« あおいがあおる事前番組(その13) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その3) »

2012年1月14日 (土)

31回鳥取大会(その1)

 今回の「タイムショック」の最大の見どころは、やくみつるが自分で増毛に言及したことでしたね。私が増毛したやくを最初に見たのは11月5日の「週刊ニュース深読み」でしたが、ネットで騒がれ出したのはそれから1週間ぐらい後でした。ネット住民は朝早いNHKは見ていないということか。なぜ今ごろになって言い出したんでしょうね。周囲の微妙な雰囲気に耐えられなくなったのでしょうか。他の出演者も「えーっ、盛ってるんですか」という反応でしたが、わかってただろ。

 それでは7月29日の鳥取大会です。単県大会の会場は城か大学が多くて、大学の場合交通がかなり不便な場所になります。今回は鳥取環境大学です。鳥取市の中心部からは大きくはずれていて、因美線に乗らないといけません。
 30チームぐらい参加しています。表彰されるのは八頭。鳥取市ではなくこの会場に来やすい高校が多くなるんですね。司会は中野アナです。

 1問目は宮城出身の作詞家に関する問題です。半分ぐらいが正解しました。2問目は地学に関する私は聞いたことのない問題です。しかし1つの答えが多くて残りは2チームと0チームです。そして多いところが正解。3問目、ことわざに関する問題で、雑学本によく載っています。これで2チームとも正解して全チーム準決勝進出です。
 するとレギュラーが「ちょっと待った」と出てきます。「敗者復活戦をしてくださいよ。吉本興業からは敗者復活やってくれと言われたんですよ」。前回の島根では全チーム勝ち残って出番がなくなったので、一応出てくることになったんですね。最後の問題で残った2チームに「勝ったしって言っても、言わしてもらえればギリギリやで」。

 ペーパークイズの結果発表です。八頭の最多枠が決まった後、鳥取西が2チーム勝ち残って、その後は倉吉東、米子東と地域のバランスがとれています。残り2チームになって、前の米子東がピンポンです。この後、東大へ行けるメンバー。

|

« あおいがあおる事前番組(その13) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53730436

この記事へのトラックバック一覧です: 31回鳥取大会(その1):

« あおいがあおる事前番組(その13) | トップページ | 第6回エコ甲福井大会(その3) »