« 31回高知大会(その2) | トップページ | あおいがあおる事前番組(その1) »

2011年11月18日 (金)

31回高知大会(その3)

 今日新聞を読んで知りましたが、「くりぃむクイズ ミラクル9」は結構視聴率が高かったんですね。あの番組を見て思ったのは、クイズ番組でしか出てこないような知識を問う問題に芸能人がバンバン正解していたことです。これだけ雑学系番組に出演させられていると、いつの間にかすっかり覚えるんですね。これは一般人がクイズマニアになる過程と同じです。

 それでは高知大会です。ペーパークイズの結果発表は、まず土佐のトップのチームを呼びます。最初の方はブーが続いて、高知西がピンポン、この後、勘だけで答えたという土佐がピンポンです。さらに、例のセーラー服男がいる混成チームが合格します。土佐塾がピンポンで、最後に2チーム残ります。前のチームがブーで、最後尾が決定です。

 土佐の最多枠が、早押しテーブルの色が違うのがプレッシャーと言います。土佐のもう1チームも同じ学年です。チーム紹介でのレギュラーの合いの手がうるさい。セーラー服の男は高知北の生徒会長だそうです。
 土佐塾には藤田アナが25回の高知代表と言います。それを言っていたらきりがないと思いますが。このチームには外国人の名前の人がいます。イギリスとのハーフだそうです。このチームは三択で負けて敗者復活だったそうです。そして安芸のリーダーは昨年決勝で負けたということです。

 決勝の1問目、高知だけに漫画に関する問題で高知西が正解。2問目は「坊ちゃん」の問題です。土佐の最多枠でない方が取ります。3問目は最多枠が正解。
 4問目、「野球の三冠王になるために必要なタイトルは」で最多枠が押して3つとも答えますが、これをブーにします。そういう汚いやり方は許さないということですね。私は高校時代に中部大会を見に行ったとき、なぜか現地のクイズマニア(岐阜の関高校の人らしい)に話しかけられました。そして「アタック25の高校生大会に出たから見て」と言われました。見たら「月日は百代の」で押して「奥の細道松尾芭蕉」という汚い答え方をしていましたが正解になっていました。
 この後、その読みじゃない。

|

« 31回高知大会(その2) | トップページ | あおいがあおる事前番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53277084

この記事へのトラックバック一覧です: 31回高知大会(その3):

« 31回高知大会(その2) | トップページ | あおいがあおる事前番組(その1) »