« 31回福島大会(その4) | トップページ | 31回福島大会(その6) »

2011年9月30日 (金)

31回福島大会(その5)

 昨日、運転免許の更新に行ってきましたが、私は以前の運転免許更新で、自分の前が関根勤だったことがあります。前の人の持っている書類に「関根勤」と書いてあって、有名人と同姓同名の人がいるんだなと思ってよく見たら本人なのでした。視力検査で上とか右とか答えているのが、長嶋茂雄のものまねをしているように聞こえました。ネタとして弱いので「ダウンタウンDX」に応募はできません。

 それでは福島大会です。抽選会のスカパー!賞は、当たった順に好きなものを選べるようになっていました。エハラマサヒロの私物プレゼントもありますが、ゆってぃとミラクルひかると撮ったプリクラというところで異様に盛り上がります。

 結果発表の準備です。今年、これまでの単県大会には来ていなかった、上の方のディレクターがいることに気づきました。被災地かつ自分の出身地だから来たのでしょうか。
 まず安積黎明のトップを発表します。ブーブーゲートは女子が4チーム続いてすべてブー。5チーム目が応援団のような叫び声を上げて、ピンポン。ここから延々とブーが続きます。18チーム目がようやくピンポン。次はさらにブーが続きます。昨年もここで敗退したというチームもいますが、これからの高校生クイズはほとんどのチームが地区大会のペーパークイズで負けることになります。
 35チーム目「メガネ率100%、帽子率100%」と言われたチームがやっとピンポン。喜んで帽子を落として「帽子踏んでるぞ。帽子率が66%に下がった」。39チーム目がピンポン。40チーム目はブーですが、負けたときにやるネタを最初から仕込んでいます。そして46チーム目がピンポンで、最後尾の安積黎明は失格です。

 決勝に残ったのは会津学鳳が2チーム、安積、白河、福島、安積黎明です。さすがに浜通りはいません。逆に会津が2チームも残るのは珍しい。福島のビブスは蛍光色です。なぜか今年からこの色が登場しました。エハラが「服、鮮やかだね」。この後、1年生が活躍。

|

« 31回福島大会(その4) | トップページ | 31回福島大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52868315

この記事へのトラックバック一覧です: 31回福島大会(その5):

« 31回福島大会(その4) | トップページ | 31回福島大会(その6) »