« 第6回エコ甲福井大会(その4) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その5) »

2012年1月20日 (金)

31回関東大会(その1)

 NHKの4月からの新番組が正式発表されましたが、「連続クイズ ホールドオン!」は13時台前半になるんですね。「スタジオパークからこんにちは」はどうなるんだ。その時間帯で視聴者参加クイズを見るか? 昔の「クイズいただきます」みたい。
 あと、この前1回だけパイロット版でやっていた「NEWS WEB24」が平日の毎晩放送されます。NHKがニュースのネット連動にここまで挑戦してきたかと思える内容でしたが、政治部の記者の中継で「インターネットの世論が重要」などと言っていて「今ごろ大手マスコミが何を言い出すんだ」と思いました。

 それでは7月31日の関東大会です。香川大会に始まって21日間、毎日予選がある中で、7月30日だけ休みです。今でも関東大会だけは前日すべてを準備に充てないといけないということです。今回からついに球場を離れて、他の地区と同じような会場になりました。潮風公園はこれで、地区大会でも使われ全国大会2回戦でも使われ全国大会準決勝でも使われ全国大会決勝でも使われています。

 前説があって、日本テレビの執行役員のあいさつです。多くの人に来ていただきたいということで都心部のお台場で開催したとのことですが、実際は多くの人が来ないことを見込んでいるからこそここで開催できるわけです。次はライオンの常務取締役の開会宣言です。
 ハイキングウォーキングと楽しんごが出てきて、バズーカでサイン入りTシャツを撃ちます。表彰されるのは川越です。表彰状を読み上げるだけでその場で渡しません。これは球場時代の敗者復活戦や抽選会で、当たった番号を読み上げるだけでいるかどうか確認しなかったのと同じです。まだ関東は、直接渡すと混乱するくらいの人数は来ているのか。

 優勝旗返還の後、水樹奈々がせり上がってきます。前方の男子がオタ芸で跳ねまくっています。中部に続いてここも、水樹目当てで出場した高校生がこんなにいるのか。後方で、参加者以外で水樹目当てで来ているのは200人ぐらいでしょうか。
 歌った後で「あの人にバトンタッチしたいと思います」と言うと桝アナの声が聞こえます。参加者が多すぎて、ゆりかもめに乗車制限がかかったと言っています。
 この後、司会者を全面否定。

|

« 第6回エコ甲福井大会(その4) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その5) »

コメント

3連投すいません。タイミング良く更新されたものですから。

19回の準々決勝も,潮風公園じゃなかったでしたっけ?(あれは2回戦かな?)

投稿: t-kamiya | 2012年1月20日 (金) 02時09分

19回の準々決勝は事実上の2回戦ですね。1回戦が石原都知事に提案するやつと、連打早押し→面接(豆つかみ&即興ダジャレ&後なんだっけ?普通の面接?)と敗者復活のペーパー、でしたね。

投稿: れそと | 2012年1月21日 (土) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53777069

この記事へのトラックバック一覧です: 31回関東大会(その1):

« 第6回エコ甲福井大会(その4) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その5) »