« 31回香川大会(その4) | トップページ | 31回徳島大会(その1) »

2011年12月11日 (日)

第6回エコ甲愛媛大会(その7)

 エコノミクス甲子園の九州大会は、ホークス優勝パレードのために開始を1時間遅らせたそうです。そういえば第1回の全国大会は、第1回東京マラソンと同じ日にしてしまったために、予定されていたマスコミの取材が全部キャンセルになり、さらに会場が通行止めの道路で取り囲まれるため準備にも支障が出ました。

 それでは愛媛大会です。第2ラウンドが終わって5分休憩の間に順位計算をします。14時前に伊予銀行専務のあいさつがあります。過去3回の愛媛大会は銀行の本店でやっていたが、地域の人に見てもらおうということで今回からこういう会場にしたそうです。どの地方銀行もこうしてもらいたいものです。沖縄大会なんか、次回はどうやって一般客を集めるかという話し合いをしていたのに、次回になったら関係者以外入れなくなりました。参加者当人以外は一切入れなくて地域に何も還元していない関西大会は論外ですが。

 決勝ラウンドのタイトルは「ボード&ダブルアンサークイズ」。まずは決勝進出の6チームの発表です。1位が99点の松山西。2位が96点の松山西。3位が93点の松山東。4位が89点の松山南。5位が89点の松山東。ここまでチーム名が全部カタカナです。3位の松山東は早押しで1問しか正解していないので、ペーパークイズの成績が圧倒的によかったということか。6位は八幡浜です。
 優勝予想の投票は決勝の1問目が出るまでです。ここでルール説明。ボードクイズで、正解は3ポイント、不正解はマイナス1ポイント、無回答は0ポイントです。10ポイントを超えると通過問題のダブルアンサークイズに挑戦します。答えが2つ以上あるものを、1人ずつ答えます。2人で相談はできません。正解すれば全国大会進出で、不正解だと4ポイント減ってボードクイズに戻ります。同時に10ポイントを超えた場合はポイントの高いチームが先に挑戦します。同点なら予選順位の高いチームが先です。この後、ITパスポート。

|

« 31回香川大会(その4) | トップページ | 31回徳島大会(その1) »

コメント

あなたが、入っちゃいけないところに入ったり、主催者に暴言はいたり、ネットで悪口書いたりしたから、観覧お断りになったのわかってますか?

こっちはマナー守って観戦してたのにいいとばっちりですよ。

投稿: | 2011年12月12日 (月) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53457371

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回エコ甲愛媛大会(その7):

« 31回香川大会(その4) | トップページ | 31回徳島大会(その1) »