« 31回北海道大会(その6) | トップページ | 31回北海道大会(その8) »

2011年8月19日 (金)

31回北海道大会(その7)

 NHKオンデマンドで2週間前の爆問学問を見たら、今週の雑学王の問題と全く同じことを放送しているではないか。私は伊集院光がなぜその答えを書けると思っていて、伊集院はこの生物の話かどうかはわからないが聞いたことがあると言っていましたが、確か伊集院は爆問学問の全部の回をブルーレイに録画しているマニアだったな。
 昨夜、「仕事ハッケン伝」の最終回が再放送されていましたが、村井美樹は雑学王でやっていた知識を「クイズ番組で見た」と駅員に披露していました。あと、スタジオゲストは鉄道マニアの福澤朗でした。

 それでは北海道大会です。抽選会の最後の賞品は、大地がエアギターで世界一になったときのサングラスです。続いてスカパー!関連グッズの抽選会に移行します。最後に当たったのは登録番号1番です。

 ペーパークイズの結果発表の準備になります。ここで「A」「B」「C」という看板が登場します。各チームに渡される紙にはA、B、Cのいずれかが書いてあって、それぞれのエリアに分かれます。
 上重アナが戻ってきます。勝者はA、B、Cのうち1グループにしかいません。それぞれのエリアの代表チームがブーブーゲートに乗ります。今年の通常大会の結果発表はこういう形式なのか。ペーパーに残るチームがものすごく多くなることを想定しているわけですね。
 旭川東でトップのチームを発表してから、各グループの代表を選びます。Aグループで代表になったのは旭川東です。まずCグループの代表がブーブーゲートに乗ると、いきなりファンファーレ。これでAとBの敗退が決定しました。そういえばさっきの旭川東のトップのチームもCにいたような。
 ここからは個別のブーブーゲートです。1チーム目はグループの代表になったチームですがブー。2チーム目、3チーム目とブーで、4チーム目の札幌南がピンポン。またブーが続いて、10チーム目がピンポン。さらにブーが続いて、21チーム目の旭川東がピンポン。この後、23チーム目の札幌南と29チーム目の旭川東が合格しました。

 決勝は札幌南が2チームと北嶺と旭川東が3チームです。北嶺は1年生で、ここまで来られたのも先生や保護者のおかげといった優等生回答をします。そして東大に入った昨年代表が来ていることを紹介します。春の事前番組で、旭川東は名門校でないということを徹底的に強調された人です。
 この後、ポロロッカ的な問題。

|

« 31回北海道大会(その6) | トップページ | 31回北海道大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52512346

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北海道大会(その7):

« 31回北海道大会(その6) | トップページ | 31回北海道大会(その8) »