« 31回青森大会(その1) | トップページ | 問題で演出 »

2011年10月17日 (月)

31回青森大会(その2)

 「ほこ×たて」の京浜急行マニアVS京浜急行社員のクイズ対決。お互いに作った問題を出題し合うという形式でしたが、これって通常のクイズ番組はできませんね。クイズ問題としての妥当性を保証できません。相手に答えさせないために、相手が知る手段がない事実を問題にすることもできるわけですから。今回は、問題作成にあたって、当事者とスタッフがかなり話し合っているように思いました。事前に関連VTRも用意してあるわけですからね。その分、私は知らないけど正解しているのを見ても特にすごいとは思わないようになっているという弊害がありました。京急の関係者ならそれは知ってても不思議でないということばかりで。あと、問題の一つが、裏の「シルシルミシルさんデー」の東急電鉄で取り上げたこととかぶっていました。「古畑任三郎」のクイズ王の回ではこういうルールでしたが、あれはドラマの中だけのことです。あれなんか、答えが正しいかどうかも番組側が判定できません。

 それでは青森大会です。中野アナは、桝アナからクイズを預かってきたと言います。代理のアナウンサーで、桝アナのことに言及したのは初めてです。
 「私を見たことのある人は、よっぽどのスポーツマニアか早起きをしている人でしょう」。実況以外では、早朝のニュースに出ているらしいです。去年の高校生クイズは15000人が参加したそうです。「去年までのかけ声、知らない? それラルフさんにそのまま報告しときます」。中野アナは押しがつよいしゃべりで、青木アナと対照的です。舞台上から高校生を直接指名していろいろ聞くやり方です。

 1問目、東北大学に関する問題です。そういえば宮城大会ではサンドウィッチマンが口頭で出題したのでしょうか。中野アナの1、2、3コールはスピードが遅い。そして「その前に」と言って止めるのが早い。まだ「正解は」とも言っていません。1問目は半分ぐらい正解です。
 2問目は哲学で、高校の授業で出てきたような気がします。1チームを除いてすべて同じ答え。1チームだけが敗者になります。
 この後、仕事の半分なくなる。

|

« 31回青森大会(その1) | トップページ | 問題で演出 »

コメント

南東北大会の事前放送を見ましたが、
宮城大会の第1問だけサンドウィッチマンが出題してました。

血液型の話でフリが始まり→富沢がAB型→伊達は?→(サンドの)伊達ではなく「伊達正宗」の方の…?

てな感じで出題されました。

投稿: posh | 2011年10月17日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53010352

この記事へのトラックバック一覧です: 31回青森大会(その2):

« 31回青森大会(その1) | トップページ | 問題で演出 »