« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

頭脳王

 朝日放送の「むちゃぶりカジノ」という番組の予告を見ました。宇治原が町田健と漢字しりとり対決をするそうですが、以前TBSでやった「殿の決断ショー」で、金田一秀穂と町田のしりとり対決があって、さらに勝った金田一と宇治原のしりとり対決がありました。こんなすごいパクり方をするか。将棋の対局みたいにする演出もそっくりです。しかも番組全体でいうと「ウルトラマンDASH」のパクリですね。

 さて、「頭脳王」です。高校生クイズのスタッフが作ったとは聞いていましたが、高校生クイズそのものではないか。出場者が高校生でもチーム制でもないというだけで、番組は高校生クイズです。1985年以来の年2回の高校生クイズが復活したといえます。当時とは似ても似つかないものになっていますが。セットとか音声とか画面の文字とか、司会者は1問ごとに「問題」と言うだけで問題を読まないとか、あそこまで高校生クイズとして作ってくるとは思いませんでした。
 ただ、違いは高校生クイズで出る学問バリバリの問題に交じって、とんちとかスポーツの問題も含まれていたことです。おそらく今回の出場者の中には、経歴は番組的に申し分ないが、いわゆる競技クイズの経験のない人もいると思われるので、そういう人も対等にするには高校生クイズのような問題だけではまずいのでしょう。対等という意味では、準決勝などものすごく難しくてその分野の専門でないと答えられないような問題が出ていましたが、各人の得意分野が順に出るように調整していましたね。問題が難しいという演出を見せたいが、そしたら誰も正解できなくなってしまうということで、こんなことになったのでしょう。
 決勝は1人対1人で答えるからか、むしろ問題のレベルを下げているように感じられました。私は高校生クイズのときよりかなり答えられました。同工異曲ってあの番組の決勝で出るようなレベルの問題か? 萵苣という問題が出てましたけど、私は苣という字を、実家のすぐそばの苣原(ちしゃはら)という地名でしか見たことがないので答えられました。

 それにしても、あのあおりフレーズ。解答者を呼ぶとき、名前ではなく「東大医学部の天才」とか言うってどういうことだ。しかも、あおる内容は徹底的にワンフレーズ化して、高校生クイズの知識サイボーグ以外は高校生クイズで上位になったことを一切言わない(知識サイボーグがワールドクイズクラシックで優勝したことはもちろん言わない。これって「所詮高校生レベル」と言われたことへの意趣返しか)。全国模試1位は東大生であることを言わない(私は「東大に落ちたんだっけ」と高クイ事前番組で確認してしまった)。8カ国語に精通とか東大法学部首席とかどこまで本当なんだか(東大は法学部だけは卒業式で代表して卒業証書を受け取るのは成績1位と決まっているといわれているが、事実かどうかはっきりしない)。おそらく出場している当人が一番恥ずかしい思いをしていることでしょう。
 私の思ったこととしては、来年の高校生クイズもこういう人だけ集めてやるので、予選に来る一般の高校生は数合わせですと言われているようで、いやな感じがしました。冬にこの番組をやるのなら、高校生クイズで同じことをやったら飽きるから、高クイは元に戻せと言いたい気もしますが。私は、今回の頭脳王は枠の関係もあり、高クイのような視聴率は取れないと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

第6回エコ甲静岡大会(その6)

 昨夜関西テレビでやっていたのは、「デマトリックス」という番組でした。デマを撲滅するというもので、「ウソバスター」そのものではないか。実際、「怪しい噂の集まる図書館」と同じネタがありました。この番組は前にもやっていて、前回は私が実家にいる日だったのに気づいていませんでした。次の番組が「ヒャクシラ!!」というもので、「キャバクラ嬢100人のうち芸能人の連絡先を知っているのは何人か」といった、やはり「確率な~のだ」と同じ番組でした。ナレーターが立木文彦だし。デマトリックスの方は、「嵐にしやがれ」と同じ人です。そういえば、テレビ情報誌では今日、「イカさまタコさま」の再放送があることになっていましたが、なくなっていましたね。

 それでは、RTしたら「あなた嫌いなので関わらないでください」と言ってくるかもしれないエコノミクス甲子園です。静岡大会の優勝チームは決まったのですが、まだクイズは続きます。
 ボードクイズの5問目、6位だけが白紙です。これで4位と5位がともに11ポイントになりました。まずは4位の清水東のダブルアンサークイズです。年間1000億円以上売り上げたコンビニで、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート以外という問題です。ミニストップとサークルKサンクスと答えて正解です。ちゃんとサークルKサンクスと言えるのか。これ、サークルKとかサンクスとか答えていたらどうなっていたのでしょうか。
 次は5位の静岡のダブルアンサークイズです。国民年金の支払いが年金額に反映されるのは何歳から何歳までかというものです。すると1人目が「60歳」と答えます。この問題は順番も決まっているので、2人目はどうしようもありません。初めてダブルアンサークイズの不正解を見ました。
 ボードクイズの6問目、国富論の著者で、1位のみ正解。2位が不正解で他は白紙です。7問目は○×クイズで、6位のみ不正解です。1位と5位が同時に10ポイントになりました。
 まずは1位のダブルアンサークイズです。確定申告の種類は何色と何色かというもので、青色は知っていますがもうひとつがわかりません。赤と答えて不正解です。なんで優勝チームが決まる前にこういう展開にならない。
 この後、MとS。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

年末の特番

 「ナナマルサンバツ」、今号は昨日発売されていますが、まだ秋葉原でのアーケードゲームが続いています。また新キャラクターが登場するのですが、この人はこの先、ストーリーにからんでくるのでしょうか。なんかこの人がいることがそのまま忘れられるような気がするのですが。今回は久しぶりにページ数が多くて、なかなか読み終わりませんでした。

 年末は昼間や深夜に単発の特番が多くて、どうしてもクイズ系で埋めようとするので、見る方も大変です。おとといは裏番組どうしで「値段当てバトル BUKKA」と「ネームズ・ディーン」は、どちらも企画はよかったものの、ものすごく企業の宣伝と結びついていましたね。番組自体をコマーシャルにすると割り切ったような作りでした。
 昨日は「気ニナル刑事」が、取り上げるものは「ハテナの出口」と同じようなものながら、無理に刑事ドラマと結びつけるというものでした。刑事ドラマの中で事件を起こしておいて、それを解決しないでクイズをやるという、よくわからない演出です。その後の時間帯にやっていた「クイズ!新明解国語辞典」は、クイズ内容があまりに普通で(新明解国語辞典を使ってクイズをやるなら誰でも考えつくだろうというようなルール)、期待はずれでした。でも出場者が東大東大とあおる演出はちゃんとあります。
 今日やっていた「最新常識!当てれば即現金! 街角めくりクイズ」は、今の時代、テレビ東京でしかできないような内容でした。生放送で街中の一般人に次々とクイズをさせていってできれば現金というのは、逆に今見ると新鮮です。しかし問題運がかなりありました。「帰れま10」をパクったとしか思えない問題形式は絶対に正解できないでしょう。

 今夜もまた雑学系番組が裏で重なっていますね。さらにフジテレビのクイズと同じ時間帯に関西テレビではまた別のクイズ番組をやっていて、その後にもテレビ東京の「確率な~のだ」をパクったかと思われる番組があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

31回岡山大会(その4)

 昨夜、ツイッターで検索していたら、疑問のようなことを書いている書き込みが引っかかったので、何気なくそれに答えました。するとしばらくしてその人物が、

----(ここから)----

kivat753 ブロックしてる相手に非公式RTされるとか不快なんですけど

----(ここまで)----

 と書いているのを発見しました。そしてその後、

----(ここから)----

kivat753 @omaetake4 自分あなた嫌いなんで関わらないでください

----(ここまで)----

 私はエコノミクス甲子園の公式アカウントにブロックされても何もおかしいとは思いませんが、こいつは何者かわからないどころか、このIDの人間が存在すること自体、直前まで知りませんでした。これが以前から私のツイッターを探し出してブロックしていたというのです。わざわざかかわるなと言ってくるほど嫌いということは、私の発信するものをどこかで相当受け取っているわけで、私のブログにそこまでの影響力があるということなのか。この人間のツイートやブログを見ても、私の書くことに接するような状況になる人生とは考えられないのですが。

 それでは岡山大会です。決勝は最多枠の岡山と岡山白陵が2チーム、女子の岡山後楽館と岡山朝日が2チームです。岡山朝日には、昨年の決勝で同じ学校に負けたリーダーがいます。今年は生徒会長をチームに入れたそうです。その生徒会長は、放送部の全国大会を蹴ってこちらに来たそうです。

 1問目、大原美術館に関する問題で岡山白陵が正解。。2問目は日本三名園の問題で岡山朝日の生徒会長チームです。3問目はいい問題で、このチームが連取します。4問目は1問目を取ったチームが正解します。
 比較的簡単な問題が続きます。5問目と6問目を生徒会長チームが取って、早くも王手です。しかし次は姫路の問題で岡山が正解。8問目は岡山朝日の王手でない方が初めて正解します。9問目は岡山が正解。

 10問目「音楽の三要素はリズム、メロディーと」で岡山白陵が押して「和音」と答えて正解になります。普通、和音と発想する方が難しいと思いますが。11問目は岡山朝日の王手でない方が正解。
 12問目、「胃や腸は消化器」で岡山白陵のもう1チームが「呼吸器」と答えて不正解。「心臓や血管は」でした。しかし13問目で取り返します。
 14問目を岡山白陵が正解してここも王手。岡山朝日は王手以降まったく答えられなくなりました。そして15問目、ワールドクイズクラシックの事前番組で出ていた問題です。これを岡山朝日が正解してビクトリー。

 これで今まで見ているビデオの分は書き終わって、次は島根大会を書きたいのですが、広島テレビの編集の仕方が他と違っていて、島根と鳥取は書きにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

第6回エコ甲静岡大会(その5)

 先月、次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 ところで、裏の「笑ってコラえて!」では、スペシャルゲストクイズで一発で正解が出るのを初めて見ました。増田英彦「当ててもうた。尺足りますか?」

----(ここまで)----

 本日、読売テレビで再放送されていた笑コラは、前回書いたタレント名鑑と同じ週に放送されたものでした。ここで、スペシャルゲストを一発で当てるのが出ていたことがわかりました。さらに、「たけしのコマ大数学科」を見ると、今年放送されているはずなのにまったく知らない問題が出ていました。これまた同じ週に放送された問題でした。なぜこんなに集中してあの期間の番組に向き合うことになる。

 それではツイッターでブロックされたエコノミクス甲子園です。静岡大会の決勝進出チームが発表されます。1位は93点で静岡の記録荘園券契所。2位は清水東、3位は島田商、4位は清水東、5位は静岡です。このチームが感想を聞かれて「惜しくも敗れた○○のために頑張りたい」。まだ決まってない。6位は77点の静岡です。

 決勝の1問目、正解は東インド会社ですが、1位だけが「東インド貿易会社」と書きます。2問目は三択でかなり簡単だと思いますが、3位と4位しか正解しません。他はいずれも不正解で、どの答えもあります。3問目の正解はアンテナショップで、1位と6位が白紙。他は正解です。トップで決勝に進出したチームが断トツで最下位という、過去にない展開です。
 4問目は二択です。2位と4位が不正解で他は正解です。これで3位の島田商が全問正解で12ポイントになりました。これだけ静岡と清水東ばかりの中、1チームしか出ていない島田商が来るか。
 ダブルアンサー問題は、株式会社以外の会社形態を2つ答えるというもので、またしてもあまりに簡単で、終わってしまいました。全国大会進出がウルトラクイズの勝ち抜け音です。
 しかしこの地区は、2位・3位抜けが決まるまでクイズを続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

31回岡山大会(その3)

 ウィキペディアの「クイズ☆タレント名鑑」の項目を読んでいたら、「ギリギリ有名人が逃走中の第3弾で」と書いてありました。私は第3弾があったことなどまったく知りません。調べたら、当ブログにアクセスできなくなっていたあの期間中であったことがわかりました。ところで動画サイトで見たら、本家とそっくりのハンターが出てくるのにクリス松村はまったく反応せず、元ネタをそもそも知らないということが明らかになっていました。本家に出てたような気がしたけど。

 それでは岡山大会です。「珍しく全チームが1回戦突破。問題が簡単すぎた」と言います。そういうことじゃなくて、負けたチームも何の理由もなく復活させただけじゃないか。次第に、大規模な地区以外は全チームにペーパークイズをさせるという流れが定着してくるわけです。
 岡山に住みます芸人のライブがあって、レギュラーのライブでは、あるある探検隊の前のポーズをやります。レギュラーは、あるある探検隊に頼っていてはまずいと封印したところ、一気にテレビの仕事がなくなったそうですね。

 結果発表です。最多枠の岡山で1位のチームは、変なかぶりものとかマスクをしています。先頭から4チーム続けて女子がブー。8チーム目の岡山白陵がピンポン。またずっとブーが続いて、27チーム目の岡山後楽館の女子がピンポンです。またブーが続きます。
 中野アナは、頭の良さそうなチームを表すのに、ズボンのウエストが高いと言います。メガネなどにつっこむ人はいましたが、この表現は初めてです。38チーム目の岡山白陵がピンポン。この後ひたすらブーが続きます。岡山朝日に対しては、昨年制したチームと言います。中野アナも調べているのか。スポーツ中継と違ってあまり意味がないと思いますが。
 58チーム終わって、残り3チームです。昨年決勝に残ったという岡山朝日がピンポン。次の岡山朝日の女子はブー。これで最後尾の岡山朝日が決定しました。このチームは塾の友だちだそうです。このパターンは初めて聞きました。この後、全国大会に出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

イントロの人とシンクロしない

 このような本が出ていますね。

 円周率暗記でギネス記録を達成したことがあって、最近ではイントロクイズマニアとして取り上げられていた人の著書です。具体的にどういう内容かというと、歴代首相とかアフリカの国とかいったものを語呂合わせで覚える方法を書いたものです。ただ語呂合わせ自体が覚えられるかという疑問があります。一方で例えば新幹線の駅名なんて、語呂合わせなど使わずに直接覚えた方がはるかに早い。私が思ったのは、各項目の最後にちょこっと載っている「売り上げ200万枚以上のシングル」とか「アカデミー作品賞」とかの表をむしろメインにして、こういう全項目リストばかりひたすら載っている本を出したらどうでしょうか。星座一覧とか元素一覧とか。今のクイズ・教養ブームだと需要があるように思います。

 話は変わって、先ほどNHKで「恋のシンクロ率」という番組をやっていました。一応見てみたら、羽鳥慎一の初のNHK司会か? 「コマーシャルないってこういうことなんですね」。立て直しの時間が取れません。
 ところで、データ放送で参加するのですが、3万数千人が参加して、最初の平愛梨のときはともかく、二択7問しか出なかったオリラジ藤森と全部意見が一致するのが0人って明らかにおかしいだろ。私がやっていたら、平のときも藤森のときも4色キーの入力を一切受け付けない場面がありました。ネット検索してみたら他にも同じ人がいます。これは完全にNHK側のシステムのミスです。「双方向クイズ 天下統一」が年明けにまたあるみたいですけど大丈夫なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

第6回エコ甲静岡大会(その4)

 エコノミクス甲子園の静岡大会と同じ日には北海道大会もありました。こちらも自由に観覧できるのですが、まだ行けたことがありません。エコ甲の各会場で私が最初から入れなかったのは今年の山梨大会と昨年の長崎大会ぐらいで、ほぼ全国の地区大会を見ています。北海道にも早く行かなければ。私はツイッターでエコ甲の公式アカウントにブロックされていることが判明したので、北海道銀行に私を入れないよう手を回されないうちに。

 それでは静岡大会です。早押しのD組は清水東が2チームと静岡です。なぜかチーム名がいずれも半濁音で始まります。1問目は静岡が正解。愛媛と同じ問題が出まくっています。2問目は清水東です。3問目は二択で静岡。4問目、前振りがあって「2010年度に放送した主なCMに『見える気持ち』」で清水東のもう1チームが押してACを正解。これは時事問題です。5問目もこのチームが取ります。6問目は静岡が正解して勝ち抜けになりました。

 E組は静岡が2チームと清水東。1問目を静岡が正解。2問目も同じチームが取ります。3問目「日経平均は何社」というので選択肢が出る前に静岡のもう1チームが正解します。投資の経験があるそうです。4問目は清水東が正解。5問目は静岡の最初のチームが正解して勝ち抜けました。6問目は静岡のもう1チームです。

 休憩後に決勝のルールを説明してから、高校生にインタビューします。清水東の国士十三面待ちというチームにチーム名の由来を聞きます。女性司会者はこの意味がわからないそうです。静岡の記録荘園券契所というチームは、知っている日本史の単語で最も長いものをチーム名にしました。静岡の女子のOMPというチームは音符のことで、両方が楽器のクラブに入っています。この後、意外な得点経過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

31回岡山大会(その2)

 今週の「テストの花道」は「調べるチカラ」です。単純にネットに頼るのではなくどうすれば有効な情報につながるかというので、リサーチャーの技術につながるものです。見ておけばいいのではないでしょうか。ところでいつの間にか、テストの花道の本の2巻が出ていますね。そんなに評判がいいのか。

 それでは岡山大会です。1問目は東北と岡山の両方に関係あるいい問題です。圧倒的に1つの答えに集まって、1チームしかいない答えもありますが、正解は2番目に多いところでした。2問目は雑学の世界ではかなり有名な話で、正解が圧倒的に多い。3問目はスポーツで、やや難しいが、1チーム以外が全部同じ答えです。そして1チームだけが敗者に。

 レギュラーが「ちょっと待ってください」「ちょっと待ちましょう」と来ます。「敗者復活宣言しちゃったから。僕らも仕事せないかんねん」。松本はサッカーのスポーツ推薦で高校に入ったそうで、2人でリフティングを合計30秒以上できたら復活ということになります。松本「ただ先生とうまい感じでつき合ってたからスポーツ推薦」。
 松本はなかなかうまいが、2人合わせても30秒に届きません。「くやしいです」と他人のギャグをやります。またやらせてくれと頼むのですが、なぜか西川が先ほど足りなかった7秒できればいいということになります。中野「僕が出ている番組は」。敗者が船場吉兆のように耳打ちされて「おは4」。「空気読んでるねえ」。
 西川がやって、すぐ失敗します。さらにもう一度やらせてくれというのですが、またすぐに失敗します。ところが中野アナが「最初が3秒で今が4秒で、足して7秒」と言って復活させます。「あんまり鬼になると岡山ですから鬼退治されちゃいますから」。敗者復活をめぐってここまでぐだぐだになるのは、18回中国以来です。あのときはおそらく藤村アナが段取りを間違えていて、結局何もできていないのに最後は何の理由もなく「敗者復活認めましょう」と叫んで終わるというものでした。
 この後、注目点はズボン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

第6回エコ甲静岡大会(その3)

 昨日のタイムショックですけど、「12アンサーズ」が改善されて、ちゃんと正解できる可能性のある問題になっていました。前回までの「○○のランキング20位以内のもの」系はひどすぎました。あと、上空からの映像で日本の観光地を当てる問題は柳原可奈子が引いてほしかった。ところで今回からついに解説に北野大が出てこなくなったんですけど、ネット上でそれに言及している人が見つかりません。

 それではエコノミクス甲子園です。静岡大会の早押しのB組。静岡学園と静岡と清水東と不二聖心女子です。1問目は静岡が「ハローワーク」を正解。2問目は静岡学園が正解で、3問目は「フリーター」ですが静岡が「ニート」と答えます。静岡はこんな問題ばかり答えるのか。4問目は清水東が正解。
 5問目、正解はアウトレットですが、どこも押さないと問題を読む人が勝手に「静岡では御殿場が有名」と言います。静岡が正解。6問目は静岡学園が取ります。ここで0ポイントの不二聖心女子にインタビュー。7問目で静岡が勝ち抜けると、押すのが遅かった清水東がくやしそうにボタンをたたきます。8問目を清水東が取って終了です。

 C組は3チームです。静岡の女子と男子、清水東です。1問目、静岡の男子が正解。2問目「クレサラ問題のサラとは何」というので、清水東が「サラリーマン」と答えると、「もう一度」になります。ここでカウントダウンの音が鳴ると会場から「お~」という声が。ボタン押しや正解音でなくこんなところに反応するのか?
 3問目は静岡の女子が正解。次は清水東、次は静岡の男子、次は静岡の女子と、全チームが順番に2問ずつ答えて終了しました。この後、ぽぽぽぽ~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

31回岡山大会(その1)

 紅白歌合戦で水樹奈々は「POP MASTER」を歌うんですね。おたくニュースサイトによると、

----(ここから)----

 セールス的には「SCARLET KNIGHT」の方が上だったが、24thシングルとしてリリースされた「POP MASTER」は「第31回全国高等学校クイズ選手権」応援ソングに使われるなど、今年の世相を反映して日本を元気づける楽曲が選ばれたのではないかと思われる。

----(ここまで)----

 高校生クイズ応援ソングが紅白で歌われるのは史上初です。日本を元気づけるとかそんな大層な曲だったのか。

 それでは7月27日の岡山大会です。会場は岡山の隣の北長瀬駅からすぐの岡山ドームの広場で、線路からも目の前に見えます。
 応援パーソナリティはレギュラーです。表彰されるのは岡山高校で、舞台に上がった女子に、つき合っている人はとか聞きます。同じ学校の生徒からいろいろな声が上がります。このチームは友だちでないのにチームを組んだそうです。勝つためにはその方がいいのではないでしょうか。

 司会は中野アナです。「いろんな県を回ってきましたけど、岡山の高校生、元気いいですね」って、あんたが高校生クイズをやるのは初めてではなかっったっけ? おは4を見たことをある人がいるかと聞くと、1人手を上げます。通学が遠いので早起きしないといけないそうです。
 新しいかけ声を紹介します。福澤はファイヤーだったと言っても高校生の反応がありません。さらにパワーにも反応がありません。昨年は岡山の参加者はパワーの人に会っていませんしね。そして総合司会は桝アナだと言いますが、初年度からこれだけ予選に来ない人を総合司会と言われても実感を持てないでしょう。
 震災のことを正面から言います。そして「東北のみんな頑張られーよ」を収録します。第1問の問題VTRでサンドウィッチマンが初めてボケました。この後、あまりに無理やり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

第6回エコ甲静岡大会(その2)

 今日は「逃走中」をやってましたけど、年明け早々にまた逃走中がありますね。「トリビアの泉」も年末と年始と両方あります。さらに「タイムショック」まで年末年始に2回あります。私は1カ月のテレビ情報誌を見て「これは12月じゃなくて1月だよな」と何度も見返しました。この方がコストがかからないのか? でも今夜の制作費抑えめと思われる逃走中で多額の賞金が出てしまっていましたが。

 それではエコノミクス甲子園です。静岡大会の会場には大画面が2つ並んでいます。筆記が終わって昼食です。弁当だけでなくお菓子とジュースも用意されています。ここで第2ラウンドの組み合わせ抽選もします。
 筆記の解答が表示されます。13問目の解説が間違っています。18問目の「TNP」というのは選択肢でボケている? ちなみに「楽しい仲間がぽぽぽぽ~ん」も略すとTNPです。保険についての問題がいずれも「保険」という主語がありません。世界人口が2008年に67億人となっていますが、ついこの前70億人になったのに。問題はかなり簡単で、これで差がつくのかと思いました。

 静岡朝日テレビや静岡第一テレビのカメラが来ています。第2ラウンドはこの地区では、2チームが3問正解した時点で終了と明記されました。ここで全員を立たせて「ニューヨークに行きたいかーっ」をやります。
 A組は島田商と清水東が3チームです。1問目、簡単な問題で島田商が正解。2問目、これも簡単な問題で島田商が正解。3問目、これも簡単で島田商が正解して一気に勝ち抜けました。
 4問目、八十二銀行と十六銀行の名前を足すとって、ただの足し算じゃないか。清水東の国士十三面待ちというチームが正解。5問目もこのチームが正解。6問目もこのチームが正解で、一気に勝ち抜けました。2チーム勝ち抜けで終了というルールがいきなり発動されました。この後、地域限定ヒント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

31回徳島大会(その4)

 マクラでいろいろな番組のことを書いてますけど、タイミングが合わずに紹介する機会がないまま終わる番組もよくあります。昨年度にTBSでやっていた「全種類」って、「お願い!ランキング」に対抗できるいい番組だと思ったのですが、あっさり終わってしまいました。さて、関西テレビの「◎本の矢」がなかなかいい番組と思っていたら、テレビ情報誌を見たら今週で終わりではないか。ちなみに「イカさまタコさま」も今週で終マークがついています。でもその後で休日の昼間に再放送されるようです。

 それでは徳島大会です。決勝の11問目で昨年代表の徳島市立が王手になりました。12問目は城ノ内が正解。13問目、「商人の仲間という意味がある、13世紀から」で昨年代表が押します。これで決定か。「ギルド」と答えて不正解。正解はハンザ同盟です。
 14問目の正解は流域面積ですが、富岡東が「流域」だけで正解になります。15問目は徳島文理の2年が正解。16問目「OPECの4文字で石油を表すのは」で昨年代表が「O」と答えて不正解。これで失格です。まさか勝利確実だった昨年代表がこんなことになるとは。それにしても今年は失格がよく出ますね。

 17問目「『24』の主人公はジャック・バウワー」で徳島文理の2年が押して答えられません。「パイレーツ・オブ・カリビアンの主人公は誰」でした。18問目を城ノ内が正解して3ポイント。さらに19問目も取って王手です。藤田アナが「22大会ぶりの優勝がかかっています」。
 しかしここから富岡東、徳島私立の昨年代表でない方、富岡東と正解して、まだわかりません。23問目「鳥羽伏見の戦いから始まり五稜郭の戦いで終結した」で昨年代表でない方が押して「壬申の乱」と言ってしまいます。典型的な勘違い用語です。しかし次で取り返します。25問目は徳島文理の1年が正解して、まだ混戦です。
 26問目、正解は「三審制」で、城ノ内がようやく答えて「トップオブビクトリー」。昨日の政経の授業でたまたま先生に聞いたそうです。

 NHKの大リーグ中継は現地からの映像を見ながら日本で実況しているらしいですけど、私のこの文章も同じようなものです。なんか手触りがないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

第6回エコ甲静岡大会(その1)

 「ブレインアスリート2」の1回戦は次々に問題が表示されて時間内にいくつ答えられるかというものですが、三浦奈保子が最後に答えられなかった問題が「当てはまる数は。1000→□→10000」というものです。小島慶子が「あっ、お札! 5000! 見たか東大!」。いや、見たか東大の前に、2000は? もうクイズ作家も忘れるほど流通しなくなったということか。ここで2000と答えていても正解になっていたのか?

 それではエコノミクス甲子園です。12月4日の静岡大会です。静岡で行われるのは今年が初めてです。当初から、財務が最も健全とされる静岡銀行の参加を取り付けることは一つの目標でしたが、なかなか話がまとまらなかったようです。
 清水にある研修センターで行われます。しかしここは誰でも観覧できるようになっています。さすが業績のいい銀行は違います。そういえば関係者でも入れないあの予選を担当する銀行は、つぶれかかるところまでいってたからな。出場者の親以外で観覧に来ているのは3人ぐらいです。

 開会式はウルトラクイズの曲で始まります。司会は男女の若い行員です。取締役執行委員のあいさつで、1971年に高校に入ったが、このときに変動相場制に変わってスミソニアンレートで308円という話をすると、子どもに「それは日本史で習った」と言われて愕然としたそうです。そしてビッグマック指数だと320円と4ドル7セントなのでほぼ同じと言いますが、今日の時点で日本のビッグマックが200円なのは知らない? そういえばあいさつで、静岡では初の開催といったことをまったく言いませんでした。

 17チーム参加しています。清水東が多くて次が静岡です。筆記は30分で四択が50問と近似値1問。正解が2点で不正解がマイナス1点といういつものルールであることがわかりました。職員が本格的なビデオカメラで撮りまくっています。この後、TNP。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

31回徳島大会(その3)

 この前コメントにあった、12回全国大会決勝の観覧ですが、関東大会の会場で募集した高校生しか来ていません。しかし有明コロシアムの構造上、入口が全部開放されたような状態になっていたので(すべての座席を使うスポーツ大会ではそうはならないだろうが)、私は普通に入って見ることができました。

 それでは徳島大会です。決勝の1問目「四国の旧国名をあいうえお順で最初」で徳島文理の1年が押して「徳島県」と答えますがブー。阿波と答えないといけないそうです。これは判定としてはどうでしょうか。
 2問目「その日の最高気温が25」で徳島文理の2年が押しますが「猛暑日」で不正解。3問目「吉本のNGKは何の略」で城ノ内が正解します。この地区ではこんなバリバリの芸能問題が出るか。4問目は徳島市立の昨年代表が正解します。5問目は徳島市立の昨年代表でない方が取ります。5問すべて押したチームが違います。
 6問目の正解は徳川綱吉ですが、昨年代表が押してど忘れです。7問目は昨年代表が取り返します。さらに8問目の「からすとんび」を正解。これを高校生が答えられるというのは、クイズの勉強による知識としか思えません。
 9問目は昨年代表でない方が正解。10問目は昨年代表です。一転して徳島市立しか答えなくなりました。そして11問目を昨年代表が正解して王手です。しかしこの後、意外な展開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

系列局とラジオは好調なTBS

 TBS系は水曜19時台だけでなく木曜19~20時台もローカル枠の扱いになっています(地元局のプロ野球中継を放送しやすくするため)。このため毎日放送では、TBSがやっているのとは関係ないローカルの2時間特番を流すことがよくあります。
 昨夜は「雨上がりの芸能界トークバトル 似たものキャラ大集合」という番組をやっていました。この中で、宇治原とラサール石井の高学歴対決のコーナーがありました。ラサールは、雑誌連載のためにラサール石井というペンネームをつけたところ、それが勝手に芸名にされていて、ラ・サール出身とわかると急に仕事が増えたそうです。クイズ番組の話になります。「半押し」の話をしていました。私はこの言葉は初めて聞きました。「押しこみ」だと思っていましたが。あとは「読ませ押し」です。
 そしてクイズ対決をするのですが、ラサールは自らは参加せず、「東京から刺客を連れてきた」と、シンデレラ畠山が出てきます。畠山はもともとクイズ番組のリハーサルで宇治原の役をやっていたところ、本当にできるのでレギュラーに起用されたそうで、今回の5ポイント先取の早押しは畠山の圧勝でした。

 深夜1時からはTBSラジオの「おぎやはぎのメガネびいき」です。11月24日放送後のポッドキャストで矢作がワールドクイズクラシックを絶賛していましたが(クイズ好きならこれは必聴)、これがもとになって聴取率調査週間にクイズ王を呼んでクイズをやるという企画をやったのです。オープニングトークと2時からの固定コーナー以外は全部クイズです。最初はクイズについての話で、クイズマニアには当たり前のことですが一般人には新鮮な情報です。おもしろいのは、この後のクイズ対決に早押し機がなくてスタッフが目で判定するということを知ったクイズ王が自分で早押し機を持ってきていたのです。
 クイズは早押し30問です。おぎやはぎが全然ふざけることなく真剣に答えようとします。答えながらクイズ王がいろいろな解説をします。「このアナウンサーは読みが平板なので(パラレルかどうか判断できなかった)」というようなことを言っていました。これは「ナナマルサンバツ」にも出てきましたけど、私は前も書きましたが、クイズ問題で変なところにアクセントをつけるのには反対です。むしろ升田アナウンサーは正しい日本語として問題を読んでいました。
 なかなか勝てないというので、途中から問題が変わります。問題文自体を業界用語で読む(単語がいちいちひっくり返っている)問題を用意してあったのです。さらにドランクドラゴン鈴木が酔っ払って入ってきて、ヘキサゴンのアナウンスクイズのように問題を読むというのがありました。それでも問題自体はまともなことを聞いているので、クイズ王は正解します。
 ただただクイズをやる企画でしたが、2ちゃんねるのTBSラジオ実況スレッドを見ていると、極めて評判がいい。前日の山里亮太の評価が最悪なだけに違いが際立ちます。山里は「小島慶子キラ☆キラ」に代理で出演したときものすごくおもしろかったのでJUNKのレギュラーを持つことになったのですが、一人しゃべりではおもしろくなりません。小島のような人にいじってもらうことが必要だったわけです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

第6回エコ甲愛媛大会(その9)

 昨日、ポータルサイトのニュースを見ていたら、酒気帯び運転で放送作家を逮捕というのがありました。名前を見たら、この人って「ロケみつ」のメイン構成作家ではないか。ロケみつの本でも写真入りで対談に出ています。昨夜の関東での放送では、スタッフロールにこの人の名前は堂々と出ていました。

 それではエコノミクス甲子園です。愛媛大会の決勝で負けた松山東が、1年生なので来年は必ず優勝したいと言うと、司会者が銀行に「やっていただけるんでしょうか」。
 表彰式で伊予銀行のCSR室長のあいさつです。優勝チームは昨年は予選でトップだったのに決勝では3位だったそうです。「来年チャレンジされるご予定の方、手を上げてください」と言います。そして「エコノミクス甲子園最高」と叫んで高校生には「そうだ」と叫ばせます。
 優勝予想の商品券の抽選は、おじいさんに当たりました。これ、私が応募して当たったらどうなっていたんでしょうか。山梨大会などに行って追い返されるということは、関係者でないと認められたわけですから、応募の権利は当然あります。

 短いのでついでに書いておきますと、私は第2回高校生クイズの全国大会決勝を見に行って(関東大会の会場で観覧募集をしていた。関東の参加者でないのに応募した)、優勝校予想に投票して当たったことがあります。当時の半券をまだ持っています。このころからストーカーをしていた証拠です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

31回徳島大会(その2)

 日本テレビで小島慶子が司会をする「ブレインアスリート」の第2弾は土曜の昼なんですね。前回は夜の全国ネットだったのにローカルなのか。同じパターンとして昨年末のラルフ鈴木司会の「天国あるいは地獄」があります。サタデーバリューフィーバーは実験番組をやるものだと思いますが、趣旨に反してないか?

 それでは徳島大会です。ペーパークイズの1問目は、ライオンちゃんの絵を描いたのは誰かというものです。徳島県に住みます芸人とレギュラーのライブがあります。やはり現場に行かないと長く書けない。

 ペーパーの結果発表です。城ノ内でトップのチームは、昨年のスタッフTシャツを着ています。抽選会で当たったか。ブーブーゲートの先頭が女子でないのは珍しい。ブーです。次の徳島文理がピンポン。ブーがずっと続いて、富岡東がピンポン。目を黒く塗ってレディ・ガガと称するチームがブー。29チーム目の徳島文理がようやくピンポンです。
 38チーム目、昨年代表の徳島市立の混成チームがピンポン。次の徳島市立の混成もピンポン。これで残りの大量のチームは失格になりました。

 決勝です。ここも香川に続いて、最多枠の城ノ内が、他のチームが勝ち残っていません。富岡東について藤田アナが、過去に全国大会に出ていないと言います。これをいちいち調べるのが実況の基本か。しかし番組側では記録をまとめていなくて特定の個人サイトを見ているのだと思いますが。
 徳島市立の昨年代表のリーダーは、難しい名字で読めません。昨年は男1人の混成でしたが今年は昨年出た女子が1年生の男2人を連れてきた編成です。もう一方の徳島市立も女1人ですが全員1年生です。この後、判定が厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

第6回エコ甲愛媛大会(その8)

 中京テレビの「SKE48の世界征服女子」では先週と今週、「アメリカ冗談ウルトラクイズ」というのをやっていますね。昨夜たまたま名古屋にいて見ました。ウルトラハットのシステムはもちろんですが、番組内で使われるすべての音がウルトラクイズと同じものを使っています。ところで、ナレーションの声が「ノブナガ」にそっくりです。名古屋の局アナはみんな同じ声でナレーションするのか?

 それではエコノミクス甲子園です。愛媛大会の決勝のダブルアンサークイズは封筒が9枚あって、その中から選びます。9問やっても決まらない場合は正解数、予選順位、ペーパーの近似値の順で優勝チームが決まります。
 1問目、難しいと思うのですが4チーム正解。松山南が白紙、八幡浜が不正解です。2問目は松山西の1位と松山東の5位が白紙で他は正解です。3問目、松山西の2位と八幡浜が正解です。八幡浜は「ITパスポートの勉強で出てきた」。松山東の3位が不正解。これで6チームの得点は395335。
 4問目は1チームずつ答えを開けます。松山西の2位と松山南が正解。八幡浜が不正解です。4問連続正解で、2位の松山西が早くも通過問題になりました。

 7番の封筒を選びます。問題は、イギリスで作られた福祉に関する言葉で「何から何まで?」。一瞬で全国大会が決まってしまいました。誰もが引きそうな7番にこんな簡単な問題を入れるな。そういえばウルトラのドロンコクイズでは、大きい素数を選ぶとスタッフが力を入れていない簡単な問題が入っているという説がありましたね。この後、エコノミクス甲子園最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

31回徳島大会(その1)

 急に高校生クイズの公式ツイートが流れてきたと思ったら、年末に日本テレビで放送される「日本No.1の頭脳王!大決定戦!!」の司会は福澤朗なんですね。高校生クイズのスタッフが作っていると報道されています。高校生クイズのスタッフが結集して12月30日に大型視聴者参加クイズをやるのなら、高校生クイズ冬の大会を復活してほしい。福澤は年末に中京テレビで放送される「こども鉄道博士選手権」でも司会をするんですね。職業はクイズ番組の司会者か?

 それでは7月26日の徳島大会です。会場は、あすたむらんど徳島というところで、かなりの山の中の交通が不便なところです。参加する高校生は、遠足で来たことがあると言っていたそうです。こんな場所にもかかわらず、単県大会では圧倒的に多い参加者数がありました。
 ここも応援パーソナリティはレギュラーで、表彰されるのは城ノ内です。藤田アナ「徳島ラーメンうまかった。生卵は欠かせないよね」。ここでは「東北のみんな頑張るんじょー」を収録します。

 1問目、東北大学出身の小田和正に関する問題です。2番目に多かった答えが正解。2問目はクイズではよく出る問題で、最も多いところが正解です。3問目はニュースに関する知識が問われます。先ほど最多出場で舞台で表彰されたチームが敗退しました。
 レギュラーが「ちょっと待った」と来ます。表彰されたチームに「敗者復活したいぞー」と叫ばせます。西川が、ボールを股の間を通しながらドリブルして、1分間で敗者の周りを2周すれば敗者復活を認めることになります。すると敗者が小さくまとまります。
 敗者は14チームで、ガラポン抽選で復活できるのは5チームです。この地区も全チーム復活ではないのか。表彰されたチームは敗れます。この後、レディ・ガガ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

第6回エコ甲愛媛大会(その7)

 エコノミクス甲子園の九州大会は、ホークス優勝パレードのために開始を1時間遅らせたそうです。そういえば第1回の全国大会は、第1回東京マラソンと同じ日にしてしまったために、予定されていたマスコミの取材が全部キャンセルになり、さらに会場が通行止めの道路で取り囲まれるため準備にも支障が出ました。

 それでは愛媛大会です。第2ラウンドが終わって5分休憩の間に順位計算をします。14時前に伊予銀行専務のあいさつがあります。過去3回の愛媛大会は銀行の本店でやっていたが、地域の人に見てもらおうということで今回からこういう会場にしたそうです。どの地方銀行もこうしてもらいたいものです。沖縄大会なんか、次回はどうやって一般客を集めるかという話し合いをしていたのに、次回になったら関係者以外入れなくなりました。参加者当人以外は一切入れなくて地域に何も還元していない関西大会は論外ですが。

 決勝ラウンドのタイトルは「ボード&ダブルアンサークイズ」。まずは決勝進出の6チームの発表です。1位が99点の松山西。2位が96点の松山西。3位が93点の松山東。4位が89点の松山南。5位が89点の松山東。ここまでチーム名が全部カタカナです。3位の松山東は早押しで1問しか正解していないので、ペーパークイズの成績が圧倒的によかったということか。6位は八幡浜です。
 優勝予想の投票は決勝の1問目が出るまでです。ここでルール説明。ボードクイズで、正解は3ポイント、不正解はマイナス1ポイント、無回答は0ポイントです。10ポイントを超えると通過問題のダブルアンサークイズに挑戦します。答えが2つ以上あるものを、1人ずつ答えます。2人で相談はできません。正解すれば全国大会進出で、不正解だと4ポイント減ってボードクイズに戻ります。同時に10ポイントを超えた場合はポイントの高いチームが先に挑戦します。同点なら予選順位の高いチームが先です。この後、ITパスポート。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

31回香川大会(その4)

 政府広報の新聞広告で小島慶子と対談していた野田首相が、国会の質問がクイズ形式とぼやいていましたね。自分がクイズでハワイ旅行に行っただけにクイズにたとえるのか。ブータンの国王の名前は一般には知らなくていいと思うけど、政府として迎えるからには知らないといけないのか。防衛相が自衛隊の懲戒処分の種類を知ってるかというのは言いがかりですが、沖縄の幼女暴行事件については知らないといけないでしょうね。ブータン国王はここで閣僚が知らなかったことで、一般人のクイズ大会でベタ問になるかも。

 それでは香川大会です。決勝は6問目で英明が3ポイントと大きくリードしています。7問目、観音寺第一が初めて押して不正解。ちょうどこの人たちがものごころつくかどうかといった時期の話です。8問目「大きなショックで心的外傷」で観音寺第一が押します。「PTSD」と答えて不正解。「カタカナ4文字で」でした。
 9問目は高松の敗者復活でない方が正解。10問目は敗者復活の方が取ります。11問目は敗者復活でない方が正解してここも3ポイントです。12問目、「都道府県で濁音で始まるのは」で英明が押したら「ぐ」と聞こえて、答えられません。13問目は敗者復活が正解します。
 14問目、三択で「下半身につけるアイテム」で観音寺第一が押しますが不正解。「~でないものはどれ」でした。これで失格です。四国はどこも失格が出ます。
 15問目、クイズの定番をさらに簡単にした問題で英明が正解。そして16問目も取って王手。すると17問目は高松の敗者復活が正解して、高松はともに3ポイント。さらに18問目を連取して、王手で並びます。化学式が「BaSO4」で正解が「バリウム(硫酸バリウムも可)」というのは不思議な気がしますが、日本では硫酸バリウムのことをバリウムと略すので仕方ない。
 19問目を正解したのは英明でした。負けた高松の敗者復活は「1回戦の練習をしてなかった。2回戦と3回戦の練習はしてたんだけど」。いや、それでよかったんじゃないの? 次回の香川大会はきっと1回戦は全チーム通過です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

第6回エコ甲愛媛大会(その6)

 ワールドクイズクラシックの裏でNHKで放送された嵐の番組が、まさかのNHKオンデマンドで配信されていたので見ました。最近、ジャニーズもネット規制が緩くなってきましたね。「ゴロウ・デラックス」の公式サイトには稲垣吾郎と小島慶子の写真が載ってるし。嵐の番組はNHKであっても、櫻井を中心とする嵐の5人だけで進行していくんですね。一番忙しそうな松本が東京にあまりに近い川口市に行って「旅」と称しているのがいかがなものかと思いました。

 それではエコノミクス甲子園です。愛媛大会第2ラウンドのF組は松山西中等教育の男子と女子、八幡浜の女子と松山東です。松山西の女子に「得意な教科は」と聞くと「体育です」「休み時間です」。松山東のチーム名の紫雲というのは運動会のチーム名らしい。愛媛ではどこでもそうなのか。得意教科を聞かれて「ホームルーム」。松山東は成績がA~Eでランクづけされるそうですが、司会者にどれか聞かれて「言うんですか?」。
 1問目、松山西の女子が正解。2問目は八幡浜が正解します。3問目は松山東です。4問目は三択で待つ山西の女子が正解。5問目は二択で八幡浜が取ります。女子2チームがリーチです。そして6問目は松山東が正解して3チームがリーチ。
 7問目を松山東が押して勝ち抜けるかと思いましたが不正解。8問目を八幡浜が取って勝ち抜けました。これで終了です。

 ここで、愛光が全国3位になったのが過去最高と言います。今年は愛光は出ていません。G組は松山西中等教育の男子と女子と、八幡浜の女子です。松山西の男子のチーム名は、昨年の松山東のウイニングアンサーをつけたそうです。学年を聞かれて「5年生」と言います。中高一貫教育になったから中等教育とつくんだな。得意科目を聞かれて「家庭科」。
 1問目は松山西の女子、2問目は松山西の男子、3問目は松山西の女子、4問目は松山西の男子が正解。
 5問目、「ドイツの通貨は」という問題で、八幡浜が「マルク」と期待通り引っかかってくれます。6問目、松山西の男子が正解して勝ち抜けで終了です。インタビューで、決勝は書き問題であることを司会者がばらしてしまいます。この後、全部カタカナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

31回香川大会(その3)

 昨夜の「イカさまタコさま」で鈴木亜美が、知り合いがナンバーズ4を「3776」でずっと買っていて1000万円当たったと言っていました。しかしこれは間違いです。私も富士山で優勝したのでずっと3776を買っていましたが、これで当たったときの当選金額はセットで36万円ぐらいでした。ストレートだと100万円というのが話が大きくなっています。そもそも3776という数字は人気があるので、当たっても1000万円になることはあり得ません。

 それでは香川大会です。ペーパークイズの結果発表は、8チーム目の高松がようやくピンポン。さらにまたずっとブーで、23チーム目の高松第一の女子がピンポンです。30チーム目の英明は昨年決勝で負けたチームで、ピンポン。次の観音寺第一の混成もピンポン。ここからまたブーが続きます。ウルトラクイズのまねをした女子もブー。
 ゲートに乗る前に藤田アナが、この学校が過去に全国に出たのは第何回というチームがあります。藤田アナは決勝に限らず全部調べているのか? しかしブー。そしてゲートに乗るときに携帯電話を落とします。
 41チーム目までブーが続いて、残りは3チーム。次の高松がピンポンで終了しました。全参加者の過半数はいたと思われる香川西は、最多枠以外で勝ち残ったチームがいません。これは珍しいパターンです。つまり学校全体のレベルがいかに低かったかということです。

 決勝です。香川西は野球部。高松には敗者復活のチームがいます。レイザーラモンRGが「今も腹筋痛い」。もう一方の高松は三択の1問目で正解したそうです。藤田アナが、ここ5年で高松が3度優勝と言います。この期間の高松には同一チーム3年連続東京行きがいますからね。
 1問目「1は英語でワン、フランス語でアン」で高松の敗者復活が押して答えられません。これは推理できる範囲でしたが。2問目、嵐(ジャニーズの)の問題で英明が正解。3問目は敗者復活が取り返します。次は高松の敗者復活でない方が正解しますが、5問目、6問目と英明が連取。今年こそ全国大会なるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

第6回エコ甲愛媛大会(その5)

 「鶴瓶の家族に乾杯」は本放送がプレッシャーSTUDYの裏で再放送が「噂の!東京マガジン」の裏なので非常に困ります。放送時間を変えてほしい。NHKオンデマンドで2週間前のを見ました。
 ゲストは高橋英樹です。この番組は出会った人に後日スタッフが再び取材しますが、ある子どもが「お父さんに『越後製菓の人や』って言われて」。えーっ! NHK総合テレビのゴールデンタイムで、企業のCMをそのまま言うか! さすがにこのセリフだけは画面に文字を出していませんでしたが。NHKでも言及せざるを得ないほど、あの早押しクイズにはインパクトがあるのか。

 それではエコノミクス甲子園です。愛媛大会の第2ラウンドのD組。1問目、松山東が正解。2問目は松山東の別のチーム。3問目と4問目を最初のチームが連取して早くも勝ち抜け。5問目は2番目のチームです。松山東のア・ムールだけ正解がありません。
 6問目の正解はWAONですが、松山西がEdyと答えて不正解。このショッピングセンター内でイオンの問題を出していいのか? 7問目はスルー。8問目、二択でア・ムールが初めて正解しました。

 この大会は、観客に対して優勝チーム予想があります。決勝に出たチームの中からどこが勝つか投票して、正解者から1名に商品券が当たります。そういえば、今年はスーパーオリラジチャンスはありません。
 E組です。八幡浜と松山西中等教育と松山東が2チーム。八幡浜はデコボコというチーム名で、191センチの人がいます。松山西は前回準優勝だそうです。
 1問目は松山東が正解です。2問目は松山西で、3問目も松山西が「預金」を正解。ここで銀行側が、「貯金」ではだめだという解説をします。4問目、松山東のもう1チームが正解。5問目は最初の松山東が正解します。6問目で松山西が勝ち抜け。7問目は松山東の2番目のチームが間違えます。
 8問目、松山東も勝ち抜けます。勝った方の松山東が6問目について、「上で見ているカワダ君が昨日集会で答えた答えなので答えたかった」。集会って何だ。今はクイズ研は集会というものをするのか? この後、それを言わせるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

あおいがあおる事前番組(その9)

 先日の「所さんの目がテン!」のビデオを見たら、映画について、先にネタバレされた方が見た人の満足度が高くなるという実験結果が出ていました。ストーリーではなくもっといろいろなことに注意を向けることができるからだそうです。某クイズ選手権とか某クラシックとかも、どこが勝ったかネタバレされて見る気をなくすとすれば、クイズ自体のおもしろさを見せるのではないその程度の番組だということですね。

 それでは「バース・デイ」です。岐阜県本巣郡の家です。日曜日に昼食を作っているところですが、夫婦の会話が全部、お互いにクイズを出し合っています。夫は1995年にアタック25で優勝、クイズ王最強決定戦で優勝。妻も全国のクイズ王が集まる大会で優勝して、クイズ界で知らない者はいないほど有名な夫婦だそうです。
 夜になると「さらに実践的なクイズ」ということで、ボタンを使った特訓です。これもどこか機械につながっているわけではありません。夫は、クイズは空気みたいなものだと言います。

 2人は11年前、クイズ仲間の結婚式で出会ったそうです。夫は妻に毎日、なぞなぞを書いたメールを出す。妻はわからないと思われるのがくやしいので答えざるを得ない。こうしてまんまと妻をものにしたそうです。
 2004年に結婚し、本棚には様々なジャンルの本が500冊以上。500冊って、それほど多いようには思わないのですが。CMをはさんで夫の読書です。「現代用語の基礎知識」を読んでいます。昔は百科事典などを読んでいたそうです。百科事典とか漢和辞典は私も子どものころはよく読みました。読んで目についた項目を自分でクイズにします。作った問題は10年で15000問。
 夫「そこに問題がある限り答えていきたい。そこに情報がある限り知識として覚えていきたい」。妻「クイズは一生の友だち。夫と共通の友人でもある」。

 最後のナレーション「常に高みを目指すその姿はアスリートと何ら変わらない」。ここでスポーツでないことを取り上げた言い訳のダメ押しです。ぜひこれを見てクイズに興味を持ってWQCを見てもらいたいものです。これだけ宣伝すれば高視聴率になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

31回香川大会(その2)

 朝日放送で放送された「クイズ!スピードキング」は第1回でした。
 ところで、スザンヌは前妻にあれだけの仕打ちをした男と結婚するのか? 幸せになれるわけがないと思うのですが。そして結婚披露宴には島田紳助が来るのだろうか。

 それでは香川大会です。敗者復活をやる条件は、レイザーラモンの2人とも1分間で腹筋を40回やるというものです。できれば5チーム復活です。この時点ではまだ、全チーム復活するというようになっていません。2人で足を絡ませて腹筋をします。わざと途中のペースを落としてギリギリにします。
 現在残っている敗者は13チーム。ガラポン抽選器で決めます。1チーム目は赤。2チーム目が金。3チーム目は赤。4チーム目は「ゴールデンボール」と叫んで回して金が出ます。続いて5チーム目も金。そして9チーム目の女子と11チーム目が金です。

 ペーパークイズの1問目はレイザーラモンHGのサインです。ライブでは、RGが歌に乗せてあるあるをやります。いろいろリクエストを聞いた上で、前田あるあるをやると言います。前田というのは最初に表彰で讃岐フォーをやった生徒です。銀河鉄道999の曲でやります。これはどの世代にも通じる曲ということで選曲は難しそうです。今の高校生にはやっているような曲にしたら、視聴者がわかりません(というかRG自身もわからないと思う)。今回、「EXILEが最近カバーした」という理由をつけて999を歌っていました。

 ペーパークイズの結果発表です。香川西の中でトップは抽選会でルパンのクリアファイルが当たったチームです。ブーブーゲートの1チーム目は香川西のあるあるにされたチーム。ブーです。ずっとブーが続きます。この後、そんなにできが悪いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

第6回エコ甲愛媛大会(その4)

 日曜日の朝日放送で、アタック25に続いてなぜか突然「クイズ!スピードキング」が放送されます。全国ネット化の動きをにらんでいるのでしょうか。来週の土曜日に「一部地域を除き」90分スペシャルが放送されると告知されていますが、ABCで放送される気配はありません。というか本当に関東以外のどこかで放送されるのかわかりません。

 それではエコノミクス甲子園です。愛媛大会の第2ラウンドのC組は、八幡浜が2チームと松山東と松山南です。八幡浜は振られてもいないのに勝手に芸をやります。松山東の着ている服は先ほどそこのユニクロで買ってきたそうです。
 1問目、過去問ですがスルー。前振りの部分もおそらく同じです。今年は過去問がかなり多いということがわかりました。予選がこれだけ増える一方で経済のネタがないんだな。2問目、日経平均を発表している会社はどこかって、日経って言ってるじゃないか。松山南が正解です。
 3問目は先ほど芸をしたチームが正解。しかし次も押して間違えます。5問目の正解は正社員ですが、八幡浜のもう1チームが正規社員と答えて正解になります。6問目は急に難しくなってスルー。7問目は過去問で松山南が正解。
 8問目もおそらく過去問だと思いますが、松山南がかなり早く押して正解です。これで勝ち抜けですが、問題を最後まで読むのを忘れて終わってしまいました。高クイと違って勉強するのが目的なので、勝ち抜けても問題を聞かなければいけません。

 D組は松山東が3チームと松山西中等教育です。松山西は「インテリ美女軍団」というチーム名ですが男です。それより、松山東の中に「ア・ムール」というチームがいます。最初のチーム紹介のときに、チーム名には裏の意味があると言っていました。そしてここで司会者が、松山の人には意味がわかるが深入りしないと言います。「久米の方だよね」。結論から言うと、ラブホテルの名前なのです。各地の高校生が、地元のラブホテルの名前をチーム名にしてエコ甲に出たらおもしろいぞ。東京の事務局にはわからないし。
 この後、ここでその問題を出していいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

あおいがあおる事前番組(その8)

 今月の「ナナマルサンバツ」は秋葉原が舞台です。主要登場人物がそれぞれの理由で秋葉原にいます。Answer×Answerと思われるゲームが出てきます。「競技クイズにもあるのかな!?“多答問題”」というセリフがあります。今後、WQCもあり、難問感、勉強してる感を出すために、クイズ界に多答のブームがくるでしょうか。

 それでは「バース・デイ」です。喫茶店で大量の新聞と雑誌を読んで、気になった記事はノートに書き写します。初めてクイズ番組に出場したのは1977年。小6のとき「ドレミファドン」に出てからです。中1でタイムショック中学生親子大会で優勝。持って帰れないくらい賞品をもらって、クイズに出ればいい思いをできると思ったそうです。中3のときにアップダウンクイズ中学生大会に初めて1人で出場。その後10年以上にわたり、さまざまなクイズ番組で活躍します。本人のコメント「出れば勝っていたから、天才としかいえないんじゃないか」。
 「華やかさと知力を兼ね備えてクイズ番組の顔に」。通算優勝15回。ここまでずっとナレーションをなぞってきましたが、この人は科学万博の期間中にNHKで毎日放送された番組で司会もしたんだっけ。

 カメラが家に来ます。「実家で両親と暮らしている。結婚はしていない」。名画のジグソーパズルが何枚も掛けてあります。美術が弱点だからです。といってもこのくらい有名な絵を飾ってあってもそれ自体では克服になりませんが。
 クイズ番組の記念品が並んでいます。「これはタイムショック中学生親子大会に33年前に出たときのものです。歳バレバレやん」。部屋のカーテンには児玉清や柳生博のサインがあります。クイズ番組の収録に行くとき、いちいちカーテンを持って行っているのか。「クイズと結婚したと言われようが、そこんとこは余計なお世話で」。

 これでいきなりこの人のドキュメントが終わって、別の夫婦になります。この後、そうやって妻を引っかける。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

31回香川大会(その1)

 先々週の「ブラタモリ」を、本放送も再放送も見られなかったのでNHKオンデマンドで見ました。ワールドクイズクラシックの2回戦の問題になっていたことをズバリ取り上げているではないか。こういうのって知ってしまうと気づくようになるんですよね。以前「史上最強のクイズ王決定戦」のカプセルクイズで出た全然知らない言葉を、聞いた後だと新聞でいくらでも使われていることに気づきました。情報に接しているようで実は吸収していないということです。きゃりーぱみゅぱみゅも、高校生クイズの事前番組で開成の人と構成作家が答えられなかったのを見た後だと、テレビ欄などにこれだけ載っているのになんで自分は知らなかったんだろうと思います。

 それでは7月23日の香川大会です。昨年は中部地方だけだった単県大会がここから始まります。会場はいつものサンポート高松です。相変わらず空き地が広がっていてクイズができます。
 ここの応援パーソナリティはレイザーラモンです。RGが「市川海老蔵です」。HGが高校生にも腰を振らせます。「2005年に一世を風靡したギャグ」。
 表彰されるのは香川西です。野球部が大挙して参加したようで、50チームほどいる全参加者の過半数いるかという勢いです。表彰状を渡される代表者に、フォーをやれという声がかかります。しかしノリの悪い生徒で、結局別の人が舞台に上がって「讃岐フォー」をやります。
 ガチでやります宣言で、HGが今着ているタンクトップをあげると言っても、反応がありません。RGは選ばれた高校のあるあるを歌にするそうです。

 昨年に続いて、香川に来たのは藤田アナです。「東北のみんな、頑張りまい」を収録します。
 1問目、仙台の七夕についての問題です。私は知りませんでしたが正解が圧倒的に多い。2問目、犬に関する問題で、敢えて四国の土佐犬が正解ではありません。3問目はアメリカ五大湖の問題で、1チームと2チームと残り全部に分かれます。しかし正解は2チーム。

 セイセイセイとレイザーラモンHGが入ってきます。RGが「今から力ずくで敗者復活するから目閉じとけ」と言って土下座します。この後、本当に落とす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

第6回エコ甲愛媛大会(その3)

 今週の「スター☆ドラフト会議」で、いろいろな分野に詳しい子どもと芸能界クイズ王がウルトラクイズのセットで対戦していましたが、やくみつるがウルトラハットをかぶるところが放送されたのは、増毛が終わったから? ちなみに「嵐にしやがれ」では、やくのかぶっているものは3回変わっていますが、その途中は一切映っていません。

 それではエコノミクス甲子園です。第2ラウンドA組の6問目でスルーになった問題も過去問です。3年前の全国大会でスルーになって野中ともよが「おまえらどういうことだ」と言ったいわくつきの問題でした。
 7問目は簡単で、松山工が早く答えます。8問目、さんざん無意味な押しをしていた宇和島東がようやく正解しました。
 司会者が0ポイントのチームに「頑張っていただきましょうね」と言って「第9問」。最初に8問で終わると言ってるじゃないか。問題数を間違えてカウントしていたことはよくありますが、堂々と第9問と言うのは初めてです。ところで今回は、何問目であるかを間違えないように、スタッフが問題数を書いた札を司会に見せるようにしています。

 次はB組です。松山東が3チームで、うち2チームが女子で、うち1チームが着ぐるみです。残りのチームは八幡浜です。
 1問目、正解は国民年金ですが松山東の男子が基礎年金と答えます。2問目はかなり簡単な問題で八幡浜が正解。3問目、簡単な三択ですが、松山東の男子が間違えたのに正解のチャイムを鳴らしてしまします。
 4問目、ジョブズの会社を答えるもので、今年聞いた初めての時事問題です。松山東の着ぐるみでない女子が正解。さらに5問目も連取します。6問目は松山東の男子が正解しますが、7問目を女子が取ってこれで勝ち抜けです。8問目は八幡浜があせって間違えます。

 この後、ラブホテル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »