« 31回近畿大会(その4) | トップページ | 31回近畿大会(その5) »

2011年9月 6日 (火)

31回地区大会の番組(その2)

 今週の週刊ポストに唐橋ユミのグラビアが載っています。じゃなかった。「二番煎じ検定」というクイズが4ページにわたって掲載されています。ドラちくマスター作成で、「○○で二番目なのは」という問題ばかり100問出ています。これは資料として有用ではないでしょうか。もしかして、高校生クイズ全国大会で余った問題を集めた?

 それでは関東大会の番組です。第1問の正解が出るところでCMです。関東の三択は人数の関係上、3問とも難しくなっています。これはクイズ研でも抜けられないチームがいるのではないか。そして敗者復活の要求にAKB48の3人と鈴木アナが出てきますが、鈴木アナの扱いが小さい。これが近畿大会の番組では、鈴木アナの名前の方が藤田アナよりはるかに大きく出ました。
 ペーパークイズの問題も放送されます。やはり今回は学問以外の分野からも出ているようです。ちなみに近畿では、関東で放送されていない問題も放送されていました。
 放送ではここで水樹奈々が歌います。なお、近畿では水樹の出演部分はすべてカットされました。オタクが500人も来たのに。

 群馬の決勝です。各チームを全国大会のようなあおり文句で紹介します。ダイジェストながら筆記クイズを3問とも放送します。そして早押しを2問放送して、一気に王手の場面に。しかしここで王手でないチームが正解する場面も挿入します。
 次の栃木は結果だけ。茨城は2チーム王手になった状態からの問題を放送します。埼玉は結果だけ。千葉はもっと短い。神奈川はウイニングアンサーだけです。

 そして東京だけは、インタビューも放送します。書き問題は1、2問目がダイジェストです。ここから早押しで、正解がゲシュタルト崩壊にカクテルパーティー効果。まさにクイズ番組でだけよく出るフレーズのオンパレードです。高校生クイズが現在の形式になってから、東京都の決勝だけ異常に難しい問題が出るようになっています。それだけ東京にはクイズ研が集中しているということです。「早稲田と開成の勝負の行方は」でCMです。
  この後、ついにそんなことに手を出すか。

|

« 31回近畿大会(その4) | トップページ | 31回近畿大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52658727

この記事へのトラックバック一覧です: 31回地区大会の番組(その2):

« 31回近畿大会(その4) | トップページ | 31回近畿大会(その5) »