« 31回関東大会(その3) | トップページ | 31回関東大会(その4) »

2012年1月25日 (水)

第6回エコ甲福井大会(その7)

 1年前の書き込みを読んでいて、関空旅博というものがあったことを思い出しました。昨年は震災直後だったために中止されたのでした。ところが検索したら、中止になったものが7月に改めて開催されていたことを初めて知りました。わずか4カ月遅らせただけで自粛を解除するのなら、最初から開催していても大して変わらないように思いますが。もともと震災被害とは全然関係ないイベントなのに。それにしても、私がどこにも行けない状況にさせられている期間に、いろんなことがあったんですね。なお、今年は5月に開催されるそうです。

 それではブロックされたエコノミクス甲子園です。福井大会の決勝の3問目は社会の教科書に載っている問題です。武生と藤島の4位が白紙で他は正解です。4問目は日銀総裁のフルネームを漢字で書くというもので、福井高専のみ正解で他は白紙。これで福井高専が8ポイントで断トツです。
 5問目の正解はハゲタカファンドですが、予想外の全チーム白紙。6問目は三択で、福井高専と武生が正解です。これで福井高専がダブルアンサークイズです。
 問題は、4つの金融商品のうちハイリスクハイリターンのものを2つ答えるというので、極めて簡単です。また一発で決定してしまいました。司会者が「こんなあっさり決まっていいんですか。この台本はどうなるんでしょうか」。

 優勝チームは、経済のことを100時間勉強したと言っています。去年と今年の高校生クイズで全国大会に出たそうです。
 1位から3位には福井新聞社賞が贈られます。ところで北陸銀行の支店長は、どのチームの表彰状も「頭書」を「しょとう」と読んでいます。これはこの歳になるまで完全に思い込んでいるようです。この地区から航空券のパネルにリボンが描かれています。
 最後に支店長のあいさつです。今年は25会場で1500名が参加したそうです。第1回は20チームぐらいしか出ていないのが、ここまでになるとは。しかし多くの地銀が参加して規模が大きくなるにつれて、排除が強まってきましたが。

|

« 31回関東大会(その3) | トップページ | 31回関東大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53818976

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲福井大会(その7):

« 31回関東大会(その3) | トップページ | 31回関東大会(その4) »