« 第6回エコ甲愛媛大会(その7) | トップページ | 第6回エコ甲愛媛大会(その8) »

2011年12月12日 (月)

31回徳島大会(その1)

 急に高校生クイズの公式ツイートが流れてきたと思ったら、年末に日本テレビで放送される「日本No.1の頭脳王!大決定戦!!」の司会は福澤朗なんですね。高校生クイズのスタッフが作っていると報道されています。高校生クイズのスタッフが結集して12月30日に大型視聴者参加クイズをやるのなら、高校生クイズ冬の大会を復活してほしい。福澤は年末に中京テレビで放送される「こども鉄道博士選手権」でも司会をするんですね。職業はクイズ番組の司会者か?

 それでは7月26日の徳島大会です。会場は、あすたむらんど徳島というところで、かなりの山の中の交通が不便なところです。参加する高校生は、遠足で来たことがあると言っていたそうです。こんな場所にもかかわらず、単県大会では圧倒的に多い参加者数がありました。
 ここも応援パーソナリティはレギュラーで、表彰されるのは城ノ内です。藤田アナ「徳島ラーメンうまかった。生卵は欠かせないよね」。ここでは「東北のみんな頑張るんじょー」を収録します。

 1問目、東北大学出身の小田和正に関する問題です。2番目に多かった答えが正解。2問目はクイズではよく出る問題で、最も多いところが正解です。3問目はニュースに関する知識が問われます。先ほど最多出場で舞台で表彰されたチームが敗退しました。
 レギュラーが「ちょっと待った」と来ます。表彰されたチームに「敗者復活したいぞー」と叫ばせます。西川が、ボールを股の間を通しながらドリブルして、1分間で敗者の周りを2周すれば敗者復活を認めることになります。すると敗者が小さくまとまります。
 敗者は14チームで、ガラポン抽選で復活できるのは5チームです。この地区も全チーム復活ではないのか。表彰されたチームは敗れます。この後、レディ・ガガ。

|

« 第6回エコ甲愛媛大会(その7) | トップページ | 第6回エコ甲愛媛大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53466040

この記事へのトラックバック一覧です: 31回徳島大会(その1):

« 第6回エコ甲愛媛大会(その7) | トップページ | 第6回エコ甲愛媛大会(その8) »