« 31回岩手大会(その5) | トップページ | 31回中部大会(その1) »

2011年10月30日 (日)

31回岩手大会(その6)

 今日の「題名のない音楽会」はすごかったですね。オーケストラの舞台に早押し機が並んでいること自体がシュールでしたが、クラシック音楽のイントロクイズというので、ウルトラクイズの勝ち抜け音楽を流す(ミシシッピの方)。これって明らかに狙っているだろ。そしてボタンを押した女性ピアニストが「ニューヨークへ行きたいか!」。あんな人でもこの曲の名前は知らなくてもアメリカ横断ウルトラクイズだとはわかるのか。

 それでは岩手大会です。決勝の12問目は盛岡第一の敗者復活が正解。さらに13問目も取ります。14問目は盛岡第一の最多枠です。急に得点が伸びるようになりました。15問目は金ケ崎のTシャツでない方。16問目は最多枠です。
 17問目をTシャツでない方が取って、スルーを挟んで19問目も正解。これで3ポイントで最多枠とトップで並びました。次は盛岡第一の敗者復活、その次は盛岡第四です。問題のレベルは変わっていないのに急に各チームが答えられるようになるというのは、もともとクイズをやっていない人たちで早押しに慣れてきたのか。
 23問目、「Jリーグでみちのくダービー」で最多枠がベガルタとモンテディオを正解します。金ケ崎のTシャツはサッカー部ですが、この後「ですが」で続くと思って押さなかったそうです。今回のこの地区の問題レベルでは、これだけ前振りが長くなって「ですが」は出ないでしょう。
 次は盛岡第一の残りのチームが正解します。どのチームも答えます。しかし25問目を最多枠が正解して決定です。
 終了は17時15分ごろ。この後、19時からのインターネット特別大会に参加できたチームはどのくらいいるのでしょうか。会場の隣の盛岡第一は余裕でしょうが。

|

« 31回岩手大会(その5) | トップページ | 31回中部大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/53123173

この記事へのトラックバック一覧です: 31回岩手大会(その6):

« 31回岩手大会(その5) | トップページ | 31回中部大会(その1) »