« 31回中部大会(その8) | トップページ | 31回愛媛大会(その1) »

2011年11月 9日 (水)

31回中部大会(その9)

 今週の「週刊女性」のクイズ番組特集は、予想しなかったような充実度です。歴代のクイズ番組の司会をはじめとする関係者からかなり話を聞いています。例えば「アタック25」で正誤判定のために収録が止まった場合、スタジオには「ヤングマン」が流れるのが伝統といった、これまで聞いたことのない事実が次々と出てきます。高校生クイズについても水樹奈々が1ページ語っています。クイズマニアなら金を出して買っておくべきでしょう。

 それでは中部大会です。愛知の決勝の4問目、スポーツでいかにもクイズに出る問題です。春日丘が正解します。しかし5問目は春日丘が不正解。
 6問目は旭丘、7問目は名大附属が正解しますが、いずれも昔の視聴者参加クイズで出るような問題です。生活の知識で難しくない。
 8問目は世界地理で春日丘が間違えます。これで×2です。9問目は簡単な問題で名大附属が正解。愛知の問題レベルをずいぶん抑えていますが、そんなにペーパーのできが悪かったのか? 10問目は理科の問題で、学校の授業以外で聞いたことがない単語です。名大附属が連取します。
 11問目、国旗の問題で名大附属がまた正解。ようやく問題レベルが上がってきました。12問目「主人公は作者が父親をモデルにした青山」で滝が押して夜明け前を正解します。13問目は私の知らない言葉で春日丘が正解。14問目「ポリネシアというオウムから動物の言葉」で名大附属が正解して決定です。同一人物3年連続全国大会進出が実現しました。

 スカパー!での地区大会の放送は、ほとんど現地に行ったのと同じくらい見られますが、ここでネタにしたいことでわからないところがあります。何より暑さとかは伝わってきませんしね。そして単県大会は1大会当たり1時間ぐらいしか放送時間がないのに対して収録時間は3分の1にはならないので、もっと見られない部分が出てくると思われます。

|

« 31回中部大会(その8) | トップページ | 31回愛媛大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53197920

この記事へのトラックバック一覧です: 31回中部大会(その9):

« 31回中部大会(その8) | トップページ | 31回愛媛大会(その1) »