« 31回中部大会(その2) | トップページ | 予選の必要性 »

2011年11月 2日 (水)

31回中部大会(その3)

 今夜の「ためしてガッテン」に福澤朗が出ていました。私にとっては小野文恵と福澤朗が共演していることが感慨深いですが、ご存じの通り、ガッテン台には高校生クイズボタンがついています。立川志の輔が「ガッテンしていただけましたでしょうか」と言うと福澤が高校生クイズボタンをたたいて「これかぁ~」。

 それでは中部大会です。東北に対して何と言ったのかわかりません。現場に行かないとこういうところが抜けます。
 1問目は東北のコメについて。正解を出すときに「アンサーゲート、オープン」と言います。正解が少ない。桝アナはなぜか手持ちのマイクで進行しています。ヘッドセットもつけているのに、壊れたのでしょうか。普通のマイクを使っているのを見たのは11回北陸以来かもしれません。
 2問目は数学の問題で、非常に有名な雑学です。正解が最も多いが不正解も結構います。3問目は語源に関する問題で、これも簡単。圧倒的に正解が多い。

 はんにゃが剣道の格好で「やめーい」と入ってきます。またあめをばらまきます。金田が60秒間で川島から一本を取った回数マイナス10チームが復活できます。「一本」の判定にはちゃんと剣道の審判が来ます。
 川島が逃げたり反撃したりしますが、一本を15回取って復活は5チームです。ここからはサバイバルジャンケン。金田「今から森の中に逃げて銃で撃ち合うと」。1回目、パネルを出すタイミングが早くて、あれだと見てから手を変えられそうです。しかし11チームになります。
 2回目でいきなり1チームになります。残りの席を巡って最初からやり直しです。1回目で5チーム勝って、はんにゃが「もういいんじゃないですか」と言って全部復活になります。
 この後、初めて中身を見る。

|

« 31回中部大会(その2) | トップページ | 予選の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53147112

この記事へのトラックバック一覧です: 31回中部大会(その3):

« 31回中部大会(その2) | トップページ | 予選の必要性 »