« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

31回中部大会(その1)

 今日の東スポの1面見出しは「紳助 超有名女優にノーパン強要」。記事を読むと明らかに「クイズ!紳助くん」の藤原紀香です。藤原がパンツの線が出ないようにノーパンで司会をしているというのは番組内で自分で言い出したことです。これを紳助が裏で強制しているように書いて、紳助は暴力団という印象を付けようとする。もう芸能界で権力を持たないだろうからいくらたたいても大丈夫と思っているんでしょうね。

 さて、今回からは、自分が行っていない予選について書きますよ。27回のときにもやりましたが、今回スカパー!で放送された番組を見ると、現場に行かなくてもいいくらい必要なことはほぼ見えますね。実際は画面には出ない重要な情報も多少あるんですけど。ということで、中部大会です。

 会場はもうずっと庄内緑地公園です。我妻アナが前説をします。あいさつをするのは中京テレビの報道局長です。震災に言及します。ライオンの東海第2チェーン統括が開会宣言です。「出席をとりま~す。愛知県の高校生、元気ですか。岐阜県の高校生、クイズの準備はできてますか。三重県の高校生、熱く燃えてますか」。
 はんにゃが登場します。舞台からあめをばらまきます。この地区の応援パーソナリティになったのは金田が愛知県出身だからで、23回高校生クイズに出たそうです。勉強したが○×で落ちたと言いますが、それは23回だからです。高校生クイズ史上最も、クイズができることが地区大会で勝ち残るのに役に立たない回に当たったのが不運でした。

 表彰されるのは岐阜高校です。高校生側が、舞台に上がる人を選びます。この人はクイズ研で参加は3回目です。岐阜は24回で優勝していますが、優勝者を見たことはないそうです。
 この後、こんなにオタクが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

31回岩手大会(その6)

 今日の「題名のない音楽会」はすごかったですね。オーケストラの舞台に早押し機が並んでいること自体がシュールでしたが、クラシック音楽のイントロクイズというので、ウルトラクイズの勝ち抜け音楽を流す(ミシシッピの方)。これって明らかに狙っているだろ。そしてボタンを押した女性ピアニストが「ニューヨークへ行きたいか!」。あんな人でもこの曲の名前は知らなくてもアメリカ横断ウルトラクイズだとはわかるのか。

 それでは岩手大会です。決勝の12問目は盛岡第一の敗者復活が正解。さらに13問目も取ります。14問目は盛岡第一の最多枠です。急に得点が伸びるようになりました。15問目は金ケ崎のTシャツでない方。16問目は最多枠です。
 17問目をTシャツでない方が取って、スルーを挟んで19問目も正解。これで3ポイントで最多枠とトップで並びました。次は盛岡第一の敗者復活、その次は盛岡第四です。問題のレベルは変わっていないのに急に各チームが答えられるようになるというのは、もともとクイズをやっていない人たちで早押しに慣れてきたのか。
 23問目、「Jリーグでみちのくダービー」で最多枠がベガルタとモンテディオを正解します。金ケ崎のTシャツはサッカー部ですが、この後「ですが」で続くと思って押さなかったそうです。今回のこの地区の問題レベルでは、これだけ前振りが長くなって「ですが」は出ないでしょう。
 次は盛岡第一の残りのチームが正解します。どのチームも答えます。しかし25問目を最多枠が正解して決定です。
 終了は17時15分ごろ。この後、19時からのインターネット特別大会に参加できたチームはどのくらいいるのでしょうか。会場の隣の盛岡第一は余裕でしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

31回岩手大会(その5)

 月刊少年マガジンの高校生クイズ漫画、アマゾンでのレビューがすべて最低評価です。その中で最も納得のいく部分はここでしょう。

----(ここから)----

 さらには、物語全編において最も強調されているのは、クイズそのものの奥深さや、勝負のカケヒキ、高校生クイズという大会の魅力というよりも、まずヒロインの胸の大きさである。とにかくページをめくれば胸。表紙も胸。主人公がクイズに挑戦する動機も、日本一になりたい!クイズ面白い!ではなく、全国大会に行けば巨乳のヒロインとお泊まりできるから。馬鹿にしているのか。

----(ここまで)----

 それでは岩手大会です。盛岡第一の最多枠は1年生。盛岡第四は三択で負けて敗者復活したチームだそうです。金ケ崎の2チームはリーダーの名字も同じですが、一方は先ほどの抽選会でサイン入りTシャツが当たったチームです。もう一方は同級生です。そして盛岡第一にも敗者復活チームがいます。このチームは水球部の練習をしてから予選に来たそうです。地区大会が午後1時開始で学校が会場の隣だと、そんなことも可能なのです。
 あべこうじが「チームにゴトウさんがいたらその時点で負けですか」と言います。機材を運ぶトラックの「バックします」という音のために収録を始められません。

 1問目の正解は「雪だるま式」ですが、金ケ崎のTシャツでない方が「かまくら式」と答えます。敗者復活がこんなに残るだけあってレベルが低いか。2問目は盛岡第四が正解。3問目はやや難しい問題を、先ほど間違えたチームが正解します。これができてなぜ1問目ができない。
 2問連続スルーです。その後、最多枠が正解。7問目、日本が国際連合に加盟した年で、水球部の玉槻チームが「1945年」と答えます。あべが「玉槻お手つきですわ」。
 8問目はTシャツチームが不正解。9問目は最多枠が不正解。やはり全体のレベルが低い? 10問目は最多枠が正解しますが11問目は第四が不正解。終わるのか?
 この後、深読みしすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

31回岩手大会(その4)

 今、ローソンでカルビーのポテリッチを買うと水樹奈々のクリアファイルがもらえるキャンペーンをやってるようですけど、これってこの前ファミリーマートでやっていたのと同じですよね。各コンビニを順番に回るほど水樹奈々は購買力を喚起するのか。そういえばスカパー!での高校生クイズ中部大会を見て、参加者の中に水樹目当てがあれだけいたことに驚きました。そういう意味ではあの起用は成功だったわけです。

 それでは岩手大会です。ペーパークイズの結果発表。まず盛岡第一の決勝進出チームを発表します。もはや、同一校は2チームまでを言わなくなっています。
 1チーム目の盛岡第一がいきなりピンポン。この後、ブーが続きます。ZIP!に出たいと言った女子チームもブー。そして9チーム目。先ほどの抽選会で最後のサイン入りTシャツが当たった金ケ崎がピンポン。次は久慈の海女ですがブー。久慈は番組側が呼んだのでしょうか。13チーム目の大船渡がブー。意外に被災地が来ています。しかしずっとブーです。キレイキレイを持ったチームもブー。リーダーがチャイナドレスのチームもブー。25チーム目の金ケ崎がようやくピンポンです。アゲ嬢みたいな女子もブーで、29チーム目がピンポン。33チーム目は水樹奈々のポスターが当たったチームで、全国行ったら水樹さんに会えちゃうかもよと言われますがブー。
 34チーム目からずっと盛岡第一です。「3チーム目の枠に滑り込むんでありましょうか」と言います。不合格が続いて、最後尾のチームが決定です。

 決勝は盛岡第一が3チームと金ケ崎が2チームと盛岡第四です。第四は「だいし」と読むのを初めて知りました。新潟の第四銀行と同じか。この後、レベルが低い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

31回岩手大会(その3)

 昨日たまたまテレビをつけたら「レディス4」のゲストが宇治原で、ことわざについてやっていました。スタッフロールを見たら、構成が高校生クイズの問題作家なんですね。知りませんでした。

 それでは岩手大会です。ペーパークイズの1問目は、佐久間一行がこよなく愛する動物はというものです。ついに問題が客観的でさえなくなってきました。この1問が決め手で勝敗が決まることはあるのでしょうか。
 終わると佐久間とあべこうじが出てきて、ここからは参加者以外も近づいて見ていいという案内があります。ペーパー1問目の解答ですが、蔦アナがボケて昨日の青森の問題を言います。なんで知ってるんだ。そして「佐久間さん本人から答えをお願いします」と言ったところで、あべが横から答えを言います。

 この後、住みます芸人を含め3組のライブを立て続けにやります。続いて抽選会をやる場所に移動します。ここは賞品としてサンドウィッチマンのサイン入りスタッフTシャツがあります。ところで、桝アナの動きが何かおかしい。そして、佐久間とあべが、Tシャツはジャンケン大会と言ったところで、桝アナが乱入します。前の司会者の伝統を引き継ぎます。Tシャツに全員のサインを入れると言います。桝アナは「僕は書くほどの者じゃないですから」と言って、実はすでに書いてあります。
 なかなか3枚書き終わらないので、ここで桝アナがインターネット特別大会の説明をします。実施時間中に3人集まる義務はないが、代表に決まったら即座に出発するので旅支度をしておく必要があると言っています。この後、被災地。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

なんかマクラがたまる

 「大!天才てれびくん」に2日に渡って福澤朗が出ていたのを見逃しました。内容を見ると、実況について教えるということで、先日のJ-WAVEと同じことを話していたようですね。そういえばJ-WAVEに出たときのニコニコ生放送は今でも放送に乗っていない部分を含めて見ることができるんですね。それに引き替え、天才てれびくんはNHKオンデマンドでも見られないし。でも、有働由美子が膣トレーニングであえぎ声を上げるところはNHKオンデマンドで配信されています。

 朝の生活情報番組といえば、昨日の「はなまるマーケット」によると、紺野美沙子は「クイズ$ミリオネア」で獲得した1000万円のうち600万円を東ティモールに寄付して、400万円を横浜の石川台公園に滑り台を作るのに使ったということです。小さい子どもには思い切り遊んでもらって、家では静かに寝てもらわないと母親の時間が取れないからだそうです。

 公園に突然遊具ができるといえば、そういう問題ばかり扱っている「噂の!東京マガジン」ですが、毎日放送でもう終わりました。次の番組までのつなぎで1カ月埋めただけか。

 火曜深夜の噂といえば、「怪しい噂の集まる図書館」、昨夜は最初に20分ぐらい使って、過去に検証したことをまた検証していました。まだ始まって1カ月たっていないのに、もうそんなにネタが苦しいのか? それ以外の出題が4問にまで減っていたし。レギュラー化はやっぱり無理だったんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

31回岩手大会(その2)

 今夜、朝日放送では夜7時から、全国ネットの番組を流さずに、11時台にやっている番組対抗のクイズを放送していました。こんな企画は過去にありませんし、そもそもゴールデンタイムにやることは考えられません。「クイズ!紳助くん」がなくなって編成がガタガタになったことで、改めて告知しなければならなくなったのか。

 それでは岩手大会です。桝アナが登場します。単県大会は午後からの開催なので、ZIP!が終わってからでも間に合います。久慈から来た「海女部」のチームとか不来方のチームとかを紹介します。「岩手の高校生は頑張っぺ」を収録します。

 1問目、中尊寺に関する問題です。難しいかと思いましたが正解が最も多い。2問目、モータースポーツに関する割と有名な事実でクイズにも出ますが、全員が同じ答えに行って不正解。これを誰も知らないのか? 3問目は日本の楽器についての問題で、正解はそんなに多くありません。敗者は10チーム強ぐらいでしょうか。

 敗者復活の要求です。あべこうじと佐久間一行が交互に馬跳びをします。1分間に30回できると復活を認めます。桝「このチャレンジは、ボケしろはありません」。しかもこれだけ敗者がいるのに、成功したら全チーム復活になりました。もはや敗者復活戦そのものが消滅して、1回戦の三択は存在しないのと同じことになりました。
 2回戦までの間、体育館が休憩所として使えます。この後、先代を踏襲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

放送に出さない話

 先日、高校生クイズ漫画を買ったとき、「麻里子さまのおりこうさま!」の本が出ているのを発見しました。

 もう書籍化されたのか。勉強のためにはいいかもしれません。
 このことを書くためにAmazonのアフィリエイトを検索していたら、番組のDVDも出ることを発見しました。

 仕事が早すぎないか。過去の番組が十数本収録されています。一般人が投稿した動画なども収録されているということだよな。権利はNHKに帰属することになってるんだろうし。篠田麻里子のDVDだと売れるだろうということで出すのか?
 これで思い出したのですが、「すイエんサー」がDVDになるという情報があります。すイエんサーは1年目だけAKB48が出ていて、2年目以降はたとえ過去のVTRを使うときもAKBは絶対に映さないようにしています。ところが今回出るDVDはAKB時代のもののみなのです。要するに、商売になるから無料放送(受信料取ってるけど)では流さなくてDVDにはするということか。調べたら一気に5巻も出て、さらにDVDボックスでは単独販売されないもう1巻もつきます。

 DVDボックスは定価だと1万5000円近くします。高い。AKBでもうけられるうちに徹底的にやろうというのが見えます。

 話は変わります。「開運!なんでも鑑定団」の、紳助謹慎時代の再放送が終わって、再放送も紳助引退後のものになりました。今田耕司初回がちゃんと再放送されて、オープニングで紳助に言及するところもカットされません。
 先日の「オールスター感謝祭」での3人の司会にはそれぞれの特徴が表れていました。今田耕司は紳助のことを堂々と話して「東京03」とまで言う。これは鑑定団でも同じです。東野幸治は「あの方」などの言い方で紳助に言及する。こちらは「深イイ話」や「行列のできる法律相談所」と同じです。そして田村淳は紳助など最初からいないかのような司会でしたね。
 田村が司会の昨日の「クイズ☆タレント名鑑」では、この一般人は誰に似ているかというので島田紳助そっくりな人が出てきました。そして解答者がボタンを押すのを拒否して、最終的に答えた人名が消されていました(でも実は正解は島田紳助ではなかった)。逆にこのことによって島田紳助という言葉を放送禁止にするかのような悪意を感じます。そういえばこの前の「たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5~6個のこと」では、鶴瓶がわざわざ「『紳助』は放送禁止用語じゃないよな」と確認して紳助の話をしていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

あまりにも散漫な話

 金曜スーパープライムでやっていた「内村&ベッキーの見破れ!世界の(秘)トリック」。なんとなく気になって見てみたら、「まさかのミステリー」でしたね。紳助なき今、ソフトをそのように再利用してきたか。マジックのトリックだけでなく、レギュラー化をにらんでか、「トリック」という名目で何でも扱うようになっていました。犯罪も安い買い物もトリックか。
 そういえばメンタリストのDaiGoという人がいます。私は昨年、「モテキ」の大根仁が「俺のベストナイトスクープ2010」という話をするというので阿佐ケ谷ロフトに行ってきました。そこにゲストで来ていて初めて見たのですが、まさに超能力かというようなパフォーマンスでした。しかしこの人は、自分の見せているものが超能力だとかマジックだとか一切言及していませんね。初期のMr.マリックと同じです。私がマリックを初めて見たのは「巨泉のこんなモノいらない!?」の「超能力」という回で、最初にマリックのパフォーマンスを見せて「こんなのは超能力ではない」という内容でしたが、その直後から同じ局で、マリックと福留による「超能力」番組が連発されて、すっかり超能力者というイメージがついてしまいました。最盛期にはNHKさえ、マリックのパフォーマンスと超能力についての説明を交互に見せるという番組を作ったくらいですからね(あくまで、マリックが超能力だとは一切言っていない)。
 ちなみに昨年の「探偵!ナイトスクープ」で大根仁がベストに挙げた作品は、夫の車にブラジャーのひもが落ちていたというやつです。確かにこれは名作で、想像を絶する結末になります。2位以下も発表されるはずが、持ってきたDVDが再生できないというので、結局わかりませんでした。

 完全にクイズから離れてしまいました。土曜の深夜に始まった「極脳」を見たら、逆に6月に金曜スーパープライムでやっていた番組がレギュラー化されたんですね。今週のコマ大数学科にも出ていましたけど、MENSA会員の金髪の芸能人が、全然答えられないことへの「フリ」として使われていました。
 そういえば、昔TBSでやっていた高田純次司会のクイズでMENSA会員が出てきたら、高田が「まあ、いやらしい」と言って、アシスタントの蓮舫が「メン『サ』です」というのがありました。
 極脳の裏では「THEチョイス」をやっていました。こちらの方がおもしろいかな。ただ、コーナーによります。昨夜は「今夜は生でさだまさし」も見て「平成史」も見たので、4本が重なる時間が10分間ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

31回岩手大会(その1)

 昨夜のJ-WAVEの「HelloWorld」。ゲストは福澤朗でした。実況についてというテーマだったのですが、司会者が、ファイヤーというフレーズの生まれたきっかけはと聞いてしまったので、高校生クイズのスポンサーの話をせざるを得なくなります。J-WAVEのDJも高校生クイズがライオンの番組であることは知っているんですね。

 それでは8月12日の岩手大会です。地区大会史上最も遅い日付です。いうまでもなく、もともと北東北と南東北は分割する予定はなかったのに、震災後に無理に日程を変えたからです。このため、インターネット特別大会が岩手大会と同じ日になっています。岩手で負けたら即座にどこかネット環境のあるところに行かないと参加できないのです。

 会場は岩手大学のグラウンドです。13時前から岩手に住みます芸人が前説です。一方は花巻北でもう一方は山形南出身だそうです。珍しく救護施設の場所をはっきり言います。スカパー!での放送日時を言ってから「スカパーでは前説が映りません」。そして全国大会が明後日と言うと会場が騒がしくなります。ツイッターでつぶやいたチームの中から海外旅行が当たるという話では「だってラ・サールには(クイズでは)勝てないですから」。
 続いてあべこうじと佐久間一行です。表彰されるのは盛岡第一です。この会場の隣にある学校だから多くなるのは当たり前です。あべが、1回戦で三択クイズをすると言ってしまいます。みんなで声を上げるところで「岩手 めんこい」と言います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

31回青森大会(その5)

 昨夜の「秘密のケンミンSHOW」でVTRの中にみのもんたが出てきて、いきなり「クイズ$ミリオネア」のパロディーを始めましたが、BGMがまったく違っていました。あの音楽を使うのは権利的に問題があるのかな。
 ちなみに2002年10月8日のマクラで次のようなことを書いています。

----(ここから当時の引用)----

 先週のNHKの「わたしはあきらめない」のゲストはみのもんたでしたが、その番宣を見ましたか。「それでは問題です。水曜日の夜に、一番おもしろい番組は何?」長嶋一茂が「わたしはあきらめない」と言うと、例のドラムが流れてみのもんたの変な表情がアップになって「正解!」と叫びます。NHKがパロディーにするほど市民権を得ているのか。

----(ここまで)----

 それでは青森大会です。決勝の1問目は青森中央が正解。2問目も青森中央が取ります。問題はあまり難しくありません。3問目は弘前中央が不正解。4問目は弘前の混成が正解します。
 次は青森中央が間違えますがすぐに取り戻します。7問目は弘前の男子が不正解。次は弘前の最多枠が取って、9問目は青森中央が早い段階で正解します。青森中央が独走している形になっています。
 次は弘前中央が正解。そして弘前の混成が正解します。弘前の最多枠が問題が出る前に押してしまいますが、問題が出てもそのチームが正解。
 13問目、青森中央が正解して、ついに王手です。「おバカ高校を返上してやる」。次は最多枠が取りますが、15問目で青森中央が正解してビクトリーです。
 青森中央のリーダーは、学校の成績は下から数えた方が早いと言っています。「5年間のクイズゲームの成果」だそうです。ついにそんな人物が現れるか。クイズのアーケードゲームをやっていると、高クイで全国大会に出られるくらいになるのか。
 すごい風で砂煙の中、収録が終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

31回青森大会(その4)

 月刊少年マガジンプラスが出ましたね。高校生クイズ漫画の特別編です。ページ数は20ページで、これまでよりかなり短い。全国大会について中途半端に描くわけにもいかないので、全国大会の宿の話になっています。混成チームでも男子と女子が別の部屋ということになっているのですが、実際はどうなのか考えたことがありませんでした。私のときは、最初の方はチームごとの個室ではなく大部屋でした。少なくとも、漫画に描かれているのは超高層ホテルっぽくて部屋のキーもカードなので、現実とは違います。

 それでは青森大会です。ペーパークイズの結果発表。弘前の中で決勝進出するチームは最後尾でした。1チーム目の女子がブー。各会場恒例です。2チーム目の女子もブー。3チーム目の女子がピンポン。女子が決勝進出するだけで今年は珍しい。
 ここからブーが続きます。7チーム目はペンギンの着ぐるみでしたがブー。15チーム目の女子はインタビューする前に乗ってしまってブー。16チーム目でようやくピンポンです。
 またブーが続いて、23チーム目でピンポン。さらにブーが続きます。30チームを超えても40チームを超えてもピンポンが出ません。驚いたのは、青森で予選を開催すればこれだけ参加者がいるのかということです。43チーム目でやっとピンポンです。
 またブーが続きます。50チーム目がピンポンで終了。参加していたのは54チームだったことがわかりました。

 今度は観客にSOYJOYを配っています。会場ごとに送られてきて余るそうです。
 決勝は弘前が最多枠を含め3チーム、青森中央、青森、弘前中央です。4校でマトリックスが作れそうな学校名の組み合わせです。弘前中央が女子、弘前の1チームが混成です。
 この後、おバカ高校を返上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

31回青森大会(その3)

 「シルシルミシルさんデー」と「ほこ×たて」で紹介する鉄道ネタがかぶっていたことを書きましたが、シルシルではBGMに、裏の「鉄腕DASH」でおなじみの「children」を使っていました。いろいろな方面に攻めています。

 それでは青森大会です。2問終わって両方不正解は1チームだけ。3問目はクイズではよく聞く事実です。1を選ぶと、周囲の勝者にも1コールをさせます。そして正解。
 「ちょっと待った。敗者復活させてやるぜ」と、あべこうじと佐久間一行が駆け込んできますが、敗者はいません。「仕事の半分がなくなった」。
 休憩時間に応援パーソナリティらが観客の一人一人に握手して回ります。そしてスタッフは観客にタオルを配ります。「放送日時が書いてあるので、もらったからには見てください」。

 この地区は昨年出たのも6~7チームいます。「去年出た人はわかっているでしょう」と言って、ペーパークイズを取り出します。違うチームで相談すると失格と言います。
 1問目はあべの実家の美容室の名前です。終了後、軽食とともに高校生用冷水もあります。なるべく紙コップを使わずにペットボトルなどに入れるようにと言っています。普通はこういうのをペットボトルに汲むと怒られますけどね。

 応援パーソナリティらのライブです。あべは結構笑いを取っています。長野や山形と客の反応が違います。抽選会は遠くの木陰に移動です。この後、結果発表が長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

問題で演出

 駅のポスターで見たところ、今度の土曜日に武蔵野大学の学園祭で福澤朗講演会があるようです。「今、こんなリーダーが必要だ~成長するためのチャレンジ精神と心をのせたコミュニケーション~」このテーマではクイズの話は出ないかな。

 前回の京急の話の続きで思い出しましたが、飛行機のマニアは、JALグローバルクラブとかANAスーパーフライヤーズクラブの資格を得るために用もなく飛行機に乗りまくる「修行」というのをやります。しかし以前、JALやANAの客室乗務員らと話したとき、修行の概念をまったく知りませんでした。職場とするのとマニアとして接するのでは、そもそも物の見え方が違うということです。最近のアニメなどでは、スタッフが想像しないようなことをマニアが勝手に見出してくれるように、わざとわかりにくい作りにしたりしますけどね。
 で、この人たちすごいと視聴者に思わせるためには、どんな問題を用意するかが重要です。「TVチャンピオン」はそれが非常によくできていたと思います。「文房具通選手権」で、上から消しゴムのカスが降ってきて、何という製品か当てるというのがありました。カスにある特徴がある消しゴムというのをスタッフが見つけてきて出題することで、視聴者には「カスで消しゴムがわかるのか!」という驚きを与えられます。その点でいうと、京浜急行でレールが3本ある区間がどこかなどというのは京急関係者には常識だろうから、答えても「すごい」とは感じませんでした。
 最近の「タイムショック」を見て思うのは、問題による難易度の差が激しいということです。出演者がパーフェクトを達成しても、そういうときは私もパーフェクトができます。パーフェクトを達成できるような簡単な問題のセットにたまたま当たったということで、「出演者がパーフェクトをとってすごい」と感じられません。昨日のプレッシャーSTUDYは明らかに難易度設定を間違えていて、難しすぎて盛り上がりません。途中、ここを正解すれば史上初のコールド勝ちで番組の尺が余りまくるという場面で宇治原が間違えていましたが、「眼光紙背に徹す」を知らんか? その前の方が全然聞いたことのない言葉が出てきて、10番で突然簡単になったと思っていたのですが、まさか番組のことを考えてわざと間違えたということは…。

 月刊少年マガジンの高校生クイズ連載の単行本が出ました。

 作者が書いているところでは、高校生クイズの漫画を描くという話が来たのが1年半前。それからネームに1年かかったって、本来は第30回のときにやるはずの企画だったのか! そして作者は30回の関東大会と31回の全国大会決勝に来ていたそうです。「ナナマルサンバツ」の作者もエコ甲の観戦排除のりそな銀行予選に入れるし、私もクイズを題材とする漫画を描けば入れない収録会場に行けるのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

31回青森大会(その2)

 「ほこ×たて」の京浜急行マニアVS京浜急行社員のクイズ対決。お互いに作った問題を出題し合うという形式でしたが、これって通常のクイズ番組はできませんね。クイズ問題としての妥当性を保証できません。相手に答えさせないために、相手が知る手段がない事実を問題にすることもできるわけですから。今回は、問題作成にあたって、当事者とスタッフがかなり話し合っているように思いました。事前に関連VTRも用意してあるわけですからね。その分、私は知らないけど正解しているのを見ても特にすごいとは思わないようになっているという弊害がありました。京急の関係者ならそれは知ってても不思議でないということばかりで。あと、問題の一つが、裏の「シルシルミシルさんデー」の東急電鉄で取り上げたこととかぶっていました。「古畑任三郎」のクイズ王の回ではこういうルールでしたが、あれはドラマの中だけのことです。あれなんか、答えが正しいかどうかも番組側が判定できません。

 それでは青森大会です。中野アナは、桝アナからクイズを預かってきたと言います。代理のアナウンサーで、桝アナのことに言及したのは初めてです。
 「私を見たことのある人は、よっぽどのスポーツマニアか早起きをしている人でしょう」。実況以外では、早朝のニュースに出ているらしいです。去年の高校生クイズは15000人が参加したそうです。「去年までのかけ声、知らない? それラルフさんにそのまま報告しときます」。中野アナは押しがつよいしゃべりで、青木アナと対照的です。舞台上から高校生を直接指名していろいろ聞くやり方です。

 1問目、東北大学に関する問題です。そういえば宮城大会ではサンドウィッチマンが口頭で出題したのでしょうか。中野アナの1、2、3コールはスピードが遅い。そして「その前に」と言って止めるのが早い。まだ「正解は」とも言っていません。1問目は半分ぐらい正解です。
 2問目は哲学で、高校の授業で出てきたような気がします。1チームを除いてすべて同じ答え。1チームだけが敗者になります。
 この後、仕事の半分なくなる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

31回青森大会(その1)

 東京メトロの南北線に乗ったら、東急の車両が来ました。車内のモニターで、シルシルミシルさんデーのCMが流れています。「アナタが今乗っている東急電鉄を大特集」というのですが、ずっと上田晋也が自分の顔をいじっている映像でした。こんなところでも非常に悪意のある編集です。
 ということを書こうと思っていたら、さっき本編でこのCMがそのまま流れたではないか。

 さて、8月11日は2カ所で予選があります。宮城大会は被災地の通常大会で興味がありますが、過去に高校生クイズが一度も行われたことがない青森大会に行きます。今回をもって、高校生クイズのクイズの収録が行われたことがない県は滋賀・長崎・宮崎のみとなりました。
 会場は青森の市街地から東方にある合浦公園です。この会場にはMATCHのブースがあります。青森に住みます芸人がオカリナを吹きます。

 午前中から収録が始まっている宮城大会は鈴木アナが司会をしているという情報が入ってきました。被災地なので桝アナが来るが、ZIP!が終わってからでは間に合わないので、着くまでつないでいるのです。昨年までのメイン司会がそんな仕事をするか。よほど未練があるんだな。

 あべこうじと佐久間一行が出てきます。最も多く参加しているのは弘前です。そして司会は中野アナです。これで今年司会する6人のアナウンサーを全員見ることができました。
 この後、いろいろ個性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

31回秋田大会(その6)

 滝口順平亡き今、次に注目されるのは矢島正明の動向ではないでしょうか。いつまでタイムショックの出題を続けられるのでしょうか。そういえば、ぶらり途中下車の旅のナレーターは藤村俊二になりましたが、この人もそんなに長く続けられるのか心配です。

 それでは秋田大会です。決勝はもう29問目です。大館鳳鳴が正解。次は最近珍しい2択で、秋田北が取って3ポイントに。三択で落ちるほどのチームが、着実に勝利に近づいています。しかし次の「1円玉の直径は何センチ」で秋田北が1センチという典型的な素人っぽい誤答です。
 32問目の正解は放射冷却ですが、一昨年代表が「放射線冷却」と言ったのに正解になります。これは微妙です。私も今回の場面なら正解にしたと思います。33問目は大館鳳鳴が正解。長引いてきたからか、中学1年ぐらいの授業で習うことそのままの問題が増えてきました。
 34問目、一昨年代表が正解して王手に並びます。35問目は秋田の一昨年代表でない方が正解。36問目、慣用句の問題も増えてきましたが、能代が正解してこれで決定しました。
 能代はチームを結成したのが3日前で、補修をさぼって来たそうです。能代と一昨年代表と秋田北にだけインタビューして終わります。17時過ぎに終了すると、藤田アナが飛行機に乗るために急いで去っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

31回秋田大会(その5)

 ビデオデッキで電子番組表を見ていて驚きました。毎日放送に「噂の!東京マガジン」と書いてあるではないか。放送1000回を超えた今ごろになって、ついにネットするのか。私はなんであの番組をネットセールス枠にしないのか不思議でしようがないのですが。失礼ながら今のTBSには生み出せない質の番組です。
 それにしても火曜の深夜って、他の曜日には「明石家電視台」や「ロケみつ」をやっている枠です。想定される視聴者のテイストが違いすぎるだろ。ここをこの番組で埋めるって、逆にそこまでMBSの経営が厳しくなったかと心配になってしまいます。理由はどうあれ、すぐにまた打ち切らないでほしいものです。

 それでは秋田大会です。決勝の12問目はスルー。13問目は秋田の一昨年代表が押して答えられません。14問目は2×で0ポイントに戻った能代が正解。15問目は秋田のもう1チームが「ドラッカー」と答えますが「どこの国で生まれた」でした。
 16問目は大館鳳鳴が正解。17問目は能代が答えます。18問目は大館鳳鳴のもう一方が押して答えられません。19問目は秋田の一昨年代表でない方が正解します。このように各チームが押して、なかなか決着がつきません。
 20問目、「SVCのCが」で大館鳳鳴が「補語」と答えますが、「SVOのOを英語で」という問題でした。21問目、一昨年代表でない方が正解。よく間違えるところと、たまにしか答えないが確実に積み重ねるチームに分かれます。
 次は能代が正解、その次は一昨年代表でない方です。そして沈黙が続いていた一昨年代表が連取。3問続けて、チーム名を呼ばれる前に答えてしまいます。さらに一昨年代表が押しますが今度は不正解。この間に、次を能代が取ってついに王手になりました。2×の0ポイントからここまで持ってくるとは。
 次を一昨年代表でない方が不正解。これで秋田北以外すべて2×です。この後、まだ一筋縄では終わりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

31回秋田大会(その4)

 「はなまるマーケット」で武田真治が、父親の勤務が不規則なので平日に勝手に学校を休まされて海に連れて行かれたという話をしていました。武田の父親って札幌テレビの社員だよな。そういうことをしていたわけか。武田の父がSTVの社員であるというのは北海道大会の敗者復活戦で出題されたことがあります。今考えるとよくそんな情報が出せたな。

 それでは秋田大会です。決勝は秋田が2チーム、大館鳳鳴が2チーム、能代と最多枠の秋田北です。秋田には一昨年の代表で昨年も決勝に出たチームがいます。秋田北は三択で負けて復活したチームだとわかりました。そういうチームが決勝に残るのは珍しい。最多枠のおかげということですね。最多枠なのに1チームしか決勝に出ていないということで、だいたいのレベルがわかります。

 1問目は白神山地の問題で能代が正解。次も能代が取ります。一昨年代表が答えられません。と思ったら3問目を正解。前日の山形と比べると問題のレベルは高い。4問目はスルーです。
 5問目、KARAの問題が出て秋田北が取ります。ここが答えるのはこういう問題か。6問目は大館鳳鳴が不正解。7問目は一昨年代表が正解して、これであせったか、次の問題が出る前に秋田のもう一方が押してしまいます。
 8問目「紀元前はBC」で大館鳳鳴が押して「AC」と答えて不正解。次は簡単な計算問題ですが、能代が押して答えられません。次は地理の授業で習う言葉ですが、能代が不正解。結局0点に戻ります。しかも2×です。一方で秋田北が次の簡単な問題を取って、地味に点数を伸ばします。
 この後、みんなあせりすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

31回秋田大会(その3)

 「怪しい噂の集まる図書館」と「イカさまタコさま」って、まったく同じ企画を真裏でやるとはどういうことだ。お互い、曜日を何とかしようと思わなかったのか。しかも、イカさまタコさまの次回予告では、おすぎとピーコについての問題が出ることになっています。まさか今週の怪しい噂の集まる図書館と同じネタが出るんじゃないだろうな。さすがにTBSがKBCの「アサデス。」の映像を借りることはないと思いますが。

 それでは秋田大会です。抽選会が終わると同時に、スタッフが各チームに紙を配ります。ここに書かれた数字に従って並ぶようになっているのです。読み方のわからない学校名は近所の高校生に聞いています。参加しているのは31チームであることがわかりました。

 最多枠の秋田北でトップだったのは女子チームです。女子がこの枠で選ばれるのは初めてではないでしょうか。
 1チーム目、秋田北の別の女子でブー。秋田北は2008年から共学になったそうです。2チーム目も秋田北の女子でブー。3チーム目はピンポン。
 4チーム目の女子がブーで、以後ずっとブーが続きます。12チーム目でようやくピンポン。13、14チーム目がピンポンで、15チーム目は藤田アナがかけ声を言う前に勝手に乗ってピンポン。
 またずっとブーが続きます。24チーム目がピンポン。そして最後は28チーム目がピンポンです。
 この後、最多枠に新たな事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

31回秋田大会(その2)

 週刊現代、今度は東大卒は出世できないという特集を組んでいますね。まさにマッチポンプです。東大はそもそも、与えられたことをこなす官僚を養成するためにつくられたので、ビジネスができないのは当然で、東大卒は大企業に入っても役員などにはなれないといったことが書いてあります。そして、東大卒がいかにダメかということを、いろいろな人の証言で構成しているのです。それって個人の問題だろ。本当にそう思っているなら、もう東大賞賛特集をやるなよ。

 それでは秋田大会です。1問目、田沢湖の深さに関する問題です。正解が多い。2問目は三島由紀夫についての問題で、これは難しい。最初の三択は事実上、勝敗に関係ないにもかかわらず、かなり高度な問題が出ます。1つの答えが圧倒的に多くて、残りは2チームと0チームです。そして正解は2チーム。この地区はちゃんと敗者が出るか。
 3問目、ビッグベンの問題です。これも難しい雑学です。正解発表しているときに、急に雨が降ってきます。藤田アナが急いで、すぐに敗者復活の条件を出します。エハラマサヒロが1分で会場の前から後ろへ逆立ちで往復できれば認めるそうです。敗者は結構な数いるにもかかわらず、エハラが成功したら無条件で全チーム復活になります。さっきの三島由紀夫の問題は何だったんだ。

 ペーパークイズの1問目はエハラがかつて組んでいたコンビ名です。エハラ自身もペーパークイズを解いてみたらしい。続いて住みます芸人のライブです。しゃべり方が鶴光みたい。さらにエハラのライブがあって抽選会です。何かを飛ばされた松井アナに「スカート気をつけてね」。抽選会の半券はインターネット特別大会でも使うと言います。初めて聞きました。さらにこの地区でも、欲しい賞品は自分たちで交換しろと言っています。
 この後、今年初めてか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

想像できない活躍

 「ニッポン小意見センター」は、「トリビアの泉」のスタッフが担当しているのではないかと思われるつくりでした。あの字幕のフォントとか、情報の入れ方とか。それにしても小島慶子の発言がよく使われていました。宮澤佐江なんかいるかどうかわからないような状態だったのに。小島はラジオパーソナリティを名乗りながら、夏以降テレビに出過ぎ。
 ところで、なんで私が小島慶子のことばかり書くかというと、私は大学時代、学部とは別に、学生にマスコミ関係の教育をする新聞研究所というところに所属していました(現在は大学院の情報学環となっている)。そこで、私と同じ学年でいたのが小野文恵、そして外部講師だった堀宏(「報道特集」のキャスターをやっていた人)が「マスコミ志望の女子大生がいる」と連れてきたのが小島慶子だったのです。
 2人ともアナウンサー試験を受けているのを知っていましたが、どう見ても絶対にアナウンサーには向いていないと思っていました。小野なんか一般人のレベルで見ても相当声が悪い。ところが、どういうわけか2人ともキー局に合格。どちらも一筋縄ではいかなかったようですが。小野は他の職種を勧められたらしいし、小島は自分だけ同期より内定が出るのが遅かったことを言っています(最終的には堀の力があったものと思われる)。
 あんなやつらを局アナにしてしまってどうするんだろう、あっという間に消えていくのかな、ということで、小野と小島の動向を新人時代からずっと観察していたのです。そして現在です。ご存じの通り、日本の40歳前後の女子アナで最も活躍している2人は小野と小島と言っても過言ではありません。小野文恵が紅白歌合戦の司会をするとは。小島慶子が情熱大陸で取り上げられるとは。
 つまり、いかにも女子アナ的な人は30歳ぐらいになると自然に消えてしまうところ、小野や小島のような人は採用試験さえくぐり抜けてしまえば独特の個性を発揮できるということではないかと思います。企業が新卒採用で将来の活躍を見極めるのがいかに難しいかということでもあります。ちなみに、やはり新聞研にいて小島と同期でTBSに入った人は、受験した会社のすべてに合格してTBSを選んだのですが、すぐに辞めます。そして朝日新聞の中途採用試験を受けてまたあっさり合格。ところがすぐに辞めます。それで結局ニートのような生活になっていました。今も何をしているのかはっきりしません。こういう、採用試験のみで高く評価される人物もいるのです。
 この話が長くなり過ぎて本編を書けなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

31回秋田大会(その1)

 「世界一受けたい授業」の高校生クイズ優勝チームもすっかり恒例になって、しかも毎回演出のパターンがまったく同じなんですね。開成のメンバーの中に、ここにいる芸能人たちの名前を誰も知らないという人がいましたが、私が最初に高校生クイズに一緒に出たメンバーは、笑福亭鶴瓶を知らなかったのを思い出しました。勉強ばかりしていると鶴瓶を知らずに生きることが可能なのかというのが驚きでした。
 今回の、芸能人側に答えさせる最終問題は、いつもに比べてずいぶん簡単だと思いましたが(あの蛇の目に何か特別な名前がついているのかと思ってしまった)、開成が答えないのは日本酒の問題だからか? 今後、この企画では暗黙の了解として芸能人に答えさせるときに競馬の問題を出すとかの手がありますね。

 それでは8月10日の秋田大会です。会場は秋田港のセリオンで、土崎駅から歩いて行きます。普通はこういうところを30分も歩いていると完全に道に迷いますが、今回はずっと見えているタワーの方に向かって行けばいいので地図もいりません。
 13時前に前説が始まります。秋田に住みます芸人は落語家なのか。なぞかけをやります。そして松井アナが電子機器を使うなと言うと「ポケベルの人、いいかげん携帯に変えや」。

 続いてエハラマサヒロです。最も多く参加しているのは秋田北です。今日は今にも雨が降りそうな空と強風です。
 藤田アナが登場します。祖父母が秋田県出身だそうです。昨年決勝まで残ったチームが2つ来ています。山形とは大違いです。かけ声の練習をします。「昭和の時代に生まれた高校生クイズにふさわしいオーの練習」。さらにビクトリーの練習も。
 遠くから来たチームを聞きます。鹿角から2時間かけて来たというチームがいます。そして「秋田の高校生は頑張ってるべ」を収録します。
 この後、司会者も急ぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

31回山形大会(その5)

 本日、当ブログのアクセス数が激増しました。高校生クイズの本放送直後並みになっているのです。調べても理由がまったくわかりません。夜になってようやく判明しました。
 声優の戸松遥についての情報のブログというのが、明らかにストーカーをやっていて隠し撮りの映像を載せているというニュースがあって、それについての2ちゃんねるのまとめスレッドに、

----(ここから)----

209:名無しさん@涙目です。(茨城県) [sage]:2011/10/07(金) 03:12:01.16 ID:F1OIZB9u0
高校生クイズストーカーブログに続いて恐怖を感じるストーカーブログだわ

----(ここまで)----

 これで大量のアクセスがかかったらしいのです。明らかに関係ない高校生クイズのストーカーのブログにアクセスする人だけでこんなにいるのですから、ネットの世界では戸松遥情報にいかに影響力があるかということです。さっきNHKで「MAGネット」をやってましたけど、ほとんどネット=アニメという扱いですからね。

 それでは山形大会です。決勝を前に藤田アナが「山形新幹線開業から20年で、どのチームが全国大会へのつばさを手にし…」。
 1問目「東北四大祭りといえば」で、3つ聞いてから酒田東が花笠を正解します。これは本来なら1つも聞かなくても押すことが可能で、これで大体の県のレベルがわかります。2問目の正解は中川翔子で、鶴岡南が正解。こんな普通の芸能問題が出ることでも県のレベルがわかります。
 3問目も鶴岡南が連取。さらに4問目も取ります。いずれも問題は簡単です。5問目も鶴岡南が正解して、もう王手です。
 6問目は山形南の最多枠が正解しますが、7問目「月山、羽黒山」で鶴岡南が押して、藤田アナが「ゆど」まで読んでしまって、出羽三山を正解してビクトリーです。
 私が見た中では初めて、女子のいるチームが全国大会に進出しました。今年は通常の予選で女子チームが1つも全国大会に出ず、女子1人の混成チームが4つあっただけです。山形南の最多枠でない方は、来る前にボウリングをしてきてボタンを押す握力がなくなったと言っています。
 藤田アナが問題を読み直して、17時に終了です。

 ところで、この後、ラーメン店に入ったところ、山形放送のラジオが流れていました。ニュースをやっていて、高校生クイズに41チームが参加したと言っています。高校生クイズがあったことをニュースでやるのもどうかと思いますが(地方局ではよくある)、この虚偽のチーム数は何だ。おそらく応募者数か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

31回山形大会(その4)

 月刊少年マガジンですが、高校生クイズ漫画の最終回は、準決勝のペーパークイズと決勝の早押しクイズを描いています。準決勝がペーパークイズで5チームになるというのは現実と同じなのか。多少「ナナマルサンバツ」っぽくなって、問題文の解析など出てきますが、そういう問題が出るかということにやや疑問があります。
 17日に単行本が発売されることが書いてあって、さらに20日の増刊で特別編が掲載されるそうです。まだ終わらないのか。全国大会を描くのかな。

 それでは山形大会です。ペーパークイズの結果発表。まず「最多出場」の山形南は後ろ側のチームが決勝進出です。
 1チーム目の女子がいきなりピンポン。必ず先頭は女子ですが、ピンポンは非常に珍しい。これだけしか参加していない山形ならではです。2チーム目と3チーム目がブーで4チーム目がピンポン。5チーム目の混成がブーで6チーム目はピンポン。7チーム目がブーで8チーム目の、山形南のもう1チームがピンポンです。
 9チーム目の、唯一の敗者復活チームがブー。10チーム目もブーで、11チーム目もブー。これで残った混成チームが決勝進出です。

 決勝は鶴岡南、山形東、酒田東、山形西と山形南が2チームです。地域的にはバランスがとれています。鶴岡南は男女混成です。昨年の代表チームとは生徒会で一緒だとのことです。ボタンのチェックで各チームが意気込みを言うことになっていますが、山形南のペーパー上位の方が「打倒開成で」。このチームはリーダーが2人にドタキャンされて、昨日集めたメンバーだそうです。
 藤田アナが、酒田東が優勝すれば10大会ぶり3度目と言います。そんなことを調べてあるのか。本当の実況アナウンサーみたい。しかし山形東に東海林というメンバーがいて、名字を読み間違えます。山形の東海林は「とうかいりん」だというのはケンミンSHOWでやってたぞ。
 この後、見過ごせない虚偽報道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

31回山形大会(その3)

 昨日「ホンマでっか!?TV」のスペシャルを見ていたら、評論家の紹介が「情熱大陸」のパロディーになっていましたね。すごいのはナレーションがちゃんと窪田等だったことです。それにしても、本家の情熱大陸に出たばかりの尾木直樹や武田邦彦を今さらこんな紹介をしても意味がないんじゃないか?

 それでは山形大会です。三択での敗者は1チーム。藤田アナが舞台から降りてインタビューします。そしてエハラマサヒロの「ちょっと待った」も直接下に来ます。
 エハラがリンボーダンスに成功すれば復活を認めるそうです。高さは100センチです。勝者を含めて応援させます。復活したチームにエハラが直接バッジを渡します。

 ペーパークイズの1問目はエハラの初恋の人の名前です。後で発表されたところでは、不正解の選択肢も実在の人物だそうです。
 山形に住みます芸人が、山形県知事のものまねで登場します。山形の高校生にはどの程度わかるのでしょうか。その後に出るエハラも、わざとそのネタにかぶせてから、東日本大震災復興宝くじのネタをやりますが、福島と違ってあまりウケません。西田敏行は福島県出身だからか。
 昨日は矢野顕子でしたが今日は綾戸智恵と、あくまで高校生にそぐわないネタで攻めます。さらに「つくってあそぼ」のゴロリのまねをします。山形に住みます芸人は「エンタの神様」でセクシィ松山として出ていた人だと紹介されます。最初からそう言った方がよかったのではないか。

 次は抽選会ですが、プレゼントは19チーム分あるので、全チームに必ず何か当たって、さらに2つもらえるチームもいます。こんなの聞いたことがありません。救急セットについてエハラ「これでケンカし放題」。
 この後、打倒開成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

31回山形大会(その2)

 ノーベル化学賞は準結晶についてだそうですが、第1回高校生クイズで、北海道の離島の高校に福留が行って取材します。ここで生徒にYES-NOクイズを出します。「雪が結晶する直前を準結晶という」。これはでっち上げ問題で、YESと答えた人をバカにするのですが、実際は準結晶が発見されたのは第1回高校生クイズの前年で、すでに準結晶といったものはあったわけです。この問題は大丈夫だったのか?

 それでは山形大会です。藤田アナが登場します。このトレーラーは高松に始まってすでに4500キロを走ってきたそうです。「スッキリ」のポーズをとります。「司会の台の上にプラレールを走らせようとしたら怒られました」。
 昨年も出たというのは1チームしかいません。「山形県の高校生は頑張ってっそ」というのを収録します。

 1問目は奥の細道の最上川に関してです。これは比較的知られた事実で、間違えたのは5チーム。ところが2問目は「『ティファニーで朝食を』の主題歌『ムーンリバー』を作曲したのは誰」という、一転しての難問です。これを高校生に出すか。1チーム、4チーム、0チームに分かれます。無人のエリアに「いないけど、自信あるか!」。発表のフレーズが「正解はこれである」。そして正解は1チーム。

 最も遠くから来たという自信があるチームに手を上げさせます。鶴岡南と、新庄まで1時間かかるというチームが手を上げます。
 3問目、世界地理ですが、これも難しい。池上彰が解説しているのを見たことがありますが覚えていません。1チームと3チームに分かれて、3チームが正解です。
 この後、こちらの方が少ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

31回山形大会(その1)

 例の引退会見の直後にこれを書きました。

----(ここから)----

 今週、テレビ東京では昼に5日続けて「開運!なんでも鑑定団傑作選」を放送していますが、週間番組表を見ると、なぜか突然、明日から「いい旅・夢気分」に変わっています。それなら、謹慎中に今田耕司が代理をしていた回を放送すればいいのに。

----(ここまで)----

 おととい、テレビ東京で鑑定団の再放送を見たら、中島誠之助が「鑑定団を始めて11年になりますが」と言っていました。本当に紳助謹慎時の回を再放送しているのか!

 それでは8月9日の山形大会です。会場は山形駅前です。13時の直前まで駅にいますが、収録が始まる気配がありません。というのも、あまりに参加者が少ない。被災地の福島であれだけ来ていたのに、なんで山形はこんなに来ないんだ。
 山形県は2度の優勝校を出しながら、高校生クイズに対して最も非協力的という説があります。何年か前、決勝進出チームの地元からの中継で、他の2チームは学校なのに山形だけ学校と同じ市でさえないスーパーからでした。島根大会の参加が12チームでしたが、それ並みになりそうです。

 会場の目の前にあるコンビニではテントで物を売っていますが、高クイ狙いだったのでしょうか。だとすれば完全に外れています。
 13時5分ごろに山下アナと住みます芸人の前説が始まりました。ここで司会が藤田アナであることも先に言います。エハラヒロユキが出てきて出場最多校の表彰です。山形南が2チームしか出ていないのに最多になります。結局参加は13チームでした。
 この後、問題が難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

最強の進学校の実態

 昨日の「中居正広のザ・大年表」で、灘高を最強の進学校にした奇跡の授業というのをやっていましたね。

 以前NHKでやったときに当ブログでは取り上げています。あの学び方自体は受験だけでなくクイズでも有効でしょう。それにしても、あるクイズ番組と同じ日本テレビということもあり、また出身の有名人の名前を挙げたりして、灘がいかに東大に入れるかといったことをあおっていましたが、出身者でその学校の価値を測るのは適当ではありません。私と同じ学年で全国模試1位の常連だった灘高の人は、東大医学部の卒業直後にオウム事件を起こして今も刑務所にいるかそろそろ出たかといったところです。

 書く機会がありませんでしたが、先週の「週刊文春」の林真理子の連載は、全編にわたって高校生クイズと、同じときに出た「週刊現代」の本当に頭のいい人特集の話でした。私は、頭のよい人を持ち上げるあんな記事を読んでおもしろい人がいるのかと書きましたが、林にとっては自分には想像もつかないような別次元の頭をもった人を見ることがすごくおもしろいそうです。林自身が直木賞を取るような人ですから、別の分野で天才的な脳を持っている人を余裕を持って眺められるのかもしれませんが。

 そして今週の週刊現代は一転して、有名進学校に無理して入っても脱落する生徒が相次いでいるという記事です。開成では中1で留年させた生徒もいると書いてあります。高クイで取り上げられるような学校に入って、授業についていけないとか心の病になるとかで、恵まれた人生を送っていない人たちを取り上げています。
 名越康文が東大寺学園に落ちて仕方なく大阪星光に入ったということを初めて知りました。星光でも完全に落ちこぼれたそうですが、そこからどうやって今の地位になるまで復活したのかは書かれていません。ただ、人生は12歳で決まらないということを示す例ではあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

31回福島大会(その7)

 今日はNHKと東京の民放が共同で開催する「はじめまして、ラジオです。」というイベントが渋谷で行われていました。若い世代にはラジオ自体を知らないという人もいる中、いかにラジオを聞かせるかというものです。NHK内のステージに小島慶子らを見に行ったのですが、カバンにくみっきー高クイバッジをつけている男子高校生を発見しました。あれを実際に使うような人がいるとは。

 それでは福島大会です。決勝は有利と思われた会津学鳳のクイズ研が2×になりました。13問目は安積、14問目は福島が正解。15問目の語源問題を2×の会津学鳳が正解します。
 16問目、会津学鳳のもう1チームが正解すると、エハラマサヒロが「リーチです」。それにかぶせるように桝アナが「王手です」。
 しかし17問目を2×が正解。さらに18問目も「1086年に堀川天皇に位」で正解して、王手で並びました。会津学鳳の1年同士です。
 19問目「辛亥革命で倒され」で2×の方が押して正解。大逆転で決定しました。インタビューが終わったのを見計らったかのように、空に見事な虹が出ます。桝アナも鈴木アナのようにサイン会をやります。

 郡山駅へ帰るバスは、客が近隣の短大生ばかりでしたが、今日はこの公園で高校生クイズがあるという話をしています。なんでそんな情報が伝わってるんだ。そして「ラ・サール出過ぎ」と言います。なんでそんなことまで知ってるんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

31回福島大会(その6)

 昨夜、大学時代の関係者の飲み会に行ってきました。灘高出身の人物によると、高校生クイズについて、当人は番組を見ていないが、灘のOBの間では、決勝の最後の問題が開成の前身の出身者に関するもので、あんなの開成に勝たせるヤラセだというような不満が渦巻いているそうです。こういう話はよく出ますね。開成が決勝で負けたときも、開成関係者がブログで番組への不満を書いて炎上してましたし。最後の問題は決勝の中では最も簡単な部類で、逆にこの場面で正解が正岡子規などという有名な言葉になることはあり得ないと思いますが。

 それでは福島大会です。決勝を前に桝アナが、エハラマサヒロに山崎まさよしのものまねをさせます。安積に去年の代表チームが応援します。福島は応援団の格好をしていますが帰宅部だそうです。会津学鳳2チームとも1年生です。聞くところではここは、関東のクイズ研と交流するなどクイズの活動をかなり熱心にやっているらしい。

 単県大会なので最初から早押しです。1問目、会津学鳳のクイズ研が正解。2問目は答えが「けいおん!」で、会津学鳳のもう一方が正解します。3問目は最初のチームが正解。前日の近畿大会に比べると明確に問題が簡単になっています。
 4問目、キュリー夫人の夫の名前はピ、まで読んでいるのに安積がピエールと答えて不正解。5問目は会津学鳳の後に答えた方が正解、6問目は福島、7問目は安積が正解です。いずれも問題はかなり簡単です。
 8問目、やや難しくなると会津学鳳のクイズ研が取ります。9問目は白河が不正解。
 10問目、「1から順に整数を掛けて、積が1000を超えるのはいくつ?」。会津学鳳の2チーム目が7を正解します。「サイコロの目を全部掛けると720なので」。普段からクイズをやっていることを表す発言です。
 11問目、「8つの顔と6つのひじ」で会津学鳳の最初のチームが「ヤマタノオロチ」と答えて不正解。さらに12問目、「エジソンが発明した白熱電球」で「豆電球」と答えて不正解。一気に1ポイントに戻って2×になりました。
 この後、作ったような演出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »