« 31回岡山大会(その2) | トップページ | イントロの人とシンクロしない »

2011年12月24日 (土)

第6回エコ甲静岡大会(その4)

 エコノミクス甲子園の静岡大会と同じ日には北海道大会もありました。こちらも自由に観覧できるのですが、まだ行けたことがありません。エコ甲の各会場で私が最初から入れなかったのは今年の山梨大会と昨年の長崎大会ぐらいで、ほぼ全国の地区大会を見ています。北海道にも早く行かなければ。私はツイッターでエコ甲の公式アカウントにブロックされていることが判明したので、北海道銀行に私を入れないよう手を回されないうちに。

 それでは静岡大会です。早押しのD組は清水東が2チームと静岡です。なぜかチーム名がいずれも半濁音で始まります。1問目は静岡が正解。愛媛と同じ問題が出まくっています。2問目は清水東です。3問目は二択で静岡。4問目、前振りがあって「2010年度に放送した主なCMに『見える気持ち』」で清水東のもう1チームが押してACを正解。これは時事問題です。5問目もこのチームが取ります。6問目は静岡が正解して勝ち抜けになりました。

 E組は静岡が2チームと清水東。1問目を静岡が正解。2問目も同じチームが取ります。3問目「日経平均は何社」というので選択肢が出る前に静岡のもう1チームが正解します。投資の経験があるそうです。4問目は清水東が正解。5問目は静岡の最初のチームが正解して勝ち抜けました。6問目は静岡のもう1チームです。

 休憩後に決勝のルールを説明してから、高校生にインタビューします。清水東の国士十三面待ちというチームにチーム名の由来を聞きます。女性司会者はこの意味がわからないそうです。静岡の記録荘園券契所というチームは、知っている日本史の単語で最も長いものをチーム名にしました。静岡の女子のOMPというチームは音符のことで、両方が楽器のクラブに入っています。この後、意外な得点経過。

|

« 31回岡山大会(その2) | トップページ | イントロの人とシンクロしない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53559794

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲静岡大会(その4):

« 31回岡山大会(その2) | トップページ | イントロの人とシンクロしない »