« 第6回エコ甲静岡大会(その1) | トップページ | 第6回エコ甲静岡大会(その2) »

2011年12月19日 (月)

31回徳島大会(その4)

 マクラでいろいろな番組のことを書いてますけど、タイミングが合わずに紹介する機会がないまま終わる番組もよくあります。昨年度にTBSでやっていた「全種類」って、「お願い!ランキング」に対抗できるいい番組だと思ったのですが、あっさり終わってしまいました。さて、関西テレビの「◎本の矢」がなかなかいい番組と思っていたら、テレビ情報誌を見たら今週で終わりではないか。ちなみに「イカさまタコさま」も今週で終マークがついています。でもその後で休日の昼間に再放送されるようです。

 それでは徳島大会です。決勝の11問目で昨年代表の徳島市立が王手になりました。12問目は城ノ内が正解。13問目、「商人の仲間という意味がある、13世紀から」で昨年代表が押します。これで決定か。「ギルド」と答えて不正解。正解はハンザ同盟です。
 14問目の正解は流域面積ですが、富岡東が「流域」だけで正解になります。15問目は徳島文理の2年が正解。16問目「OPECの4文字で石油を表すのは」で昨年代表が「O」と答えて不正解。これで失格です。まさか勝利確実だった昨年代表がこんなことになるとは。それにしても今年は失格がよく出ますね。

 17問目「『24』の主人公はジャック・バウワー」で徳島文理の2年が押して答えられません。「パイレーツ・オブ・カリビアンの主人公は誰」でした。18問目を城ノ内が正解して3ポイント。さらに19問目も取って王手です。藤田アナが「22大会ぶりの優勝がかかっています」。
 しかしここから富岡東、徳島私立の昨年代表でない方、富岡東と正解して、まだわかりません。23問目「鳥羽伏見の戦いから始まり五稜郭の戦いで終結した」で昨年代表でない方が押して「壬申の乱」と言ってしまいます。典型的な勘違い用語です。しかし次で取り返します。25問目は徳島文理の1年が正解して、まだ混戦です。
 26問目、正解は「三審制」で、城ノ内がようやく答えて「トップオブビクトリー」。昨日の政経の授業でたまたま先生に聞いたそうです。

 NHKの大リーグ中継は現地からの映像を見ながら日本で実況しているらしいですけど、私のこの文章も同じようなものです。なんか手触りがないぞ。

|

« 第6回エコ甲静岡大会(その1) | トップページ | 第6回エコ甲静岡大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53519882

この記事へのトラックバック一覧です: 31回徳島大会(その4):

« 第6回エコ甲静岡大会(その1) | トップページ | 第6回エコ甲静岡大会(その2) »