« 第6回エコ甲福井大会(その6) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その7) »

2012年1月24日 (火)

31回関東大会(その3)

 中田敦彦と福田萌の交際が報じられていますが、出会ったきっかけを当人の発言から推定すると、「熱中スタジアム」の司会の代理を福田がやったときです。マニアたちを尻目に、そんな方に熱中していたのか。

 それでは関東大会です。三択の2問目、ミッフィーに関する問題です。知識があれば1つは間違いの選択肢がわかりますが、そこから絞れません。そして一番少ないところが正解でした。関東は1回戦の三択で本気で落としにかかっています。
 3問目も難しい問題です。関東は有名クイズ研を残したいにもかかわらず、それらでも答えるのが難しそうな問題が出ています。

 3問終わって、「ちょっと待った。敗者復活だ」という声がします。出てきたのはAKB48の3人ですが、いずれもチーム4です。知らない人ばかりです。高クイ関東はAKBが来ると宣伝しますがこのくらいの人が来る。全地区の募集ポスターに水樹奈々が来ると書いてありますが実際は4地区にしか来ないし。
 敗者復活の要求を桝アナが断ると、「あの人を呼びましょう」。そして鈴木アナが出てきていきなり「敗者復活認めましょう」。桝「去年認めないと言ってたのはあなた自身ですよ」。鈴木「去年は去年、今年は今年。まだ認めないというならさらに援軍を呼びたい」。
 ハイキングウォーキングと楽しんごが入ってきます。鈴木「桝くん、立場が変わるとすごい気持ちいいね」。敗者復活の条件は大なわとびです。ハイキングウォーキングの松田と鈴木アナが縄を回して5人が跳びます。60秒で跳んだ回数のチーム数が復活します。
 1秒に1回以上のペースで跳びますが、だんだん引っかかるようになってきます。最終的に32チーム復活になりました。
 この後、初めて成功するのを見る。

|

« 第6回エコ甲福井大会(その6) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53809604

この記事へのトラックバック一覧です: 31回関東大会(その3):

« 第6回エコ甲福井大会(その6) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その7) »