« 第6回エコ甲愛媛大会(その2) | トップページ | 最初の方が問題 »

2011年11月28日 (月)

31回高知大会(その5)

 久しぶりに「クイズ☆タレント名鑑」をちゃんと見ました。「ミネラル麦茶チャンス」おもしろい。この番組と、裏の「ビフォーアフター」は、方向性がまったく逆ながら、それぞれ制作者のテレビに対する思い入れが感じられます。でもどっちも視聴率がそれほどではないのですが。

 それでは高知大会です。決勝の18問目は土佐の最多枠が正解。次の問題「男性に対する敬称。英語はミスター」で土佐塾が押して「ミス」。「英語は」って言ってるのに。ここも2×です。次は土佐塾が正解しますがその次は「日本の祝日で『の』がつかない」で最多枠が押して「天皇誕生日」。問題は「いくつ」でした。ここも2×です。
 22問目は高知北が正解しますが次は「ゆり、ひとで、やんま」で高知北が「百」と答えて不正解。24問目、「紙と布。ティッシュの語源はどっち」。ついに二択が出てきました。土佐の最多枠でない方が正解します。
 次は高知北が正解。その次は高知西が正解して、ようやく王手です。しかし27問目を最多枠でない方が間違えて、これで4チームが2×です。1チームを除いてすべて失格したら残ったチームが代表になるのでしょうか。

 28問目、貧窮問答歌の問題を土佐塾の外国人が正解。次は最多枠が取ります。30問目、また二択が出て、最多枠が勝負をかけて正解。
 31問目の正解は親政ですが、安芸が関白と答えて失格です。最初の方の予選では失格になっても退場しないことがわかりました。編集で失格に言及できない可能性を考えたのでしょう。

 藤田アナが「いつもの公園で行われる決勝です」。次は土佐塾が正解して、ここも王手。その次は高知北が取って、34問目、土佐塾が正解して逆転勝利です。
 こうやって見ていると、県ごとにクイズの実力に差があるのがわかりますね。全国大会の結果も予想できるというものです。

|

« 第6回エコ甲愛媛大会(その2) | トップページ | 最初の方が問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53354728

この記事へのトラックバック一覧です: 31回高知大会(その5):

« 第6回エコ甲愛媛大会(その2) | トップページ | 最初の方が問題 »