« 31回富山大会(その5) | トップページ | 31回近畿大会(その2) »

2011年9月 1日 (木)

31回近畿大会(その1)

 当ブログが開設してちょうど6年目の日にアクセスカウンターが70万になりました。なお、アクセスカウンターに反映されるのはパソコンでのアクセス数だけで、この他に携帯電話でのアクセスが約37万あります。ブログ自体を読めない状態が2週間ぐらい続いたのでアクセスがなくなるかと思いましたが、すぐに元に戻りました。今や、更新が2日ないと、逮捕されたかとニュース検索されてしまいます。

 8月7日は新潟と大阪で予選がありますが、近畿大会に行きます。複数県をまとめてやる予選は、今年私は近畿しか見られません。今年も会場は服部緑地の陸上競技場です。入口のところに、一般観覧の案内も出ています。これは珍しい。17回九州以来か。そして、水樹奈々目当てと思われる人が、スタンドの前半分を埋めています。おそらく500人ぐらいいます。関東をはるかに上回る人数です。

 10時半ごろに林アナと山本アナの前説があって、読売テレビの部長があいさつします。他の局より地位が低い。私より大きな声でこんにちはと言ってくださいと言って、突然ものすごい絶叫で「こんにちは!!!」。そして「男ども、女ども、1年生、2年生、3年生、兵庫、和歌山、大阪、奈良、京都、滋賀」と呼びかけます。
 さらに問題を出します。「阪神はタイガース、読売はジャイアンツ。では西武は?」。続いて「百獣の王と呼ばれる動物は?」。そう、読売テレビはライオンの宣伝をしたいのです。ただただ高校生に叫ばせ続けます。ライオンの副部長が開会宣言します。こちらも他の地区より地位が低い。

 野生爆弾が出てきます。「私たち、灘高出身なんですよ」。一瞬の間があって、「ウソついちゃいました」。実際は守山東です。最も多くのチームが参加しているのは大阪星光学院です。事前番組で言っていた通り、優勝チームの似顔絵を描くと宣言します。
 舞台に向かう水樹奈々を発見した観客が一斉に立ち上がります。そして水樹が「東京目指して頑張ってくださーい」と言うと、関係ない観客が「オーッ!」。そして500人のオタ芸です。
 この後、ここにも来ないとは。

|

« 31回富山大会(その5) | トップページ | 31回近畿大会(その2) »

コメント

>水樹が「東京目指して頑張ってくださーい」と言うと、関係ない観客が「オーッ!」。

水樹ファンの間では、
東京=12月の東京ドームライブ、
らしい。だから当然「オーッ!」と言える。

投稿: 匿名希望1 | 2011年9月 4日 (日) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52617511

この記事へのトラックバック一覧です: 31回近畿大会(その1):

« 31回富山大会(その5) | トップページ | 31回近畿大会(その2) »