« 最強の進学校の実態 | トップページ | 31回山形大会(その2) »

2011年10月 4日 (火)

31回山形大会(その1)

 例の引退会見の直後にこれを書きました。

----(ここから)----

 今週、テレビ東京では昼に5日続けて「開運!なんでも鑑定団傑作選」を放送していますが、週間番組表を見ると、なぜか突然、明日から「いい旅・夢気分」に変わっています。それなら、謹慎中に今田耕司が代理をしていた回を放送すればいいのに。

----(ここまで)----

 おととい、テレビ東京で鑑定団の再放送を見たら、中島誠之助が「鑑定団を始めて11年になりますが」と言っていました。本当に紳助謹慎時の回を再放送しているのか!

 それでは8月9日の山形大会です。会場は山形駅前です。13時の直前まで駅にいますが、収録が始まる気配がありません。というのも、あまりに参加者が少ない。被災地の福島であれだけ来ていたのに、なんで山形はこんなに来ないんだ。
 山形県は2度の優勝校を出しながら、高校生クイズに対して最も非協力的という説があります。何年か前、決勝進出チームの地元からの中継で、他の2チームは学校なのに山形だけ学校と同じ市でさえないスーパーからでした。島根大会の参加が12チームでしたが、それ並みになりそうです。

 会場の目の前にあるコンビニではテントで物を売っていますが、高クイ狙いだったのでしょうか。だとすれば完全に外れています。
 13時5分ごろに山下アナと住みます芸人の前説が始まりました。ここで司会が藤田アナであることも先に言います。エハラヒロユキが出てきて出場最多校の表彰です。山形南が2チームしか出ていないのに最多になります。結局参加は13チームでした。
 この後、問題が難しい。

|

« 最強の進学校の実態 | トップページ | 31回山形大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52901634

この記事へのトラックバック一覧です: 31回山形大会(その1):

« 最強の進学校の実態 | トップページ | 31回山形大会(その2) »