学校のような制服を着ています。2問目はスポーツの問題で、1チームを除いて同じ答え。これで勝っていないのは1チームだけになりました。
 この女子チームに出された3問目が「次のAKB48のメンバーで所属チームが違うのは」。まったく迷わずに答えを選びます。AKBの所属チームって普通の報道ではまず出てきませんが、女子高生にはそんなに浸透しているのか。これで全チームが1回戦を通過しました。レギュラーは出る幕がありません。
 この後、髪型をいじられる。

|

« あおいがあおる事前番組(その10) | トップページ | 年始の特番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53639950

この記事へのトラックバック一覧です: 31回島根大会(その1):

« あおいがあおる事前番組(その10) | トップページ | 年始の特番 »